« インクは汎用品で十分っぽい | トップページ | 20回目の命日:故・山田康雄さん »

2015年3月18日 (水)

驚愕の結末となった『相棒』シーズン13最終回

つい先ほど放送が終わった『相棒』(テレビ朝日系)シーズン13の最終回。
このエピソードをもって、主人公・杉下右京(水谷豊)の相棒、甲斐亨(成宮寛貴)が卒業したのですが、これが驚愕の展開でした。全く想像できない結末となりました。
前々任の亀山薫(寺脇康文)は退職して海外に移住、前任の神戸尊(及川光博)は警視庁から警察庁へ異動という形で卒業していきました。では、甲斐はどう卒業したのかというと、何と犯罪を起こして警察を懲戒免職、更には実刑が下されるという明らかにバッドエンドの形でした。「まさかこんな形での卒業となるとは…」と観終わって、しばらくの間は呆然としてしまいましたね。

ラストシーンにて、甲斐が涙を流すシーンは印象深いものでした。思えば、亀山も神戸も、そして右京も涙を流すシーンはなかったので、特命係のメンバーが涙を流したのはこれが初めてのはずです。これも貴重なシーンだったと思います。
非常に後味の悪い終わり方だったシーズン13ですが、このシーズンも色々な意味で見ごたえ十分でした。早くも次のシーズンを待ちわびております。なんせ、次のシーズンは右京の新しい相棒が登場するわけで、それだけでも見ごたえがあるのですから。

それまでは別のドラマで我慢します。とりあえず来月より、『相棒』と同じ枠で放送される『警視庁捜査一課9係』を観ないとなぁ。こちらも大好きなドラマですから、観ないといけないんですhappy01

|

« インクは汎用品で十分っぽい | トップページ | 20回目の命日:故・山田康雄さん »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インクは汎用品で十分っぽい | トップページ | 20回目の命日:故・山田康雄さん »