« 【CM】1993年の北海道ローカルCM | トップページ | 2016年初の扇風機使用 »

2016年5月22日 (日)

『笑点』新司会者が遂に発表

本日放送された『笑点歌丸ラスト大喜利スペシャル』(日本テレビ系)。
この放送をもって、司会の桂歌丸師匠が勇退されました。そして、ずっと注目されてきた後任司会者が遂に発表されました。
新しい司会者は春風亭昇太師匠。歌丸師匠の口からこのことが発表された時、客席から大きなどよめきが起きました。テレビを観ていた視聴者も同様だったでしょう。
確かに昇太師匠は、今の大喜利メンバーの中では落語家としてのキャリアは二番目に短いです(一番は林家たい平師匠)。『笑点』の出演歴にいたっては一番短いです。各報道機関による憶測では、6代目三遊亭円楽師匠が最有力候補となっており、昇太師匠はほぼ圏外でした。それだけに衝撃も大きかったでしょう。
ただ、昇太師匠は大喜利の司会をこれまでに何回も経験しており、その経験値は他の大喜利メンバーを圧倒しています。『笑点』のレギュラーとなる前から、時折番組の前半に実施される若手大喜利で何度も司会をしているし、かつてBS・CSで放送されていた兄弟番組『BS笑点』、『笑点Jr.』でも司会を務めていました。また、他のメンバーより年齢が若い分、長く司会をできるであろうということも選ばれた理由であったのではないかと思います。

しばらくは大きなプレッシャーの中での司会となるでしょうが、いずれ『笑点』を牽引する存在となるはずです。
昇太師匠が司会者となってからの最初の放送は今月29日です。本日同様生放送で、そこで新メンバーが発表されるとのこと。ということは、次週も見逃せないですねー。

最後に勇退された歌丸師匠に「本当にお疲れ様でした!」と声を掛けたいです。
この方がいなければ、50年も放送されなかったはずですから。

51年目を迎えた『笑点』。今後も日曜夕方の名物番組であり続けてほしいです。

|

« 【CM】1993年の北海道ローカルCM | トップページ | 2016年初の扇風機使用 »

お笑い」カテゴリの記事

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【CM】1993年の北海道ローカルCM | トップページ | 2016年初の扇風機使用 »