« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

公共の場では使えない?「アイのUSBメモリー」

パソコンサプライメーカーのアイ・オー・データより、今月27日に発売された「アイのUSBメモリー」。
歌手・松崎しげるとのコラボレーションで発売されたものです(商品名は松崎の代表曲「愛のメモリー」をもじったものです)。USBメモリをパソコンに接続すると松崎の声が流れます。パソコンだけでなく、モバイルバッテリーやUSBハブに接続しても流れるとか。

詳細:
http://www.iodata.co.jp/product/usbmemory/standard/u2-sgr96g/

ユニークなUSBメモリではあるけれど、これは公共の場では使えないんじゃないですかねー?いきなり松崎の声が聞こえてきたら、周囲はびっくりしそうで…。
実際、公式サイトでも「愛を伝えたい人への一味違ったプレゼントとしていかがでしょうか」と書かれてます。間違いなく仕事では使えない代物ですな

面白い代物でしたので、紹介してみました。
この記事を読んで買われた方がおられましたら、ぜひ感想を聞かせてください

| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

クリエイターに脱帽すること

私は自他ともに認める大のお笑い好きです。
これまでに数えきれないぐらいお笑いを観ているのですが、観るたびに「笑えるネタを作れるクリエイターって、本当に凄いなー」と思います。
最近では、今月5日にABCテレビにて放送された『芸能人格付けチェック ~一流芸能人に常識はあるのか!?前代未聞の4時間スペシャル~』の問題が笑えました。
その問題は最終チェックにおける「常識のある謝罪会見」。千原ジュニア、羽田圭介、高岡早紀、東国原英夫、岡江久美子の5名が架空の不祥事を起こして謝罪会見を行います。その不祥事は各々違っているのですが、特に岡江の不祥事↓が笑えました。

"大和田獏、株バク買いで大暴落!バク大な借金かかえ雲隠れ。妻・岡江久美子、代理で謝罪会見へ"

↑が発表された瞬間、岡江の口から出た「なにこれー!?」の発言に大爆笑でした
よくこんな不祥事を思いついたものだと感心しました。しかも"バク買い"、"バク大"と大和田の名前をひっかけているし。これを考えたクリエイターに拍手を送ります。
なお、実際の岡江の謝罪会見もかなり笑えるものでした。

他では、かつて『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)で演じられたレンタルビデオ店のコントも秀逸でした。
柄本明演じる中年男がアダルトビデオを借りに来るのですが、店員が耳が遠い上に目も悪いおばあさん(こちらの演者は志村)で、借りるビデオのタイトルをうまくメモできないのです。そこで志村は柄本にビデオのタイトルを大声で言わせるのです。ビデオはアダルトものなので、当然のことながらタイトルはいやらしい(例:「ノーパン変〇ハイスクール」など)です。それを大声で何度も言わせるわけですが、柄本はとても恥ずかしい思いをします。最後は柄本が「借りない!」とキレて、帰ってしまうというオチでした。
このコントは初回の放送後、何度も再放送され、更にはリメイク版も複数制作されるほどの名作となっています。
これも「どうやったらこんなコントが思いつくのか?」と感嘆しております。

この記事では二つの事例しか取り上げていませんが、笑えるネタは限りなくあります。それらを考えた人々へ、敬意を表します。おかげさまで大爆笑させてもらいましたから。

自分にもこんな才能があったらよかったのになぁ。今更ながら自分の創造力のなさに自己嫌悪します

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

今年のGWは『特攻野郎Aチーム』三昧

明日からゴールデンウィーク(GW)の始まりです。
GWは、正月・お盆と並ぶ大型連休です。私はいつも大型連休の毎に、DVD-BOXを買ってひたすら観続ける習慣があります。
そして、このGWに観るために買ったBOXは『特攻野郎Aチーム』のシーズン2でした。

『特攻野郎~』は1980年代に人気を博したアメリカのテレビドラマです。
毎回派手なアクションシーンが連発するというだけでも楽しめますが、コメディの要素も取り入れられており、実に痛快で楽しいドラマとなっています。
ちょうど1年前にシーズン1のBOXを観たことにより、『特攻野郎~』の虜になりましたが、それ以降のシーズンを観る機会を逸していました。しかし、このたびようやくシーズン2を観れるようになりましたので、その後のシーズンも随時観ていこうと思っています。
シーズン1が全14話だったのに対し、シーズン2は全23話と大幅に話数が増えています。シーズン1が好評だったために、更に話数が増えたのだと思われます。
シーズン2においても痛快なアクションとコメディは健在です。現時点で第4話まで観終わってますが、全話に銃撃戦があり、そこだけでも観た価値あり!と思っています。また、シーズン1より美女の登場シーンが多いのも嬉しいですね
残りは19話ですから、何とかGW中に全話を観ることができそうです。

