« リニューアルされた阪堺電車公式サイト | トップページ | 12度目の登場:『相棒』の陣川警部補 »

2015年2月17日 (火)

オメガトライブの全楽曲を入手

先月、ようやく購入した『1986 OMEGA TRIBE CARLOS TOSHIKI & OMEGA TRIBE COMPLETE BOX "Our Graduation"』(2005年発売)。タイトルが示すように、1986オメガトライブならびにカルロス・トシキ&オメガトライブが世に送り出した楽曲を完全収録したボックスセットです。構成はCD11枚、DVD2枚+特製ブックレットとなっています。
前々からこのボックスを「買おう買おう」と思いながらも、手が出せていませんでしたが、遂に買うことを決断しました。そして買った結果、大満足してますhappy01「こんなに名曲が沢山あったのかー」と今更ながら気づきましたね。
なんせこのボックスに収められている曲の大半は、本ボックス以外では正規で聴くことのできないものばかり。特にDISC:6の『be yourself』が気に入っています。大ヒット曲「アクアマリンのままでいて」が入っているせいもありますが、それだけでなく、前ボーカルの杉山清貴が作曲した「Last Train」が素晴らしすぎます。これは杉山が歌っても、素晴らしいでしょう。
他にはDVDに収録されているビデオクリップも最高です。楽曲とバックに映るリゾート風景が見事にマッチしています。個人的に、同じDVDに収められているライブ映像よりもこちらの方が好きですね。

先に書いたように、本ボックスはカルロス・トシキ在籍時のオメガトライブの集大成となっています。私は、カルロスの前任である杉山清貴が在籍していた頃のオメガトライブのボックスセット(タイトルは『EVER LASTING SUMMER』。02年に発売)も購入しており、いわばオメガトライブの全楽曲を所持していることになります。
全て20~30年前の楽曲にも関わらず、今も色あせていないことに驚きを隠せません。これぞ永久不滅と言えるでしょうか。
今後も多くの人に愛され続けてください!

|

« リニューアルされた阪堺電車公式サイト | トップページ | 12度目の登場:『相棒』の陣川警部補 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニューアルされた阪堺電車公式サイト | トップページ | 12度目の登場:『相棒』の陣川警部補 »