« 地上波初放送日決定『永遠の0』 | トップページ | ますみとblog »

2015年7月16日 (木)

CD鑑賞記 ゴールデンベスト/爆風スランプ ALL SINGLES

2009年に発売された『ゴールデンベスト/爆風スランプ ALL SINGLES』。文字通り、爆風スランプのシングルコレクションです。
1984年発売の記念すべきデビュー曲「週刊東京"少女A"」から、現時点で最後のシングル曲となっている98年発売の「暖かい日々」までの全シングル33曲を収録しています。爆風スランプの名を世に知らしめた「Runner」や、それと並ぶ大ヒット曲「リゾ・ラバ」、「大きな玉ねぎの下で」、「旅人よ」などは今聴いても色あせていません。ファンキーなロックサウンドにサンプラザ中野のハスキーかつパワフルなボーカルがとても魅力的です。
どの曲も魅力的ですが、一番気に入ったのは87年のシングル「THE TSURAI」です。爆風スランプの初代ベーシスト、江川ほーじんが作曲しました。間奏ではその江川によるベースソロがあり、実にテクニカルで「こりゃマネできない」と思いました。というより、楽器は何も演奏できないので関係ありませんがcoldsweats01また、この曲は全編にわたってホーンサウンドがフィーチャーされているのが特徴です。
もともと爆風スランプはデビュー当初、コミカルな楽曲タイトルや歌詞、花火を口にくわえるなどの過激なパフォーマンスから、コミックバンドとして見られておりました。それを象徴するかのようにシングルもコミカルテイストのタイトルや歌詞の曲が多かったのですが、「Runner」の前後あたりから正統派の楽曲がシングルカットされることが多くなりました。本ベストアルバムでは、コミック路線から正統派路線へ転向する軌跡を辿ることができます。

実は本ベストアルバム発売当時、当ブログで本作を取り上げています。その際に、「購入を前向きに考えています」と書きましたが、購入したのはそれから6年後でした。どこが前向きだったんでしょうかsweat01
大変遅くなったけど、このアルバムを購入して本当によかったです。

爆風スランプは99年に活動休止後、単発イベントなどで活動することはあったものの、本格的な活動再開はしておりません。気が付けば、活動期間より休止期間の方が長くなっています。
もう活動再開はしないのでしょうか。それはそれでかなりもったいないような気がするなぁ。

|

« 地上波初放送日決定『永遠の0』 | トップページ | ますみとblog »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地上波初放送日決定『永遠の0』 | トップページ | ますみとblog »