次の大型連休はお盆ですが、もしかしたらその時も『特攻野郎~』を観ているかもしれないです。まだ観てないシーズンが3つありますから…。

| | コメント (2)

2016年4月27日 (水)

【CM】札幌酒精「ハイソフト」

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

札幌酒精が製造・販売している焼酎「ハイソフト」です。
♪とにかくはっかく…のフレーズを繰り返すCMソング、「きゃぴきゃぴの~」のナレーション、焼酎の瓶を顔の鼻と口に見立てたシルエット、何もかもが印象に残るものとなっています。これのインパクトはかなり強かったです。その証拠に25年以上前に放送されていたにも関わらず、記憶の片隅に残っていましたから。
こちらの焼酎、今はCMは制作されてませんが、製造・販売はされており、札幌酒精の看板商品となっています。

札幌酒精では他にも看板商品がいくつかあり、それらにおいてもCMが制作されています。
やはりそちらもインパクトの強い内容でした。ある意味、CM制作にも定評があるとも言えます。
北海道を代表する酒造メーカーの座を今後も死守し続けてください。

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

水谷豊初監督作に期待大

昨日は大きなニュースが二つありましたので、そちらを優先して取り上げましたが、実はもう一つ気になるニュースがありました。
それは俳優・水谷豊が映画監督に初挑戦するというニュースです。

水谷豊、映画監督デビュー!構想40年の物語を映画化

http://www.cinematoday.jp/page/N0082259

水谷が監督をするのはタップダンサーの姿を描く『TAP THE LAST SHOW』。監督だけでなく、主演も水谷が務めます。今月5日より撮影が始まり、30日で終了する予定だとか。そして、気になる劇場公開は来年だとのことです。
近年は完全にドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の杉下右京役が定着してしまい、それ以外の役柄のイメージがほぼない状態ですが、この作品で新境地を開くことができるかもしれません。
水谷ファンとして、ぜひ劇場で観たいものです。

また、この作品が一定の成功を収めれば、代表作である『相棒』においても監督を務めることがあるかもしれないと思っています。かつて、同じテレ朝の看板ドラマであった『特捜最前線』では主演の二谷英明が監督を務めたことがありました。同じことが『相棒』でも起きればいいんですけど

63歳になっても、新しい分野に挑戦するバイタリティに敬服します。これは見習わなければ…。

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

脱線事故から11年/野々村被告懲役3年求刑

今日は2つのニュースが大きく報じられました。
一つは今から11年前に起きたJR福知山線脱線事故の追悼式です。

面影追い、祈り深く 尼崎JR脱線事故11年

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201604/0009022785.shtml

上記記事には、事故現場となったマンションの写真が掲載されていますが、今も傷痕が生々しいですね…。
そのかたわらで涙を拭う遺族の人々。これを見て、胸が痛まない人はいないでしょう。

毎年、この時期に書いてますが、私は事故発生当時、福知山線沿線に住んでいました。発生から半年後に引っ越しましたが、今もあの当時の事は覚えています。毎日、近くを走る電車がほぼ二か月間、走らない状態でした。あの静けさは、別の意味で恐ろしかったなぁ。

そして、二つ目はあのお騒がせ男の公判です。予想通り、有罪判決かつ懲役刑でした。

野々村被告に懲役3年求刑 神戸地裁

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201604/0009022630.shtml

本人はこの結果を受け入れたのでしょうか。幸いにあの会見の時みたいに泣き叫んだりはしなかったようですが。
今日の公判を受けて、またもあの会見の模様がテレビで流れました。何回観ても、「いい年した男が人前で泣き叫んでみっともない!」としか思えません。歴代の記者会見でもっともみにくい内容であったことは言うまでもないでしょう。

