« 福山雅治版「ルビーの指環」 | トップページ | 任侠ノンフィクション続々刊行 »

2015年10月18日 (日)

ストーブリーグ活発化

昨日にセ・リーグのCSが終了し、日本シリーズの対戦カードが決定した日本プロ野球。あとは日本シリーズを迎えるのみとなりましたが、ストーブリーグが活発化しております。
特に読売ジャイアンツ(以下、巨人と呼称)と横浜DeNAベイスターズの次期監督が誰になるかが注目されていますが、とりわけ巨人の監督は毎度のごとく候補に挙げられている人物がいるのが気になりますねぇ。

↓実際の報道記事です。

巨人・原監督が勇退 後任最有力に江川(卓)氏、川相(昌弘)ヘッド昇格も
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/18/kiji/K20151018011340180.html

多分、江川はないと思います。先に書いたように、これまでに何度も候補として挙げられていますが、一度も就任したことがないし。おそらく川相、斎藤雅樹、高橋由伸のいずれかになるでしょう。
この辞任により、原は通算12年間の監督生活にピリオドを打つことになりますが、監督としての実績はあのON(王貞治・長嶋茂雄)よりはるかに高いことになります(リーグ優勝7回、日本一3回。更には12年間でBクラスだったのは一回だけ)。この実績に加え、まだ57歳と若いので、再度監督をやることも十分に考えられます。
選手としての実績はONに及びませんでしたが、監督の実績はON以上であることは一目瞭然。またいつかグラウンドに帰ってきてほしいです。

お疲れ様でした!

|

« 福山雅治版「ルビーの指環」 | トップページ | 任侠ノンフィクション続々刊行 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福山雅治版「ルビーの指環」 | トップページ | 任侠ノンフィクション続々刊行 »