« 抑えの切り札が消える阪神 | トップページ | 2年ぶりのTVスペシャル放送『ルパン三世』 »

2015年12月12日 (土)

森村誠一の大作『エンドレスピーク』

今年9月から光文社文庫より順次刊行されている「森村誠一山岳ミステリー傑作セレクション」。すでに4作が刊行済で、4作目は今月の新刊となります。
その新刊である『エンドレスピーク』は上下巻であるため、大作となっています。こりゃ上下巻とも読むとなると時間がかかるだろうなぁ。もともと森村の作品はやや難解な表現があるため(それが魅力でもあるのですが)、読むのに時間がかかるのですが、『エンドレスピーク』は上下巻です。そうなるのは必然的とも言えますcoldsweats01下手すれば、読み終えるまで一か月ぐらいかかるかも?
過去に同じく森村の大作である『ミッドウェイ』という戦記小説を読んだことがあります。こちらは600ページ以上ありまして、読み終えるまで三週間ぐらいかかったと記憶しています。

読みたい本があるのは有難いことですが、その対象がひと月に沢山刊行されるのは少し有難迷惑ですね。って、出版社にとても失礼なことを言ってる自分に嫌悪感が湧いてますsweat01

|

« 抑えの切り札が消える阪神 | トップページ | 2年ぶりのTVスペシャル放送『ルパン三世』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抑えの切り札が消える阪神 | トップページ | 2年ぶりのTVスペシャル放送『ルパン三世』 »