上記2つとも神戸新聞の記事です。どちらも兵庫県に関わっていることから、他の新聞より詳細な報道でしたので、こちらを紹介しました。
神戸新聞社さんに感謝です。

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

トイレマジックリンで失敗した話

二日前、自宅にあるバスマジックリン(花王の浴室用洗剤)の容量が少なくなっていることに気付きました。
ちょうどいい具合にバスマジックリンの詰め替え用が近所のコーナンで安売りしていたので、昨日買いに行きました。ついでにトイレマジックリン(同じく花王のトイレ用洗剤)の詰め替えも買いました。
自宅に帰る途中、ふと「そういえば、うちにあるトイレマジックリンはこの詰め替え用でよかったのかな?」と思いました。買った詰め替え用はミントの香りだったのですが、どうも違うような気がしたのです。
帰って、トイレマジックリンのボトルを見ると、そこには「オレンジ」と表記されてました。やはり間違えていたのですしかも種類が違うから、詰め替えられないし。
というわけで、今日になってまたコーナンに行ってきました。ミントの香りのトイレマジックリン本体を買うために…。

で、オレンジのボトルは廃棄しました。もう量が少なくなってる上にオレンジのトイレマジックリン自体が生産中止となっていましたので。

何事も確認するよう心掛けているつもりなのですが、このようなミスをすることがたまにあります。
ま、見方を変えれば当分トイレ用洗剤は買う必要ないですね。それだけが救いかな?

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

とうきび茶

二日前、新千歳空港の売店で購入した伊藤園の「とうきび茶」。北海道限定で販売されています。
とうきびとは、北海道および一部の地域で使われているとうもろこしの別称です。つまり、とうもろこしを原材料としたお茶なんですね。
新千歳空港を訪れるたびにとうきび茶を目にしておりましたが、実際に購入したのはこれが初めてでした。飛行機に乗るのがちょうど夕飯時で飛行機内で弁当を食べる際に飲み物が必要だったので、これを選びました。
早速飛行機内で飲んだとうきび茶は、当然のことながらとうもろこしの味がします。しかし、そのとうもろこし独特の香ばしさが絶妙なんです。とうもろこしが好きな方は絶対にハマる味です。
弁当はもちろんですが、どの食べ物にも合うと思います。ただ、冒頭に書いたように北海道限定なのが惜しい…。
幸いにネット通販で扱われてるので、いつでも購入は可能ですが、できればもっと手軽にスーパーやコンビニで買えるようになってほしいですね。

発売元の伊藤園さんに、全国発売してくれ!と声を大にして言いたいです

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

危篤を脱出した父

今月17日以来、当ブログの更新が途絶えておりました。
その理由ですが、実は16日より故郷の北海道に帰省していました。帰省していたのは、昨年12月に難病を患っていることが発覚した父親を見舞うためでした。
当初、帰省は16日から18日までの3日間の予定でした。ところが最終日の18日の午後3時半頃、突如容態が急変。危篤状態となったのです。
その時、私は飛行機に乗るため、新千歳空港に向かっている最中でした。新千歳駅空港に到着した瞬間、まるでタイミングを見計らったように携帯電話が着信。出てみると、相手は父の主治医の先生でした。「とても危険な状態だから戻ってきた方がよい」。その言葉を聞いて、即座に電車に飛び乗り、父の入院する病院へ向かったのです。
知らせを受けてから約2時間後の午後6時、病院に到着。そこで対面した父は、意識がない状態。それだけでもショックなのに、医師から聞いた「今の状態は危篤である」の言葉…もはや絶望感しかありませんでした。
その日は母が病院に宿泊し、看病することになりました。私はひとまず帰宅し、布団の中に入りましたがとても熟睡できず、翌朝を迎えました。
そして昼過ぎに再び病院へ。その日は私が病院に泊まりました。その夕方あたりから、徐々に父の容態は良くなっていたのです。こちらから言葉を掛ければ、反応するし、向こうから話しかけることもできるようになりました。
その翌朝、容態は更に良くなりました。「まだ食事はできないのか?」、「喉が渇いたからコーヒーを買ってきてくれ」などと言ったり、こちらの冗談に軽く突っ込めるほど(例:「仕事辞めて芸人になろうかなー」→「バカヤロ。何考えてるんだ!」)にまでなったのです。
つまり一応の危機は脱出したのでした。そのため、緊急入院から3日経った21日に私は大阪に戻ってきました。
今も完全に安心できるわけではありませんが、少なくとも入院した時よりもはるかに良い状態です。むしろ入院する直前の時より元気であるとも言えます。
ちなみに私が大阪に戻った21日には父の姉である伯母が見舞いに訪れています。その時の様子は残念ながら直に見れませんでしたが、母によると「ずっとニコニコしていた」とのこと。ホッとしたのは言うまでもありません。

