« 完結:太陽にほえろ!DVD-BOX | トップページ | 30年ぶりのテレビシリーズ:ルパン三世 »

2015年4月21日 (火)

セキュリティに無関心?な東電

ちょうど一年前にサポートが終了したWindows XP。しかしながら、まだまだ使い続けている事例が数多いようです。
そんな中、何と東京電力がサポート終了後も使い続けていたことが発覚し、大きな話題となっています。

東電に「XP更新を」…検査院が「異例」の指摘
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150421-OYT1T50005.html

いくら経費削減のためとはいえ、サポート切れのOSが搭載されたパソコンを使い続けていたとは…。とても大手の電力会社とは思えない対応ですね。要はセキュリティ対策よりも経費削減を優先していたわけですから。
当初は2018年まで使う予定だったそうですが、3年前倒しになりました。これはこれでよかったのですが、その分経費がかかったことになります。その影響で電気料金の値上げが発生しなければいいけど…。

このニュースには本当びっくり仰天でした。これと同じ事例が他にないことを祈ります!

|

« 完結:太陽にほえろ!DVD-BOX | トップページ | 30年ぶりのテレビシリーズ:ルパン三世 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完結:太陽にほえろ!DVD-BOX | トップページ | 30年ぶりのテレビシリーズ:ルパン三世 »