« 発生から20年目:阪神大震災 | トップページ | 熱血バッティング »

2015年1月18日 (日)

『男はつらいよ』完全制覇達成!

昨年8月から観続けてきた映画『男はつらいよ』シリーズ。このたび、最終作である『寅次郎紅の花』(通算48作目)を観終わり、完全制覇を達成しました。
全48作、全て面白かったです。主人公の寅さんこと車寅次郎(演:渥美清)は常に女性に恋をしているのに、なぜか成就しない。逆に寅さんがキューピット役をした場合は、100%成就します。このアンバランスなところが滑稽で、この映画の魅力でありました。
巷では「『男はつらいよ』のオチは、必ず寅さんがマドンナにふられる」というイメージがあるようですが、必ずしもそうではありません。マドンナが寅さんに恋愛感情を持っているケースも多く、中にはプロポーズまがいの言動をしたマドンナも居ました。が、この場合は寅さんが逃げ腰になって、自ら身を引いてしまうのです。そんな時のマドンナおよび寅さんの妹・諏訪さくら(演:倍賞千恵子)の悲しげな表情がとても印象的でしたね。
また、例外もあります。一作だけですが、最後にマドンナが死んでしまうというのもありました(17作目『寅次郎純情詩集』)。これは他にないオチだったため、かなり印象深いものでした。

冒頭に書いたように、完全制覇を達成したためにもう『男はつらいよ』のDVDを借りることはなくなりますが、このシリーズを観続けたおかげで当シリーズの監督である山田洋次が手掛けた作品の面白さを知ることができました。なので、次からは『男はつらいよ』以外の監督作品のDVDを借りようと思ってます。他にも面白そうな映画が沢山ありますから。

先月に当シリーズと同じく、国民的映画である『釣りバカ日誌』シリーズも完全制覇しております。よく考えたら、私は2大国民映画を達成するという偉業(?)を成し遂げれたんですねー。
今後もシリーズものの制覇をし続けようと思っております!

|

« 発生から20年目:阪神大震災 | トップページ | 熱血バッティング »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発生から20年目:阪神大震災 | トップページ | 熱血バッティング »