あくまで予測にすぎませんが危篤状態を脱出できたのは、父の妹で若くして亡くなった叔母があの世から押し返してくれたのでは?と思っています。叔母は父をとても慕っており、その関係から甥である私を大層可愛がってくれました。
そうした経緯から、あの世に行きかけた父を叔母が「まだこっち(あの世)に来たらダメ!」と押し返したとしても不思議ではないです。
もしこの予測が当たっていたら、「叔母さん、ありがとう!」とお礼を言わなければなりませんね。ぜひそうであってほしいです。

故郷から離れたところに居る関係で、すぐに行くことは厳しいですが、今後も時間を見つけて帰省とお見舞いを続けていきます。せっかく奇跡が起きたんだから

| | コメント (2)

2016年4月17日 (日)

杉山清貴、ワーナー時代のアルバム再発売決定!

今年で音楽活動33年目を迎えた歌手・杉山清貴。
デビューから一貫して夏、海、リゾートを舞台としたAORサウンドを発表し続けており、現在もそのスタンスは変わっていません。
そんな杉山はこれまでに3つのレコード会社に所属してきました。バップ(1983~90)→ワーナー・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン、90~2000)→再びバップ(2000~2013)→キングレコード(2013~現在)というふうに。このうち、ワーナー時代に発売したアルバムは、この記事を書いている時点では全て廃盤で入手不可能となっています。
しかし、今年5月25日にその廃盤となっていたワーナー時代のアルバムが一斉に再発売されることになりました。更には音質が向上したデジタル・リマスターかつ全作1500円(+税)という低価格。ファンにとってはとても有難いことでしょう。
再発売されるのは計14作。このうち3作はベストアルバムです。ベストアルバムも再発売の対象となっていることが面白いですね。このようなケースはあまりないので。
今のところ、購入を考えているのは89年発売の『here & there』(本作はバップから発売されましたが、後に権利がワーナーに移行しています)です。長らく正規で入手できなかった「ROCK ISLANDS」が収録されているからです。この曲は同年に放送されたダイドー・SPO-ENEのCMソングでした。杉山は他にもダイドーのCMソングを手掛けていますが、この曲だけは現時点で正規で入手不可能です。しかしながら、『here & there』の再発売により、それは解消されます。しかも今回の再発売にあたり、同じく入手困難な音源であった「BOYS OF ETERNITY~永遠の少年達~」がボーナストラックとして追加収録されます。これだけでも買う価値あり!ですね。
なお、残念ながらライブアルバムは再発売の対象外となったようです。93年のデビュー10周年ライブが収録された『I Wanna Hold You Again』が再発売されたら、もっとよかったのに…。

今回の再発売は、今年杉山がソロ活動30周年を迎えた記念として企画されたものです。それがなければ、まだしばらく廃盤だったでしょう。
とにかく旧譜が再び購入できるようになったのは嬉しいことです。早く『here & there』を聴きたいなぁ。

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

大阪王将の餃子

普段、餃子を食すのは「餃子の王将」ですが、ごくまれに「大阪王将」でも食すことがあります。
今日がまさにそのまれな日でした。といっても、お店に出向いたわけではなく、市販されている冷凍の餃子です。
冷凍とはいえ、大阪王将の餃子であることに変わりありません。実に美味しくいただきました

冷凍で市販されるようになってからは、手軽に大阪王将の餃子を食べれるようになりました。例え、近隣に大阪王将の店舗がなくても、味わうことができるのですから。
本当にいい時代になりましたねー。

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

物置小屋からの脱出

無料ネットゲームのサイト「MILD ESCAPE」にて、最新作が公開されました。
今回の新作のタイトルは「物置小屋からの脱出」。文字通り、物置小屋から脱出を試みるストーリーです。

Monooki
前作の「ザ・ハッピーエスケープ10」同様、一部だけ攻略サイトに頼りましたが、大体は自力で解決できました。
キーとなるアイテムはバイクと金庫のノブ。至る所に車輪が置いてありますが、それがヒントになってるのです。
バイクがMILD ESAPEの作品に出てくるのは、ほとんど見たことがありません。この部分はかなり新鮮でしたね。

何度も書いているように、MILD ESCAPEの新作公開は不定期です。
前作の公開は今年の2月でした。それから2か月弱で新作が公開されたので、「おっ。今回は早いな」と思いました。
次もこれぐらいのスパンで公開されたらよいのですがねぇ。

物置小屋からの脱出をプレイしたい方は、以下URLを参照ください。
http://www.mildescape.com/game_1.html

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

大丈夫でしょうか…?

