« 増量されたシャンプー詰め替え用 | トップページ | 密閉山脈 »

2015年10月27日 (火)

CD鑑賞記 彼は眠れない/沢田研二

何度も当ブログで書いているように、先月16日にジュリーこと沢田研二の過去のアルバム計13タイトルが再発売されました。今回はそのうちの一作である『彼は眠れない』の紹介記事です。
『彼は眠れない』は1989年11月に発売されたオリジナルアルバムです。ジュリーにとって80年代最後のオリジナルアルバムであり、この年に結成した新たなバンド・JAZZ MASTERを率いての最初のアルバムでもあります。
もともとジュリーのサウンドはロックがベースで煌びやかでありました。しかし、JAZZ MASTERを結成する以前のバンド・ココロ時代のジュリーはAORをベースとしていたため、サウンド的には地味でありました。それがファン離れを引き起こしたのは、まぎれもない事実です。
その反省からか、JAZZ MASTERとなってからは、再び煌びやかなロックサウンドに回帰しました。トップを飾る「ポラロイドGIRL」からパワーあふれるロックを堪能できます。他にも、エレキギターをフィーチャーしたエネルギッシュなナンバーが多く収録されており、ファンの間でも高い評価を得ています。
また、本作は楽曲提供者に豪華な顔触れが揃っていることも特徴です。奥居香、鶴久政治(元チェッカーズ)、大沢誉志幸、徳永英明、忌野清志郎、松任谷由実…いざ列挙してみるとスゴい顔触れですね。まさにジュリーならではの顔触れと言えるでしょう。このうち忌野が提供した「KI・MA・GU・RE」はジュリーと忌野のデュエット曲であり、これも今となっては貴重なナンバーです。

このように非常に完成度の高いアルバムであるにも関わらず、ずっと廃盤となっていました。ジュリーのアルバムは他にもなぜ廃盤となったのかわからない作品が多数ありました。とりあえず再発売されたことが救いです。
未入手の方は今すぐ↓から購入を!

|

« 増量されたシャンプー詰め替え用 | トップページ | 密閉山脈 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 増量されたシャンプー詰め替え用 | トップページ | 密閉山脈 »