« 新たに可動式ホーム柵が設置される大阪市営地下鉄の駅 | トップページ | 初詣・2015 »

2015年1月11日 (日)

映画『ST赤と白の捜査ファイル』/相棒展 Premium3

本日は大阪・梅田で二つのイベントを堪能しました
一つは映画『ST 赤と白の捜査ファイル』の鑑賞です。昨日より公開が始まったこの映画は、昨年7月から1クール、日本テレビ系にて放送されたテレビドラマの劇場版です。
あらすじは以下の通りです。

ある囚人の脱獄を画策したハッカー楠木(ユースケ・サンタマリア)の焼死体が見つかり、彼を殺したとして警視庁科学特捜班リーダーである赤城(藤原竜也)が逮捕。それを受けて特捜班は解散するも、拘置所から脱走した赤城を追うために百合根(岡田将生)をはじめとするメンバーが集められる。赤城は無罪だと信じて捜査にあたる百合根は、事件とフギンというコンピューターウイルスの関連に着目。同ウイルスについて知る女・堂島菜緒美(安達祐実)のもとへと向かうが、彼女は何者かにさらわれてしまう。
(Yahoo!映画より抜粋)

劇場版においても、赤城のスーパー傲慢・上から目線キャラクターは健在でしたね(これは志田未来演じる青山翔も同様)。あまりの傲慢さに腹が立つぐらいでしたrock
しかしながら、彼がいなければ、この難事件は解決しなかったでしょう。そこは認めないといけませんねcoldsweats01
本作を観ていて、ふと思ったことがあります。それは劇場版の割にゲストが少なかったなーということ(むしろドラマ版の方が多かったような?)。ただ、ユースケがとてつもない極悪人を演じたことで逆にゲストが少なくて済んだとも言えるかもしれません。
なんだかんだ言いながらも楽しめましたので、今年の映画鑑賞会は幸先いいスタートとなりました。
ちなみに今回は初となる「TOHOシネマズ梅田」での鑑賞でした。いつもは「なんば」で鑑賞するのですが、後述する「相棒展 Premium3」が大丸梅田店での開催でしたので、今回のみ「梅田」となりました。

映画の後は大丸梅田店に移動。そこで開催中の「相棒展 Premium3」を観てきました。
これで三度目となる「相棒展」は、今回も音声ガイドによるシミュレーションゲームがありました。こちらは一種の謎解きですが、要はどれだけ『相棒』のことを知っているかを試すものと言えます(例えば、「ある登場人物がいつも所持しているモノのデザインは何か?」、「"花の里"(劇中に登場する小料理屋)にて出されなかった料理は何か?」など)。
もちろん音声ガイドだけでなく、数多くの展示品も見どころの一つです。劇中にて使われた小道具がズラリと並ぶ様は、ファンにとって「ヨダレもの」ですねー。

そして、今回も「特命係の部屋の再現」がありました。こちらのみ写真撮影可能です。

002
このように盛りだくさんの内容で大満足でした。おかげで『相棒』を好きという気持ちがさらに強まりましたねー。

次の「相棒展」があるかは不明ですが、もしあったとしたら絶対観に行きます!

二つともまたもひでき氏にお付き合いいただきました。
次回もよろしくお願いいたします。

|

« 新たに可動式ホーム柵が設置される大阪市営地下鉄の駅 | トップページ | 初詣・2015 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

なかなか書き込みが出来ずすみません。
また次回もよろしくお願いします。
楽しいひとときでしたヽ(´▽`)/

投稿: ひで | 2015年1月21日 (水) 23時09分

>ひでさん
次回は3月の『ナイトミュージアム』ですかね。
次もよろしくお願いいたします!

投稿: てつ | 2015年1月22日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たに可動式ホーム柵が設置される大阪市営地下鉄の駅 | トップページ | 初詣・2015 »