« ホワイトデーのお返ししておいてよかったー | トップページ | 驚愕の結末となった『相棒』シーズン13最終回 »

2015年3月17日 (火)

インクは汎用品で十分っぽい

先日、久しぶりに自宅のプリンタで印刷したところ、文字がかなり薄くなっていることに気付きました。よく見たら、プリンタの状態確認アプリでも「インクの交換時期です」という表示が出ています。
「こりゃ買い換えなきゃなー」と思い、通販サイトで検索したところ、それぞれ純正品と汎用品のインクを見つけました。
純正品とはプリンタメーカーが直に販売しているもの、汎用品は販売しているメーカーは異なりますが、互換性があるために使うことが可能なものを指しています。汎用品の方が低価格なので、コストを欠けたくない方におすすめです。ただし、汎用品はインクが漏れやすい、汎用品が原因で故障した場合はメーカーの保証外になるなどのデメリットがあります。
私の場合は、滅多に印刷することがありませんので、汎用品で十分です。早速買おうとしたのですが、運悪く品切れ状態。なので、ただいま入荷を待っているところです。

ちなみにプリンタは、3年前に使われなくなったものを実家から譲り受けたものです(↓Canon iP2700)。それから交換してないので、インクが切れてしまうのは当然ですねcoldsweats01

Prodphoto

|

« ホワイトデーのお返ししておいてよかったー | トップページ | 驚愕の結末となった『相棒』シーズン13最終回 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトデーのお返ししておいてよかったー | トップページ | 驚愕の結末となった『相棒』シーズン13最終回 »