« ますみとblog | トップページ | トップバリュの栄養ドリンク »

2015年7月18日 (土)

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』鑑賞会

本日はTOHOシネマズなんば別館にて、今月10日より公開中の映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を観てきました。
本作はシリーズ第5弾目にあたります。前作の第四弾には出演しなかったアーノルド・シュワルツネッガー(第1~3弾目の主演俳優)が再び出演するということで、大いに話題になりました。それだけに鑑賞会をとても楽しみにしておりました。
あらすじは以下の通りです。

2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。
(Yahoo!映画より抜粋)

前半30分ほどは、第一・二弾のおさらいのような展開でしたので、「ただの焼き直し?」と一瞬不安に駆られましたが、中盤からは完全オリジナルストーリーでしたので、安心しました。それどころか、中盤以降の展開が本作の宣伝ポスターのキャッチコピーである「期待を遙かに超える大どんでん返し!!」にぴったりあてはまったので、これには度胆をぬかされましたねぇ。
これはぜひ映画本編を観て、どんな大どんでん返しなのかを確認してほしいところです。

回を重ねるごとにアクションシーンがスケールアップされておりますが、本作でもド派手なアクションシーンが連発で、アクション映画愛好家として嬉しいところでした。
他、旧作から引き継がれているセリフや小ネタも複数散りばめられています。本シリーズというより、もはやシュワちゃんの代名詞となっている「I'll be back」を発した時は歓喜しましたよhappy01

本作はシリーズ第5弾目であると同時に、新たなシリーズ三部作の第1弾目ともなっています。前述のおさらいのシーンがあったのは、そのためかとも思います。
どうやらまだまだこのシリーズは続くようですね。実際、ラストシーンに次回作に繋がると思われる箇所がありましたし。
早くも次回作を期待してるところであります。

今回の鑑賞会はひでき氏、Aちゃんねる氏と3人で実施しました。3人で集まるのは実に2年ぶりであり、再会を喜び合いました。
映画の後は、美味しい焼肉を堪能しました。また、3人でやりたいということを確認し終わったところで、惜しくもお開きとなりました。

お二人様、次回もよろしくお願いいたします!

|

« ますみとblog | トップページ | トップバリュの栄養ドリンク »

洋画」カテゴリの記事

コメント

また3人で映画行きましょう。
ありがとうございました!

投稿: ひで | 2015年7月21日 (火) 06時57分

>ひでさん
可能であれば、年内にまた集まりたいですねー。
よろしくお願いいたします。

投稿: てつ | 2015年7月21日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ますみとblog | トップページ | トップバリュの栄養ドリンク »