« 気泡ができない液晶保護フィルム | トップページ | 約1年ぶりの新作放送「おかしな刑事」 »

2015年7月 5日 (日)

サザエさんトリビア

毎週日曜日といえば、アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。
1969年の放送開始から今日に至るまで、ずっと放送され続けた結果、今年で47年目という長寿番組になりました。
さすがに47年も放送されていると、様々なトリビアが生まれてきます。今回はその中から独断で選んだトリビアを紹介します。
なお、アニメ版限定です。原作は全く知らないのでcoldsweats01

・3か月ごとに更新されるオープニングとエンディング
『サザエさん』と言えば、♪お魚くわえたドラ猫~で始まるオープニングと、♪サザエさんは愉快だな~で終わるエンディングが有名です。どちらもBGMは変わりませんが、映像は3か月ごとに更新されています。スケジュールとしては1月、4月、7月、10月の第一週目の放送で更新されるということになります。
オープニングは主人公のサザエが日本各地を旅する内容になっています。このオープニングの制作には旅行の舞台となった町の自治体が協力しています。宣伝効果はかなり高いようです。
一方のエンディングは、原作の話をアニメ化したものとなっています。もうすでにストックがないためか、同じ話が数年後にまたアニメ化されているケースもありました。

・放送開始から現在まで変わらない演者
『サザエさん』の主要登場人物といえば、何と言っても磯野家。サザエ、マスオ、波平、フネ、カツオ、ワカメ、タラオの7名です。
このうち、放送開始から現在に至るまで演者が変わってないのはサザエ(加藤みどり)、フネ(麻生美代子)、タラオ(貴家堂子)の3名です。当然ながら3名とも大ベテラン(加藤:76歳、麻生:89歳、貴家:74歳 2015年現在)です。
波平の演者(故・永井一郎さん)も放送開始からずっと変わっていませんでしたが、昨年1月に83歳で惜しくも亡くなったため、交代(後任は茶風林)となりました。

・サザエが登場しないエピソード
『サザエさん』の主人公はサザエです。主人公なので、全てのエピソードに登場していると誰もが思うでしょうが、実は過去一度だけ登場しないエピソードがありました。
そのエピソードは、70年5月3日放送の「ハッピーバースデイ」です。このエピソードはカツオとワカメが主人公となり、彼らの友人たちとの友情を描く内容です。そうした内容からサザエの存在は不要となったみたいです。

・一度だけ公開された劇場版
『サザエさん』は一度だけですが、劇場版が制作・公開されたことがあります。
75年3月15日に開催された「東宝チャンピオンまつり」にて、71年3月14日に放送された「送辞を読むぞー!」が公開されました。これが唯一の劇場版となっています。
今後、劇場版が制作されることはあるでしょうか?

・商品化は一度もされていない
『サザエさん』と並ぶ国民的アニメ『ドラえもん』、『ルパン三世』、『クレヨンしんちゃん』などがビデオ・DVDで商品化されているのに対し、『サザエさん』は過去一度も商品化されていません。
なぜされないのかというと、権利関係がかなり複雑だからだと言われています。その証拠にアニメ版だけでなく、実写版(映画・ドラマ共に)も商品化されていません。
国民的アニメだけに商品化を熱望する声も多いようですが、この問題が解決しない限り、無理でしょうね…。

以上、5つのトリビアを紹介しました。
いずれも『サザエさん』のウィキペディアにて紹介されています。そちらには他にも数多くのトリビアが載ってますので、興味のある方はどうぞ。

|

« 気泡ができない液晶保護フィルム | トップページ | 約1年ぶりの新作放送「おかしな刑事」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気泡ができない液晶保護フィルム | トップページ | 約1年ぶりの新作放送「おかしな刑事」 »