熊本で震度7の地震 津波の心配なし 気象庁発表
http://www.asahi.com/articles/ASJ4G7535J4GUTIL06R.html?iref=comtop_6_01

つい1時間前に発生した熊本県が発生源の大地震。
幸いに津波はないようですが、今も余震が続いており、影響が多大であることが伺えます。しばらくはこの報道が続くと思われます。
逐次情報を確認していきます。

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

あんみつ検事シリーズ再刊

唐突ですが、作家・和久峻三といえば、『赤かぶ検事』シリーズをはじめとする多くのシリーズキャラクターを生み出していることで知られています。また、その大半が映像化されているため、ドラマ愛好家にもお馴染みと言えるでしょう。
しかしながら、『赤かぶ検事』以外のシリーズは現在ほとんど絶版となっており、正規で読むことができない状態です。これはここ数年、和久自身の新作がほとんど出ていないことも関係していると思われます。

そんな中、今月・来月と『あんみつ検事』シリーズの作品が再刊されることがわかりました。
『あんみつ検事』は1998年に第一作目『夢の浮橋殺人事件』が集英社文庫より刊行されました。2001年までの3年間で計5作が刊行されています。
今回再刊されるのは『夢の浮橋殺人事件』(4月)、『女検事の涙は乾く』(5月)で、その他の3作もいずれ再刊される可能性が高いです。
せっかく再刊されるのだから読んでみるつもりです。どうやら主人公は美貌の女性検事らしいし

なお、再刊元は同じく集英社文庫のため、新装版とも思われますが、今のところ各種サイトの紹介にて新装版との表記がありません。ま、どちらにしろ再刊されるのは喜ばしいことですね。

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

激化する分裂抗争

山口組分裂による抗争事件が日々激化していく中、長野県で再び事件が発生しました。

神戸山口組事務所に発砲か 窓ガラスなどに複数の穴 長野・上田
http://www.sankei.com/affairs/news/160412/afr1604120009-n1.html

この影響により、一時付近の国道が通行止めになったと報じられています。周辺住民はさぞかし迷惑だったでしょう。

昨日には神戸山口組の本拠地である兵庫県淡路市でも事件が発生しています。

神戸山口組本部に車突っ込む、52歳男を現行犯逮捕「運転操作を誤った」 兵庫・淡路
http://www.sankei.com/west/news/160411/wst1604110013-n1.html

事件としてはこちらの方が大きいですね。なんせ本部に突っ込んだわけですから。
こうなると兵庫県神戸市にある山口組の総本部も危ないのではないでしょうか。何かしら報復攻撃を仕掛けられそうで…。こちらも住宅街にありますから、周辺住民に影響が出る可能性が高いです。

1980年代に起きた山一抗争は、発生から終結まで5年近くかかりました。今回の山口組分裂抗争の終結はどれぐらいかかるでしょうか。
しばらくは報道され続けるだろうなぁ。

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

非常にイタいSきっぷの改訂

先月に運行が始まった北海道新幹線。
華々しいデビューを飾ったのは御承知の通りですが、一方で様々なところに影響が出ております。
そのうちの一つが特急電車の割引券「Sきっぷ」の改訂です。JR札幌駅に発着する特急電車がお得に乗れることから、長年に渡って親しまれてきました。しかし、北海道新幹線の開通により、Sきっぷの対象となる区間が大幅に見直されました。
その結果、私がいつも帰省時に乗車していた新千歳空港~滝川間はSきっぷの対象区間から外されてしまいました。これは非常にイタいです。これまで通り電車で行くことはできるけど、切符購入がちょっと面倒くさいです。

このことを知ったのはほんの数十分前。次の帰省に備えて色々調べていたところ、偶然にもその情報を見つけました。予め分かっておいてよかったです。帰省当日、新千歳空港でそのことを知ったら、もっとショックを受けていたはずだし。

さて、今後の帰省ですが、新千歳空港~滝川間の移動はバスと電車でするつもりです。
新千歳から札幌までは電車、札幌から滝川まではバスというふうに。幸いに札幌~滝川間は高速バスが運行しており、移動時間は特急電車より20分ほど長いのが難点ですが、その分料金は安いです。そちらを活用した方が経済的でしょう。

