« 大阪の警察のイメージ悪くなる… | トップページ | 100円ショップの「シルク」 »

2015年2月21日 (土)

一挙に4作刊行:森村誠一の代表作

今月25日に、角川文庫より森村誠一の代表作が4作一挙に刊行されます。
刊行されるのは『高層の死角』(1969年/江戸川乱歩賞受賞作)、『超高層ホテル殺人事件』(71年)、『人間の証明』(76年/角川小説賞受賞作)、『野性の証明』(77年)。このうち、『野性の証明』のみ未読であるため、これだけ買う予定です。
いずれの作品もこれまでに何度も刊行されており、森村の代表作であることの証明と言えます。4作とも、森村誠一を知らない方に自信を持っておすすめできる作品であります。

森村が作家活動を開始してから、すでに50年を超えています。年齢も80歳を超えていますが、創作意欲は全く衰えておらず、あるインタビューにて「まだまだ書きたい作品が40ぐらいある」と語っております。
今後も彼が描く本格派推理小説を愛読し続けます!

|

« 大阪の警察のイメージ悪くなる… | トップページ | 100円ショップの「シルク」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪の警察のイメージ悪くなる… | トップページ | 100円ショップの「シルク」 »