« ザ・ハッピーエスケープ10 | トップページ | 超貴重映像!松山千春のビデオクリップ »

2016年2月28日 (日)

結末が違う『さらばあぶない刑事』ノベライズ

昨日読み終わった『さらばあぶない刑事』のノベライズ。映画本編同様に楽しませていただきました。
話の流れは映画版とほぼ同じですが、映画版にはない描写が多数盛り込まれていたのがよかったです。中には『さらば~』はもちろんですが、過去の作品においても明確に描かれてない箇所もあり、そこはかなり新鮮な気分で読ませていただきました。例としてナカさんこと田中刑事(ベンガル)と、瞳ちゃんこと山路薫(長谷部香苗)が共に子持ちであることなど。「あれ?この人らはいつ家庭持ちになったんだろう?」と思いましたが、そこはいくらでも解釈できますしねsmile
とはいえ、このノベライズで一番印象的なのは結末が映画版と異なっていることです。これはノベライズを読んでいないとわからないことです。まだ未読の『あぶ刑事』ファンは絶対読んでいただきたいと思います。

『あぶ刑事』のノベライズは、本作と同時に『あぶない刑事ベストセレクション』が刊行されてますが、そちらもすでに読み終わっております。できれば、それ以外のノベライズも読みたいところですが、今は全て絶版です。電子書籍でなら手に入るのですが、私は紙媒体で読みたい派なので、可能であれば復刊してほしい…。

小学館さん(ノベライズの刊行元)、検討よろしくお願い致します!

|

« ザ・ハッピーエスケープ10 | トップページ | 超貴重映像!松山千春のビデオクリップ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・ハッピーエスケープ10 | トップページ | 超貴重映像!松山千春のビデオクリップ »