これぞ「災い転じて福となす」です。大げさだけど

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

一気に5作も新譜が出たデラ

今年3月22日の当ブログにて、「レコード会社のデラより今年はまだ新譜が出ていない」と書きましたが、その3日後に一気に4作の新譜が発売されました。更には今月8日も新譜が発売され、今年の新譜は5作となりました。
以下、その作品群です。

リラックス&スリープ~バリ
ネイチャー・セラピー~アクア【CD+BD】
明日はきっといい日になる
ヒーリング・サティ
フォレスト・ヒーリング~ストレス・リセット(この作品のみ4/8に発売)

このうち、『ネイチャー・セラピー~アクア【CD+BD】』は、もともと2007年にCD+DVDとして発売されたものです。その後、09年にDVD単体で再発売、そして今年新たにCD+ブルーレイとして再々発売されたのです。再々発売にあたり、新映像が追加されてるとか。そこだけ観たいものだなぁ。
個人的に興味を抱いているのは『フォレスト・ヒーリング~ストレス・リセット』です。いかにも自分向けという感じのタイトルだし。毎日聴いて、ストレスをリセットできれば最高ですもんね。

このようにデラから新譜が一気に5作も出たわけですが、5作とも好きなアーティストである広橋真紀子の作品ではありません。彼女の新作を待ち望んでいるのですが…。
まぁ、年内に一作も出さないとは思えないので、待っていれば(?)出るでしょう。早く聴きたいものだー。

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

大阪・天保山ギャラリー「鈴木英人博覧会」

本日は天保山マーケットプレース(大阪市港区)に足を運びました。
こちらの3Fにある天保山ギャラリーで開催中の「鈴木英人博覧会」を観るためです。

002
鈴木英人とは、福岡県出身のイラストレーターで、独特のグラデーションを用いたイラストで人気を博しています。作品のモチーフとなるのは主に海や車で、舞台はアメリカ西海岸が多いです。代表作はFM情報誌の「FM STATION」、ミュージシャンのシングル・アルバム(例:山下達郎、TUBE)などが挙げられます。
私は以前から彼のイラストが好きで、カレンダーを買ったこともあります。その彼の作品を生で観ることができるわけですから、これは足を運ばないわけにいかないと思い、行ってきました。

実際にギャラリーに赴くと、そこには素晴らしい作品群がずらりと並んでいました。一作一作目に焼き付けるように鑑賞しましたねー。
中には所持しているTUBEのシングル「SKY HIGH」のジャケットに使われたイラストもありました。シングルのジャケットでは当然のごとく縮小されてますが、ギャラリーでは実物大を観ることができます。シングルのジャケットだけでも素晴らしさが伝わってきますが、やはり実物には敵いませんね。
他ではコカ・コーラのロゴを描いた作品が3作ほどありました。ぜひこれを買って部屋に飾りたい!と思いましたが、非常に高値で手が出せません。それ以前にとても絵画を飾れる部屋ではないので、現時点では買えませんでした

鈴木の作品の展示会は毎年天保山ギャラリーで開催されているようです。他では神戸でも開催されているようなので、そちらも合わせて行きたいですね。

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

【CM】札幌テルメ

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

札幌市に存在したレジャー施設「札幌テルメ」のCMです。
1988年にオープンした札幌テルメは、バブル期を象徴するかのように豪華絢爛な造りとなっていました。CMも数多く放送されました。オリジナルのCMソングも制作されたぐらいです。
ところがオープン当初から経営は思わしくない状態でした。それを打破するためにホテルを建設したりなどのテコ入れがなされましたが、効果はなく、98年に閉鎖。10年の歴史に幕を閉じました。
それから4年後の2002年、山梨県の洋菓子製造会社が経営権を買い取り、新たなレジャー施設「シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ」をオープンさせ、現在に至ります。もう札幌テルメは存在しないけど、跡地は活用されてるんですね。

札幌テルメのオープンならびに閉鎖時はかなり大きく報道されていたと思いますが、全く記憶にありません実際に札幌テルメに行ったことはありませんので、いつのまにかCMを見かけなくなったなーと思ったぐらいです。

当ブログで取り上げる北海道ローカルCMは、1990年代のものが多いです。その大半がレジャー施設ですが、今も営業しているところはもうほとんどないようです。
完全に時代の流れと言えますね。あの頃はまだ景気がよかったんだなーとつくづく思います。

