« 米朝開戦 | トップページ | 2016年最初のbjリーグ観戦 »

2016年3月26日 (土)

『となりのシムラ4』感想

本日放送された『となりのシムラ4』(NHK)。志村けんの冠番組で、タイトルが示すように4回目となります。
志村の十八番であるコントを放送する番組ですが、NHKでの放送とあって、普段民放の番組ででやっている下ネタや過激なネタは一切ありません。また共演者も、民放では共演しない俳優ばかりとなっているのも特徴です。
今回は計9つのコントが放送されました。どれもがシュールな内容ですが、基本は志村が被害者の役を演じておりました。例として「既読」のコントでは、部下の男性と食事中に、同じく部下の女性にLINEで誘いをかけたところ、既読にはなるものの、返信は一切なし。代わりに部下の男性が送ると、即座に返信が来ます。これにスネた志村は、お店を出ようとします。しかし、その直後に女性がお店に入ってきたので、あわてて隠れます。そして、部下同士の会話で女性が「部長(志村)に申し訳ないこと(LINEの返信をしなかったこと)をしたー」と言っているのを聞いて後悔するオチとなります。
もう一つの例は「空気清浄器」。あるオフィスの清浄機は電源は入っているものの、動いている様子がない。ところが部長の志村が清浄機の前を通る時だけ動くのです。要は志村の身体が臭いので、その時だけ清浄機が動くというわけですね。ちょっと可哀相な内容ですcoldsweats01

このように『となりのシムラは』派手さは一切ないけど、非常に面白い内容です。それは4回も制作されていることからして、一目瞭然です。
おそらく制作にはかなり時間をかけているはずです。毎週制作はさすがに無理でしょうね。放送が不定期なのは仕方ないですsweat01

次回はいつ放送されるかなぁ。最低でも年内にもう一回は放送されると思いますので、気長に待ちます。

|

« 米朝開戦 | トップページ | 2016年最初のbjリーグ観戦 »

お笑い」カテゴリの記事

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米朝開戦 | トップページ | 2016年最初のbjリーグ観戦 »