« 4/2発売:『24 リブ・アナザー・デイ』廉価版 | トップページ | 通算65作目の「西村京太郎トラベルミステリー」 »

2016年1月29日 (金)

シンプルなマウスへのこだわり

パソコンの操作に欠かせないものといえばマウスです。
パソコンを触るようになってからずっと使っておりますが、パソコン本体同様にだいぶ形態が変わってきました。最初はボール式のやや大きめのマウスでした。ボタンは左右のみでスクロールボタンはなし。それがいつのまにやら光学式になり、スクロールボタンが標準搭載されるようになりました。有線だったのが無線になり、ボタンが5つも6つもあるものも出てきました。今後もどんどん形態が変わるものと思われます。

そんな中、私がこだわっているマウスはシンプルなもの。ボタンは左右とスクロールのみです。かつては有線にこだわっていましたが、今は無線となりました。しかし、ボタンは3つだけというのは変わっていません。
シンプルなマウスを使うのは、単に多機能のマウスだと価格が高いというセコい考え(sweat01)もありますが、やはりこれが一番使いやすいからです。最低限必要な機能だけ備わっていればいいので…。

現在使っているのはバッファローの「BSMOW10BK」。1年前に買ったものです。
当時はアマゾンで638円で買えました。今はその3倍以上の価格です。なんでそんなに安く買えたんだろう?
まだ使えてますが、もし買い替えるとしたら、同じくバッファローの「BSMOW20SBK」ですね。形状は「BSMOW10BK」とほぼ同じですが、クリックした時の音がしないという特徴があります。意外にクリックした時の音はうるさいものですからcoldsweats01

と、まぁ長々とマウスへのこだわりを書いてしまいました。皆さんはマウスにこだわりはありますか?

|

« 4/2発売:『24 リブ・アナザー・デイ』廉価版 | トップページ | 通算65作目の「西村京太郎トラベルミステリー」 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/2発売:『24 リブ・アナザー・デイ』廉価版 | トップページ | 通算65作目の「西村京太郎トラベルミステリー」 »