« 白元の新しいカイロ「あったか物語」 | トップページ | 2015年度のR-1王者はじゅんいちダビットソン »

2015年2月 9日 (月)

ミスタープロレスが遂に引退

プロレスラー・天龍源一郎が今年11月に現役を引退することを表明しました。

天龍引退 11月の国技館でラストバウト
http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20150208-1431850.html

1976年に全日本プロレスに入団してから、ちょうど今年で40年。この間に数えきれないほどの功績を残したことはプロレスファンならば誰もが知っていることでしょう。
獲得したタイトルは山ほどあります。これだけでも凄いのですが、彼の一番の凄さは日本人レスラーとの対戦経験が他のトップレスラーより圧倒的に多いことです。ジャイアント馬場、アントニオ猪木、長州力、ジャンボ鶴田、藤波辰爾、高田延彦、三沢光晴、闘魂三銃士(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也)、大仁田厚、ザ・グレート・サスケ、小川直也…他にも沢山いますが、これだけでも凄いことがよく分かると思います。

60代に突入した後も現役で活躍し続けたものの、さすがに身体にガタが来ていたことは否めません。これだけでなく、夫人の健康問題もあって、遂に引退を決意したようです。
11月の引退興行は大盛況に終わるでしょうね。多分、観に行くことはできないでしょう。その代わり、雑誌や新聞などをじっくり見ようと思っています。

天龍に「多くのファンを魅了してくれて本当にありがとう!」と労いの声を掛けさせていただきます。そして、お疲れ様でした!とも。

|

« 白元の新しいカイロ「あったか物語」 | トップページ | 2015年度のR-1王者はじゅんいちダビットソン »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白元の新しいカイロ「あったか物語」 | トップページ | 2015年度のR-1王者はじゅんいちダビットソン »