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

続きが気になるのは健在だった『24』の最新作

今月2日に発売されたばかりの『24 リブ・アナザー・デイ』SEASONSコンパクトボックス。
一言で言えば廉価版です。ようやく『リブ・アナザー・デイ』の廉価版が発売されたので、早速購入しました。
『リブ・アナザー・デイ』は『24』の最新作にあたります。物語がリアルタイムで進行する、テロリストとの戦いを描くといった特徴はほぼ変わりませんが、過去のシーズンが全24話だったのに対し、『リブ・アナザー・デイ』は全12話と半分になっています。
もっとも話数が減ったとしても、面白さは健在です。1話を観終わるごとに「この続きはどうなるのか?」と思ってしまいます。本当は一気に全話を観たいところですが、それはさすがに難しいので、毎日少しずつ観ております。

またこちらのBOXには、特典映像として各種海外ドラマの第1話が収録されています。そのうちの一つである『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』に興味を持ち始めているので、このBOXで観ようと思っています。
それで面白かったら、そちらのBOXを買うつもりです。ちょうどいい具合に『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』も廉価版がもうすぐ発売されるので

気が付けば海外ドラマのフリークとなって、もう10年近く経ちます。これまで観た海外ドラマはどれぐらいの本数になるでしょうか。
見当がつかない…。

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

『警視庁捜査一課9係』シーズン11始動

本日よりスタートした『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)の最新シーズン「11」。
初回は2時間スぺシャル。二つの殺人事件をお馴染みの9係が捜査するストーリーでした。状況が二転三転しながらも、最後は見事に解決。この展開が『9係』の醍醐味であります。
このエピソードにてかねてより加入が告知されていた準レギュラー、野際陽子が颯爽(?)と登場。主演の渡瀬恒彦との絡みは、見ごたえがありました。明らかに苦手意識を持つ渡瀬に対し、スマートに対応する野際。今後のエピソードにおいても、この絡みが見れるわけですから、どんな展開になっていくだろうか?と興味津々です。
今年は『9係』にとって10周年となる節目の年です。新たな要素が加えられたのはそのためでしょうか。他にも新しい要素がありそうだなぁ。

今週より再び水曜夜9時のドラマ鑑賞が習慣となります。『9係』の次に放送されるドラマは今のところ未定ですが、『9係』ならびに『相棒』と同じく面白いドラマになってほしいですねー。できるだけこの習慣を継続させたいから

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

約2年ぶりの新グロモントゴールド

昨年夏に鼻炎が悪化した時に、景気付けとして栄養ドリンクを飲みました。それ以来、すっかり栄養ドリンクを飲む習慣が付いてしまいました。といっても、一週間に1本で、習慣というほどのものではないかもしれませんが
大概飲むのは、イオンのプライベートブランド品である「タウリン2000」です。これがもっとも安く入手できるからです。他ではダイコクドラッグのプライベートブランド品「勝々」もたまに飲んでます。
つまり私が飲んでる栄養ドリンクは、名の知れた製薬メーカーのものではなく、プライベートブランドばかりなのです

そんな中、久々に飲んだのがライオンの「新グロモントゴールド」。近所のスーパーで安く売っていたので衝動買いしました。
これを飲むのは約2年ぶり。やはり前回も衝動買いでしたが、またも美味しく飲ませていただきました。
もともと新グロモントには好感を抱いてました。その昔、まだ販売元がライオンではなく中外製薬だった頃に制作された新グロモントのCMがとてもカッコよく印象に残っていました。実際に飲んだのはそれから大分経ってからでしたが、飲んだ時は力がみなぎりましたねー。

また、新グロモントゴールを安売りしている時は衝動買いしてしまうだろうなぁ。まぁ、仕方ない!

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

ポケットビリヤード

久々の無料ゲーム紹介です。
今回は「ポケットビリヤード」↓。文字通り、ビリヤードのゲームです。

Pobi
操作はマウスの右ボタンをクリックするだけという、非常にシンプルなものですが、力加減が結構難しいです。
すんなりボールがポケットに入ることはまずないです

ゲームでへたくそなのだから、実際にビリヤードをしたとしても結果は同じでしょう。むしろ現実はもっと悲惨なものかも…。
そういうわけで私がビリヤードをプレイするのは、ゲームのみ。実物は観るだけです。
一時期は実物のビリヤードを観戦する機会がかなりありましたが、ここ数年は全くなし。次はいつになるかなぁ。

