« 年内に観るであろう『CSI:科学捜査班』 | トップページ | アラサー最後の年 »

2016年1月 5日 (火)

どうせならジブリより『あぶ刑事』の方が…

今月15日と22日、日本テレビの映画番組『金曜ロードSHOW!』にて「冬もジブリ」と題した企画が催されます。要はジブリ映画を二週続けて放送することであり、ラインナップは15日が『天空の城ラピュタ』、22日が『魔女の宅急便』となっています。
ジブリ映画は日テレが独占放映権を持っている関係で、定期的に放送されています。今月放送される2作以外の作品も毎年多く放送されているのですが、個人的には「別に今の時期にジブリをやらなくても…。どうせなら『あぶない刑事』の劇場版を放送すればいいのに」と思いました。せっかく新作が今月30日に公開されるのですから。
かつて『あぶ刑事』の劇場版は、前身の『金曜ロードショー』の時代に定期的に放送されていました(自局が制作に関わってるのですから、当然と言えば当然です)。特に1990年代半ばまでは、『金曜~』の看板コンテンツの一つでもありました。
しかし、21世紀に入ってからは放送頻度が急激に下がりました。おそらく21世紀に入ってからは2回ぐらいしか放送されていないはずです。2006年に劇場版第6作である『まだまだあぶない刑事』(劇場公開は05年)が放送されたのが最後であるはずです。
もっともあくまで『金曜~』の枠で放送されないだけであり、各地方局が深夜に放送することがあったと聞いております。とはいえ、やはりゴールデンタイムの枠で放送してほしいものです。

前述したように『あぶ刑事』の最新作である『さらばあぶない刑事』は、30日公開です。
その前日(29日)の『金曜ロードSHOW!』は何を放送するのでしょうか。これで『あぶ刑事』以外の作品だったら、ちょっと日テレを軽蔑してしまうかも…。

|

« 年内に観るであろう『CSI:科学捜査班』 | トップページ | アラサー最後の年 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年内に観るであろう『CSI:科学捜査班』 | トップページ | アラサー最後の年 »