« ザ・ハッピーエスケープ11 | トップページ | 効果抜群のワンプッシュ害虫駆除剤 »

2016年6月12日 (日)

40年ぶりにノーカットで放送された猪木対アリ戦

今月3日に惜しまれつつも亡くなったプロボクサー、モハメド・アリの追悼番組が今夜放送されました。
題して『モハメド・アリ緊急追悼番組 蘇る伝説の死闘「猪木VSアリ」』(テレビ朝日系)。1976年6月26日、日本武道館で行われた「格闘技世界一決定戦 アントニオ猪木対モハメド・アリ」戦を完全ノーカットで放送したほか、当事者の猪木や関係者の証言も加えられていました。
この試合がノーカットで放送されるのは、76年の試合当日以来、実に40年ぶりでした。過去に2度ほどダイジェストで放送されましたが、ノーカットではなかったです。しかし、アリの逝去により、40年ぶりに実現したということになります。
今回の放送にあたり、試合中に飛び交った両陣営の声の応酬が字幕で表示されました。ほとんどがアリ陣営のものでしたが、どれも緊迫感と迫力に満ちていました。真剣勝負だったからこその応酬と言えるでしょう。
最終的に15R引き分けという結果に終わりました。当時は「世紀の凡戦」などと揶揄されていましたが、後にその評価は覆されています。これぞ真剣勝負の醍醐味であると。
権利関係が複雑なことから、長く商品化が実現していなかったこの試合ですが、2年前にようやく商品化され、容易に試合の全貌を観ることができるようになりました。しかし、今回のアリの逝去により、また違う形で商品化されるかもしれません。

この追悼特番を観ていて、一つ思ったことがあります。それは「テレ朝は英断を下したねー」ということ。40年前に行われた格闘技の試合をノーカットで再放送したのですから。
もっともテレ朝の英断はこれだけではありません。伝説の「10.19」もそうでした。優勝がかかっているとはいえ、マイナーなプロ野球パ・リーグの試合を当時の人気ドラマを中止してでも全国ネットで放送したのですから。そういうテレビ局ですから、今回のような番組が放送されたとしてもおかしくありません。
テレ朝のおかげで、まだノーカットで観たことがなかった猪木対アリ戦を観ることができました。ありがとうございます!

そして、モハメド・アリさんのご冥福を改めてお祈りいたします。

|

« ザ・ハッピーエスケープ11 | トップページ | 効果抜群のワンプッシュ害虫駆除剤 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・ハッピーエスケープ11 | トップページ | 効果抜群のワンプッシュ害虫駆除剤 »