« 相棒アプリ | トップページ | 誘拐の季節 »

2016年1月21日 (木)

かつての沿線で人身事故発生

こんなニュースを発見しました。

東武東上線、一時運転見合わせ 人身事故の影響
http://www.asahi.com/articles/ASJ1P6G1KJ1PUTIL05C.html?iref=comtop_list_nat_n03

決して珍しいニュースではありませんが、人身事故が発生したのがかつての沿線でした。
今から14年前、社会人になりたての頃、埼玉県川越市に居住していました。その時の最寄り駅が東武東上線新河岸駅であり、今日その新河岸駅とお隣の上福岡駅の間で人身事故が発生したのです。
「東武東上線 人身事故」という文言を見て、「もしかしたら、昔自分が住んでいたあたりかな?」と思ったのですが、それが的中してしまいました。
今も住んでいたら、この事故の影響を受けたと思います。

かつての沿線とはいっても、実際にそこに住んでいたのはわずか二ヵ月半です。周辺は悪くなかったけど、住んでいたアパートは最悪。なんせ、2階建て18棟全て同期の社員が入居していたのです。プライバシーは皆無状態でした。
おまけに運の悪いことに何かと嫌がらせをしてくるアホな同期がいたんです。学生気分が抜けきってないことが丸わかりでしたね。

そのアパートを一番先に抜けたのが私でした。もう14年も経ってますから、当時の同期で今もそこに住んでいる人間はいないでしょう。もしいたとしたら、めちゃくちゃ驚きますねcoldsweats01

そんなことをこのニュースを見て思い出しました。

|

« 相棒アプリ | トップページ | 誘拐の季節 »

「ニュース」カテゴリの記事

鉄道あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相棒アプリ | トップページ | 誘拐の季節 »