« 愛されている芸人・安井まさじ | トップページ | ザ・ハッピーエスケープ11 »

2016年6月10日 (金)

RS-232C⇔USB変換ケーブルの思い出

職業柄、パソコンサプライメーカーのHPを見る機会が多い私。
先ほど、そのうちの一つであるアイ・オー・データ機器のHPを見ていたら、以下の商品を見つけました。


一言で言えば、RS-232CをUSBに変換するというもの。例えば、ネットワーク機器のルータやモデムを設定する時に使います。これらをUSB接続できるようにしてパソコンと繋ぎ、パソコン上からソフトを使って設定するのです。
かつてはデスクトップパソコンならば、直にRS-232Cと接続できました。コネクタがパソコン本体にあったので。近年はデスクトップ、ノート共にコネクタがないため、RS-232Cを直に接続することはできなくなりました。そこで使われるのが変換ケーブルなのです。
この変換ケーブルは様々なメーカーから販売されていますが、アイ・オー・データ機器も出していたとは知りませんでした。アイ・オー・データはケーブルをあまり手掛けてないという印象があったので。どちらかというとメモリーやハードディスクに強いメーカーという印象がありますが、ある意味このイメージを覆しましたねsmile

私自身もかなり昔にこの変換ケーブルを使いました。以前在籍していた会社の上司より、ルータの勉強をしろと命じられた時でした。
ルータとパソコンを変換ケーブルで繋ぎ、ソフトをインストールして、それで設定しました。かなり昔なので、あまり覚えていませんが、それなりに面白かったと記憶しています。一方でその時の上司の対応がとても不愉快で、そのことを思い出してしまうのがイヤですが…。

また、変換ケーブルを使う機会はあるでしょうか。もしあるとしたら、上記のアイ・オー・データのケーブルを使いたいですねー。

|

« 愛されている芸人・安井まさじ | トップページ | ザ・ハッピーエスケープ11 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛されている芸人・安井まさじ | トップページ | ザ・ハッピーエスケープ11 »