« 公共の場では使えない?「アイのUSBメモリー」 | トップページ | ゴールデンウィーク中に半袖は初めて »

2016年5月 1日 (日)

衝撃!桂歌丸師匠が『笑点』降板

今年で放送開始50周年を迎えた長寿番組『笑点』(日本テレビ系)。
その節目の年に司会者である桂歌丸師匠が番組を降板するという衝撃的な事実が明らかとなりました。

歌丸50年出演の「笑点」降板 「体力の限界」22日ラスト
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/01/kiji/K20160501012503860.html

歌丸師匠が司会者となったのは2006年。前任の五代目三遊亭圓楽師匠(故人)の降板により、司会の座を引き継ぎました。
以降、現在に至るまで『笑点』を牽引してきましたが、ここ数年は体調不良による入院などでたびたび番組を欠席していました。これが降板の理由であるとか。
もっとも『笑点』を降板するとはいえ、PR番組の『もう笑点』には引き続き出演されますし、本業の落語家としての活動も継続しますので、歌丸師匠が完全に芸能界から引退されるわけではありません。とはいえ、毎週テレビで観れなくなるのは寂しい…。

気になる後任は、現時点では「検討中」とのことです。
色々憶測はあるようですが、今の出演者の誰かが引き継ぐ内部昇格が一番ベストな司会交代となるのでは?と思っています。

歌丸師匠には「本当に長い間お疲れ様でした」としか言いようがありません。なんせ出演歴は50年。これだけ長い間一つの番組に出演し続けた人物というのはそうそういないでしょう。歌丸師匠のおかげでどれだけ腹を抱えて笑ったことか…。

歌丸師匠が出演される回を観れるのはあと3回です。こうなったら目に焼き付けるぐらい真剣に観てやる!と思っていますhappy01

|

« 公共の場では使えない?「アイのUSBメモリー」 | トップページ | ゴールデンウィーク中に半袖は初めて »

お笑い」カテゴリの記事

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公共の場では使えない?「アイのUSBメモリー」 | トップページ | ゴールデンウィーク中に半袖は初めて »