ポケットビリヤードで遊びたい方は↓をクリックしてください。
http://www.wowgame.jp/game_html/374.html

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

よしもとお出かけライブ in いこらもーる泉佐野

本日は大阪府泉佐野市にある商業施設「いこらもーる泉佐野」で開催された「よしもとお出かけライブ」を観てきました。
いこらもーる泉佐野のオープン1周年を記念して開催されたものです。出演者は↓の通りです。

Cfhn9i_viaajqc2
ご覧の通り、二組とも豪華です。更には13:00と15:00、二回行われた上に無料で観覧できたのです。「ちょっと良心的すぎない?」とも思いましたね
当然のことながら、大いに楽しませていただきました。とにかく客席からの笑いが絶えない。普段縁がない泉佐野まで行った甲斐がありましたね。
このようなイベントが開催される頻度は非常に稀だと思いますが、もしまたイベントの開催を知ることができたら、絶対に足を運びます。せっかくの機会を逃してはなりませんから。

ここ数年の間に吉本興業直営の劇場の料金が値上がりした関係で、すっかり劇場から足が遠ざかっています。
劇場の料金が値下げすることはまずないと思うので、今後はイベントに行くことが多くなるかもしれないなぁ。

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

2年ぶりのプロ野球観戦

001
本日は京セラドーム大阪で、プロ野球公式戦オリックス・バファローズ対千葉ロッテマリーンズの試合を観てきました。
プロ野球の試合を観るのは実に2年ぶりでしたので、存分に楽しませていただきました。
以下、観戦記です。

↓オリックスの先発は近藤一樹。3回まで無失点で抑えたものの4回表で2失点となり、降板となりました。

002
↓は降板直前の様子です。

007
↓ロッテの先発は大嶺祐太。近藤と同じく4回で2失点となったものの、粘り強い投球を続けた結果、勝利投手となりました。

005
↓オリックスの主軸、T・岡田の打席。今日は4打席1安打という成績でした。

006
この試合は2-6でロッテの勝利となりました。
4回に両チームとも2点を挙げ、互角の戦いかと思いきや、6回表にロッテが2得点を挙げた時点でほぼ決着が付きました。オリックスは6回以降凡退続きでしたので…。
試合時間は3時間40分。3回まではテンポよく進みましたが、4回と6回が長引いたので、やや長めの試合時間となりました。特に6回表は、ファウルの連続ばかりでこれが長引いた原因でしたね。

今日の試合は大阪市交通局とのコラボ企画による「優待観戦デー」を利用しました。つまり一部のチケット代がこの企画により安くなるのです。
実は昨年に試合観戦ができなかったのは、この企画によって安くなったチケットが購入できなかったからです。つまり購入できるチケットはあったけど、希望のチケットがなかったので観れなかったという、誠にセコい理由だったんですね
今日は運良く希望のチケットが購入できたので観戦できたというわけです。

現時点で今年の「優待観戦デー」は5月1日までとなってますが、それ以降も開催されるはずです。また「優待観戦デー」を利用して観に行きたいものだなぁ。

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

お次は電池長持ちマウスを…

愛用している無線マウス「BSMOW10BK」(バッファロー製)。
とにかくシンプルなのが特徴です。3ボタンで色は黒、何の変哲もないデザイン。シンプルなものが好みの私にとってうってつけです。
しかしながら、このマウスは電池切れが速い。紹介文では「電池は最大7か月持つ」となってますが、実際に持ったのは2か月程度でしょうか。電池が悪かったも思えますが、「それにしても電池が切れるのが早すぎないか?」と思っています。
そこで、今度マウスを買い替える時を「BSMOW10BK」より長く電池が持つものにします。候補は2つあり、どちらも最低1年は持つそうです。

候補の一つ目は「M-IR06DRSBK」(エレコム製)。電池の寿命はは1.5年と「BSMOW10BK」を完全に上回っています。まだ、こちらも3ボタンであることと静音であることも自分の理想のマウスにぴったり当てはまっています。
候補の二つ目は「M185BL」(ロジクール製)。電池の寿命は最大1年と「M-IR06DRSBK」よりやや短めですが、やはりシンプルな作りとなっていることが魅力です。
実は今、職場で使っている無線マウスはロジクール製なのですが、かなり電池が持っています。それが印象に残っており、ロジクールのマウスなら長持ちするかも?と思ったのです。それも候補とした理由です。

ずっとマウスはバッファローにこだわっていましたが、これを機に他のメーカーに替えるのもよいかな?と思い始めています。
さて、買い替えはいつになるかな…。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »