« 全作廉価版となる『スパルタカス』 | トップページ | カレンダー機能が標準搭載されたThunderbird »

2015年9月 5日 (土)

映画『アンフェア the end』鑑賞会

本日はTOHOシネマズなんばにて、公開されたばかりの映画『アンフェア the end』を観てきました。
2006年に連続テレビドラマとしてスタートし、その後スペシャルドラマや映画へメディア展開された『アンフェア』ですが、本作にて完結となります。
あらすじは以下の通りです。

警察病院占拠事件やネイルガン連続殺人事件を経て、国家を動かす謎の権力組織に関するデータを手中にした雪平夏見(篠原涼子)。組織と闘うすべを模索する中、ある転落死の現場で10年前に起きた推理小説事件の遺留品と同じしおりに奇妙なメッセージが記されて置かれているのに気付く。やがて、転落死体がネイルガン連続殺人事件の首謀者だった村上克明検事(山田孝之)であること、推理小説事件の犯人たちを結び付けたサイトが復活していることが判明。不穏な空気に包まれる雪平の前に、ある協力者が現れる。
(Yahoo!映画より抜粋)

冒頭より、雪平の全裸シャワーシーンから始まるという、衝撃的な幕開けです。最初はこのシーンの意味が不明ですが、ラストでその意味が判明します。
内容としては、近年の刑事ものにありがちな一刑事と警察上層部の対立が主軸となっていますが、とにかく「裏切り」の連続。どこまで雪平を裏切るのか?と思うぐらい、連続するのです。
これがフィクションでよかったです。現実にあったら、人間不信になるのは避けられないでしょうから…。
全編的に閉塞感が漂い、笑えるシーンは全くありません。質の高いサスペンス映画に仕上がっています。

前述したように『アンフェア』は06年にテレビドラマとしてスタートしました。以後、スペシャルドラマ4本、劇場版3本が制作されており、人気シリーズとなっています。
にも関わらず、私は全く観たことがありませんでした。先々週に始まったドラマ版の再放送を観て、ようやく本シリーズに触れたことになります。
再放送は来週まで続きます。また、過去の劇場版の再放送もありますので、それらも全て観るつもりです。

本日もひでき氏にお付き合いいただきました。またストレス解消にご協力いただき、心から感謝しています。
次回もよろしくお願いいたします!

|

« 全作廉価版となる『スパルタカス』 | トップページ | カレンダー機能が標準搭載されたThunderbird »

邦画」カテゴリの記事

コメント

お互い裏切りまくって、次の展開が全然読めないのが
大変面白かったです。
過去の作品も見てみたいですね・・

投稿: ひで | 2015年9月11日 (金) 23時01分

>ひでさん
本文に書いたように、過去の作品は再放送されましたよ。DVDにもなってますから、そちらでも観れますね。
ドラマ版は来週以降も再放送されるので、そちらも観ます!

投稿: てつ | 2015年9月12日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全作廉価版となる『スパルタカス』 | トップページ | カレンダー機能が標準搭載されたThunderbird »