« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

珍事件:駐車場で寝ていて轢かれる

こんなニュースを発見しました。

駐車場で寝てい男子高校生、車にひかれ大けが 神戸
http://www.asahi.com/articles/ASJ70428KJ70PIHB008.html

これは申し訳ないですが、寝ていた方が悪いですね、完全に。
そもそも駐車場は寝るころじゃないし。いや、それ以前に高校生が午前2時にそんなところに居ること自体がありえない。
要は悪いことをしていたので、バチがあたったのではないでしょうか。

轢いてしまった運転手が気の毒です。治療費を請求されてなければいいけど…。

明らかに珍事件なので、そうタイトリングさせてもらいました。

| | コメント (0)

2016年7月30日 (土)

8/3放送:志村けんのだいじょうぶだぁ夏祭り大爆笑SP

8月3日に放送される『志村けんのだいじょうぶだぁ 夏祭り大爆笑SP』(フジテレビ系)。2007年より特番として不定期に放送されている『だいじょうぶだぁ』の新作です。
毎回豪華ゲスト陣と共に、爆笑コントを繰り広げる内容です。やはり今回もゲストはかなり豪華で柄本明、壇蜜、優香、森下悠里、橋本マナミ、平愛梨、菜々緒…。更にはあの松田聖子も出演。これらの面々がどのように志村と絡むのかが注目ポイントでしょうね。
ただ、いざ列挙してみると、ゲストはほぼ女性ばかりです。女好きの志村の趣向が反映された結果でしょうかsmile

ぜひリアルタイムで…と言いたいところですが、当日は用事があるため、観ることができません。よって録画して、後で観ます。
コントの面白い芸人は数多くいるけれど、自分としては志村が一番面白い!と思っています。

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

阪神タイガースのTwitterを見るたびにため息…

ちょうど2年前にTwitterを始めました。
以来、好きな芸能人や興味のあるイベントなどのTwitterを積極的にフォローしていますが、あるTwitterのツイートを見るたびに、「またかよー」と思ってしまいます。
どのTwitterかというと、阪神タイガース。ご存知、大人気のプロ野球チームで、毎試合の結果をツイートしています。
ただ、たまたまなんでしょうけど、自分が見る時は大概阪神の負けです。今日も負けの結果を知らせるツイートでした。

Tigtwi
明らかに[勝]のツイートより、[負]の方が多いですね…。今シーズンは特に多いです。実際、今日の時点で5位に甘んじてますし。
ああ、明日もため息が出るツイートになるのかなー。そろそろ本気出してくれ!と思います。

| | コメント (0)

2016年7月28日 (木)

CD鑑賞記 あなただけの季節/松山千春

1987年5月に発売された松山千春のオリジナルアルバム『あなただけの季節』。
千春と言えばフォークソング、もちろんこのアルバムもフォークではあるものの、ポップスの色彩がとても強い作品となっています。
バイオリンのイントロから始まり、力強いドラムが印象的な「重い鎖」、千春の故郷である北海道足寄町を歌った「春の歌」、サックスの音色が心地よい「二人の時間」と「ムーン・ライト」、そして野村証券のテレビCMで使用されたタイトル曲「あなただけの季節」。いずれも一般的な知名度は低いものの、本当に名曲だらけです。
ハーバーハウスで撮影されたジャケット写真が物語るように、本作はリゾート感あふれるサウンドとなっています。フォークソングとポップスがうまく融合されていると言っていいでしょう。

30年近く前の作品ですが、現在も入手可能です。
お求めは↓からどうぞ。

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

新世界の吉本劇場

ここ最近はめっきり足を運ぶ機会が少なくなってきていますが、今も定期的に吉本興業直営の劇場のHPを見ています。
大概見ているのはなんばグランド花月(大阪市中央区)、祇園花月(京都市東山区)ですが、今日は新世界朝日劇場よしもとライブ(大阪市浪速区)のHPも見ていました。というか、新世界に劇場があるとは、今日まで知りませんでしたcoldsweats01
もともと新世界には吉本直営の劇場がありました。それを復活させたということでしょう。この劇場でたっぷり笑ってから、新世界の串カツ屋で食べる飲むなんてのもいいかもしれません。
出演者はどちらかというと若手中心のようですが、中堅層や吉本新喜劇の座員も出演しているので、決して偏っていないことにも好感が持てます。

数年前に新世界に不定期で足を運んでおりましたが、ここ2年ほど全く足を運べていないです。年内に一度足を運んで、実際の劇場がどんなものかを確認しておきたいです。

新世界朝日劇場よしもとライブのHPは↓です。
http://www.yoshimoto.co.jp/asahiyoshimoto/

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

DVD・ブルーレイが発売されすぎの洋画

数多くの洋画・海外ドラマのDVDを発売している20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン。同社がこれまでに発売したDVD・ブルーレイで、もっとも多く発売されているのは間違いなく『ダイ・ハード』シリーズでしょう。
昨年だけでも、3つのブルーレイボックスが発売されました。2013年にはDVD、ブルーレイそれぞれの単品に加え、限定生産品、ボックスセットなども発売されており、この年だけで何と16作も発売されています。
それだけこのシリーズにファンが多いことを物語っていることになりますが、一方であまりにも発売される数の多さに批判の声も多いです。例えば13年に完全限定生産で発売された『吹替えの帝王』版は、昨年にこれら全てを一つに収めたボックスが発売されています。『吹替の帝王』版を買った方々の怒りの声が通販サイトに掲載されていましたが、「まぁ、そうなるだろうね」と思いました。自分がその立場なら、怒るだろうし。

今後も『ダイ・ハード』シリーズは制作され続けるでしょうから、新作が出るたびにまたDVD・ブルーレイが発売されるでしょう。
で、その都度ファンの怒りの声があがるだろうなぁ。

もうちょっと考えて発売するべきでは?と発売元に言いたいです!

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

だいがく祭・2016

今年も生根神社(大阪市西成区)で開催されただいがく祭。
メインである「だいがく」(櫓のこと)とお祭りの醍醐味である屋台を鑑賞してきました。

屋台↓

S_img_0822
左端に写っている鶏皮餃子を買って食べました。美味しかったですhappy01

↓生根神社入り口。ここが人でいっぱいになるのは、初詣以来かな?

S_img_0823_2
↓メインのだいがく。毎年見てますが、いつ見ても圧倒されます。

S_img_0824
だいがく祭は、毎年7月24日と25日に開催されます。
つまり今年の開催は今日で終わりということになります。本当、あっという間ですねー。
来年も楽しみですgood

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

しまむらで買い物初体験

今日初めて行った、衣料品店の「しまむら」。
全国にチェーン展開している大手の衣料品店ですが、実は一度も行ったことがありませんでした。
それがなぜ初めて行くことになったのかというと、数着衣料品が必要になり、どうせなら安価に入手したいということから、しまむらを選びました。
実際にしまむらに行った感想は、「メンズの衣料品が少ない!」ということ。店内の7割はレディスばかりで、メンズは奥の方に追いやられている感がありありでした。
しかしながら、確かに衣料品は安価でした。おかげでちょっとロゴのかっこいいTシャツを安価に入手できましたよ。
あと、良心的だと思ったのは公式サイト上やチラシの価格表記が税込となっていること。これは計算しやすいですね。

表記の例↓

Shimaka

これまでチェーン展開している衣料品店はユニクロとジーユーばかり行ってましたが、今後はしまむらも行くようにしようと思っています。
せっかく家の近くにあるんだからhappy01

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

安積班シリーズ最新刊『捜査組曲』

今月刊行されたばかりの今野敏の著書『捜査組曲―東京湾臨海署安積班』(ハルキ文庫)を入手しました。作者お馴染みの人気シリーズの最新刊です。
全10編からなる短編小説集なのですが、サブタイトルが全て音楽に関係するもの(例:シンフォニー、アンサンブルなど)となっています。いかにも過去にレコード会社に勤務していた経歴を持つ作者らしいですねhappy01
もちろんタイトルがどうであれ、安積班の活躍が描かれるのは言わずもがなですが、意外なのは安積班に関係する人物たちにスポットをあてた作品も存在すること。ある意味、安積班シリーズの集大成と言っていいかもしれません。
と言いながら、今日入手したばかりでまだ1ページも読んでおりません。まぁ、読み始めたら、サクサク読めてしまうので、読み終わるのにそう時間はかからないでしょう。

ファンならばご存知でしょうが、安積班は過去にテレビドラマ化されました。
2009年にTBS系にて連続ドラマ『ハンチョウ~神南署安積班』がスタートし、11年まで計4シーズンが制作されました。その後、12年からは『ハンチョウ~警視庁安積班』として新たなシリーズが開始され、こちらも計2シーズン制作されました。現時点で『警視庁~』の第2シーズン(13年放送)が最後の映像化となっております。
もう映像化はされないのでしょうか。通算6シーズンも制作された人気作ですから、何らかの形で制作を続けてほしいのですが…。

| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

復活した(?)バリバリ夕張

こんな動画を発見しました。


動画を見た人の大半は「何じゃこりゃ?」と思うでしょう。
これは北海道夕張市がかつて放送していたテレビCMにて最後に流れていたジングルを再現したものです。
ロゴはともかくとして、アニメーションは忠実に再現されていると思います。「バリバリ」の部分が大きく動く様を見れば納得できるでしょう。

なお、オリジナルは↓です。


現在はもう「バリバリ夕張」のCMは放送されていませんが、「バリバリ」のフレーズを受け継いだソフトクリームが道の駅で購入できるそうです。

詳細:
http://mancystyle.com/gotouchisoft-y-baribari

今の夕張は、バリバリ夕張のCMを放送していた頃の活気がほぼない状態です。また、活気が戻る日は来るのでしょうか…。
もし戻ってきたら、もう一度「バリバリ夕張」のCMを放送してほしいです。

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

紆余曲折ありながらも無事スタートした『女たちの特捜最前線』

今日から放送が始まった『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)。
京都の警察署に勤めるおばさん3人組(高島礼子、宮崎美子、高畑淳子)が持ち前の好奇心(というより、ただのおせっかいか?)と行動力を活かして、難事件を解決するミステリードラマです。
もともと昨年12月に『土曜ワイド劇場』枠で放送された2時間ドラマであり、それを連続ドラマ化したものです。
記念すべき第一話は、3人組の大の仲良しの旅行代理店の添乗員が殺人事件の関係者と知って、3人組が奮闘するというもの。番組開始前から公式サイトなどで大々的にPRされていた3人の井戸端会議は、確かに迫力がありましたね。それぞれの上司を独自のニックネームを付けているところが笑えた反面、全く上司への敬意が感じられなかったのが別の意味で印象的ですcoldsweats01

このドラマ、かつて同局で放送されていた『特捜最前線』とは全くの別作品です。
とはいえ、タイトルが似通っているために、『特捜~』のファンに配慮したのか、『土ワイ』版には『特捜~』のレギュラーだった横光克彦をゲストに迎えていましたが、今日放送の第一話には『特捜~』のレギュラーは一切出演しませんでした。完全に別作品の扱いになったということでしょう。

さて、このドラマは一時、制作中止か?と騒がれました。多くの方がご存知のように主演の高島の夫・高知東生が覚せい剤所持で逮捕されたからです。
幸いに制作は中止されず、無事放送が始まりました。そのことを安堵する声が放送開始直前から多くネット上に流れたようです。
今日の放送分がどれほどの視聴率を取れたのかわかりませんが、ずっと高視聴率を獲得し続け、来年以降も制作されるようになってほしいです。

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

「下僕」まではいかないけど…

こんなニュースを発見しました。

高校教諭、生徒を「うちの下僕ども」 フェイスブックに書き込み
http://www.sankei.com/affairs/news/160720/afr1607200012-n1.html

これは普段からそう思っていたのでしょう。そうでなければ、書き込まないだろうし。
傲慢な教師の典型的例です。やっぱりどの時代にもいるんですね。格下の立場をとことん馬鹿にする輩が。
ま、そういう人間ほど皮肉なことに長生きするんだよなぁ。

さすがに「下僕」までは言われたことはないですが、過去に「ぼんくら」呼ばわりされたことはありますね。社会人になって最初に入った会社の研修講師に。
その会社では入社が内定すると、入社前研修を受けさせられます。で、その研修講師がとにかく傲慢で、研修生を馬鹿にしまくってました。「ぼんくら」もひどかったけど、中には「お前は入社してもすぐ会社を辞めそうだな」と言われた研修生もいました。私自身も、持参した用語辞典を侮辱されました。「去年の研修生でこの辞典持ってた奴は馬鹿になった」と。
当然のことながら、研修生からは嫌われてましたね。その会社はなぜこんな傲慢な人物を研修講師にしていたのでしょうか。この講師のせいで辞めた研修生も沢山います。

すでに研修講師は交代しているので、今は少なくとも私の時代よりはまともな研修となっているはずです。もっとも、講師に限らず、研修の内容もかなりお粗末(研修専門の施設があり、講師もいるのに、なぜかほとんど自己学習)でしたが、そちらは改善されているかなぁ。

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

CD鑑賞記 here & there/杉山清貴

今年5月に一挙に再発売された杉山清貴のアルバム全14枚。
そのうちの一作で、もっとも古いのが今回紹介する『here & there』です。1989年5月に発売されました。
杉山自身も出演したダイドー・スポエネのCMソングだった「ROCK ISLANDS」を筆頭とした11曲にボーナス・トラック1曲を含む全12曲が収録されています。
本作の再発売にて、ずっと聴きたかった「ROCK ISLANDS」がようやく聴けるようになり、とても嬉しく思っています。他にも「リトル・トーキョー」や、「君に逢いたい」、「空から降りてくるLONELINESS」など名曲揃いです。また、ボーナス・トラックとして収録されている「BOYS OF ETENITY(永遠の少年達)」も最高ですね。
海外でレコーディングされたためか、全体的にエネルギッシュなサウンドとなっています。トップを飾る「ROCK ISLANDS」を始め、ホーン・セクションを大々的にフィーチャーした楽曲が多く、骨太なロックサウンドを堪能できる作品です。

杉山のベストアルバムは数多く発売されていますが、本作の楽曲はほとんどベストには収録されていません。本作だけ若干権利関係が複雑だからでしょうか(本作は89年の発売時はバップから発売されましたが、後に権利がワーナーミュージックジャパンに移行されました。今回の再発売もワーナーからとなっています)。

これまで聴いた杉山のオリジナルアルバムの中では、一番気に入ったアルバムと言えるかもしれません。本当に再発売されてよかったなーと思います。

次は本作と同時に再発売された『paradise ~夏の恋を続けよう~』を購入するつもりです。これはワーナー移籍後の楽曲を中心に選曲されたベストアルバムで、バップから発売されているベストより選曲がバラエティに富んでるのが特徴です。
少なくともこの夏が終わるまでに買いたいですね。杉山は夏のアーティストなので、やはり夏に聴くのが一番ですからhappy01

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

観始めた『極道の妻たち』シリーズ

この三連休中に今年初めて近所のゲオに行ってきました。あるシリーズものの映画のDVDを借りるためです。
借りたのは『極道の妻たち』(1986年公開)、『極道の妻たちⅡ』(88年公開)、『極道の妻たち 三代目姐』(89年公開)の3作。いわゆる『極妻』シリーズであり、これらは第1作目から3作目までの作品となります。
『極妻』シリーズは1980年代~90年代のヤクザ映画の代表作であり、また新たな要素を取り入れたことでも知られています。その要素とは、初めてヤクザ映画で女性を主人公としたこと。それまでのヤクザ映画は全て男性が主人公であり、女性は脇役にすぎなかったのですが、このシリーズでその固定観念を覆したのでした。
86年公開の第1作目がヒットしたことにより、第10作目まで制作されました。劇場公開版は10作目で一旦完結しましたが、その後も新たなシリーズがVシネマ版として制作されるなど、今なお根強い人気を誇っています。

『極妻』シリーズは、2000年代半ば頃まで地上波ゴールデンタイムで定期的に放送されていました。その頃に断片的に観た記憶があります。
私は大のヤクザ映画好きなのですが、このシリーズはスルーしていました。断片的ながら過去に観たということもあって、眼中になかったのです。一週間前にたまたま『極妻』を紹介しているサイトを観る機会があり、「そういえばこのシリーズは一度もきちんと観たことがなかったな」ということに気付き、では最初から観てみようと思ったのがきっかけでDVDを借りたのです。
実際に観た結果、「これをよくゴールデンタイムで放送できていたなー」と真っ先に思いましたね。出演者の大半が非常に汚い言葉遣いをするし、過激な描写も多数あります。そのため、昔テレビで観た『極妻』の記憶もほぼ過激な描写の場面ばかりですcoldsweats01
もっともこれらもある種の魅力ですが、それだけでなくきちんとした人間ドラマも形成されています。ヤクザ世界によくある跡目相続を巡る問題に苦悩する幹部たちの姿は、共感できましたしね。自分も同じ立場だったら苦悩するだろうと。
そして、各出演者の個性が十分に活かされているのも魅力ですね。例えば3作目の『三代目姐』に出演しているショーケンこと萩原健一。『極妻』に限らず、どの作品においても、狂気的な役柄が多いショーケンですが、やはりここでもその手の役柄を熱演。しかし、決して狂気的だけではなく、きちんと筋を通すヤクザを演じていたのが印象的でしたね。ただ、吉川十和子に性的暴行するシーンは、ちょっといただけなかったなぁsweat01

『極妻』シリーズは劇場版10作、Vシネマ版6作の全16作あります。残りの13作も随時観ていきます。
前述したように以前は地上波テレビ放送でも観ることができましたが、今はもう無理ですね。暴対法の絡みなどもあって、本シリーズに限らず、ヤクザ映画をテレビで放送することはほぼ不可能になってしまったので。
よって、残りの13作は全てDVDを借りて観ます。地上波で放送されている時にきちんと観ていれば、DVDを借りるお金を節約できたのになぁcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

復活した「明治エッセルスーパーカップ チョコミント」

毎週日曜日は、近所のスーパーマーケットに買い物に行くのが日課です。
今日もいつも通り買い物に行ったところ、アイスクリームのコーナーで「明治エッセルスーパーカップ チョコミント」を見つけました。
「おや?スーパーカップにはこんな種類もあるのか」と思ったのと同時に、「これは完全に自分好みの味!」とも思いました。即座に買い物カゴに入れてしまいましたね。
そして、夕食後にデザートとして早速食べたところ、自分の考えが当たっていたことを実感できました。チョコとミントの絶妙な味付けが心地よく舌に馴染みました。そして食べ終わった瞬間、「また、来週売ってたら絶対に買う!」ことを決めました。

後で調べたところ、このアイスは以前に期間限定で販売されていたものでした。それが復活販売されたのです。

詳細:
http://ascii.jp/elem/000/001/187/1187916/

よほど、好評を得たんでしょうね。そうでなければ復活しないと思うし。
もう限定品ではなく、レギュラー品として扱ってほしいです。

| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

2016年2度目の住吉大社参拝

005
今年1月の初詣以来、半年ぶりに住吉大社を訪れました。
ちょっと公私の「公」に大きな出来事があり、平穏に事が収まることを祈るために参拝してきました。

今回はすべて御本殿のみの参拝となりました。訪れたのが午後4時を過ぎており、他の社がすでに閉じていたからです。時間帯を誤ってしまいましたcoldsweats01

↓第一本宮

001
↓第二本宮

003
↓第三本宮

004
↓第四本宮

002_2
住吉大社を訪れるのは大概1月、5月、10月です。今の時季(つまり真夏)に参拝することはまずありませんが、今回は本当に大きな出来事があったので、急遽参拝することにしたのです。
今年はもう一度10月に参拝するつもりです。今回の参拝の結果を報告しなければなりませんから…。

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

急遽交換したマウス

昨夜、自宅のノートパソコンを操作中に画面上のカーソルが動かなくなりました。
マウスを動かし続けてもカーソルはぴくともしません。試しにトラックパッドを操作してみると、こちらではカーソルが動きました。
「まだ電池交換して一か月も経ってないのに、動かなくなるということは、もうマウス自体の寿命か?」と思いました。再度電池交換して、また短期間で動かなくなるのはイヤだったので、今日の定時後に急遽、近所の電気店に赴いて新しいマウスを購入してきました。
購入したマウスはエレコムの「M-IR06DRSBK」。3ボタンのシンプルなマウスで、昨日まで使っていたバッファローの「BSMOW10BK」とほぼ同じ形態です。ただ、「M-IR06DRSBK」の方が電池の寿命が長いので、その分長持ちするはずです。


以前はマウスを一切使わらずトラックパッドだけでカーソルを操作していたこともありましたが、マウスに完全に慣れてしまった今ではもう無理ですねsweat01
とにかく新しいマウスが長く使えることを祈ります!

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

ビデオテープの再生が不可能となる…

興味深い記事を見つけました。

船井電機、VHSデッキ撤退へ…国内で唯一生産
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160714-OYT1T50096.html

もうビデオテープを再生する機械は入手できなくなるわけですね。今後は既存の機械をうまく長持ちさせるしかありません。
ビデオデッキが生産中止ということは、ビデオテープもいずれそうなるのでしょうか。まだ電気店や100円ショップなどで入手可能ですが、いつのまにか消えるかもしれませんね。

ちなみに我が家にもまだビデオデッキがあります。6、7年前までは現役でしたが、ブルーレイレコーダー購入後は一切使っておりません。
まだ再生できるのかな?一度試してみておこうっと。

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

縁がなくなりつつある阪神電車

今年で大阪暮らし15年目となります。
この間に大阪府内を走る鉄道のほとんどに乗車してきましたが、公私の境遇が変わることにより、その時その時で乗車する鉄道が変遷していきました。
近年はもっぱら大阪市営地下鉄と南海電車ばかり乗車しています。特に今年に入ってからは、この2つばかりでそれ以外の鉄道を使う機会が全くない状況です。去年までは不定期に乗車していた阪神電車にいたっては、一度も乗車しておりません。以前は月に2回ほど乗車していた時期もあったのに…。
実は今月に久しぶりに乗車する機会があるはずでした。が、事情があってその機会はなくなりました。年内には一度乗車するつもりですが、それがいつになるかは未定ですねー。

なお、阪神電車に乗車するとしたら、阪神なんば線になることは確実です。この路線を使って、神戸もしくは尼崎に行くことになるでしょう。

↓は阪神なんば線開通時に撮ったものです。今は車両もだいぶ変わってるだろうなぁ。

002

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

爆笑必須:テストの珍解答集

先日、職場の雑談でテストの珍解答の話題が出ました。
その際に「"どんより"という言葉を使って文章を作りなさい」という問題に、「僕はう"どんより"そばが好きだ」と回答した実例があったと聞いた時は爆笑してしまいましたhappy01
それが印象に残ったため、帰宅してからもその言葉を思い出して笑う、いわゆる「思い出し笑い」をずっとしておりました。他者から見たら、かなり気味悪い光景ですよねcoldsweats01

ただ、これ以外にも珍解答の実例は数多くあるはずです。
そこで試しに検索したところ、紹介しているサイトが沢山出ました。その一部を抜粋します。

http://curazy.com/archives/12870
http://fundo.jp/10046
http://geinou-jyouhou.com/post-2956/

重複しているものも多数ありますが、それでも笑ってしまいますね。
Webサイトを見て爆笑したのはかなり久しぶりでした。いいストレス解消になりましたよー。

上記サイトをこれから見られる方、笑いすぎにご注意ください。

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

最低な鬼畜女教師

腹立たしいニュースを発見しました。

全盲生徒に「時計見なさい」、手不自由なのに熱い急須持たせ…「指導不適切」女性教諭を分限免職 大阪市教委、研修1年でも改善せず
http://www.sankei.com/west/news/160711/wst1607110050-n1.html

これほど「鬼畜」という言葉が当てはまる人物はいないのではないでしょうか。
とても生徒への指導ができているとは言えない状況なのに、「自分には課題はない」と言い切れる神経。悪いけど、こいつ自身が特別支援学校で教育してもらえと思いました。また、明らかに何らかの精神障害を抱えてそうです。実際、そう推測するネットユーザーが大勢いるようだし。
記事には分限免職に対する当人のコメントが書かれてませんが、納得してないんだろうなぁ。これで教育委員会を訴えるとか息巻いてたら、失笑ものですがsweat01
それにしても、なぜ実名を公表しないんですかね。公表してもいいレベルなのに。むしろ公表することによって、教員たちの意識を引き締められると思うのですが。

この鬼畜の被害に遭った生徒がトラウマを抱えてなければいいのですが…。もし抱えるようになったら、訴えてやればいいです。その資格は十分にありますから。

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

一気に1シーズンを観てしまった『アンダー・ザ・ドーム』

今月初めに購入した海外ドラマ『アンダー・ザ・ドーム』シーズン1のDVD-BOX。
まだ購入して一週間も経ってませんが、一気に観てしまいました。続きが気になってしょうがなかったものでcoldsweats01
ストーリーを一言で表すと、「突如街を巨大なドームが包み込み、住民を翻弄する」というもので、いわゆるSFのドラマとなります。ストーリーの主軸は「ドームから脱出する」ことですが、決してそれだけでなく、様々なドラマが展開されるのも特徴です。悪徳政治家が絡む陰謀、殺し屋と彼が殺した男の妻との微妙な恋愛関係、街の利害を巡る争いなど、とにかくドロドロしているんです。これがこのドラマに惹き込まれた理由ですね。
エピソード数は全13話ですが、テンポよくストーリーが進むので、全く疲れることなく鑑賞できました。『アンダー・ザ・ドーム』は全3シーズンあり、現時点でシーズン2も廉価版となっているので、年内には購入して続きを観たいと思っています。

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

CD鑑賞記 BEST of TUBEst ~All Time Best~/TUBE

ちょうど1年前に発売された『BEST of TUBEst ~All Time Best~』。ロックバンド、TUBEのデビュー30周年を記念して発売された4枚組ベストアルバムです。発売から1年経ったところでようやく入手しました。
"All Time"と題されていることからわかるように、30年間の集大成であります。CD1枚ごとにサブタイトルが付けられ、それに因んだ楽曲を収録していますが、どれも素晴らしいの一言。「ベストセラー・サマー」、「シーズン・イン・ザ・サン」、「SUMMER DREAM」、「あー夏休み」、「さよならイエスタデイ」、「Only You 君と夏の日を」といったヒット曲はもちろんですが、アルバムに収録されているコアな楽曲もVery Good!シングルになってないけど、いい曲は沢山あるということを示していると言っていいでしょう。
初回限定盤には1980年代後半~90年代前半の楽曲の貴重なビデオクリップを収録したDVDが封入されています。運がいいことに全部好きな曲なので、とても嬉しかったです。とりわけラストの「さよならイエスタデイ」のビデオクリップは最高ですね。黒人美女と軽快に踊るTUBEの面々が印象的でした。

前述したように本作は4枚組です。全50曲収録されていますが、それでもなぜあの曲は入ってないのか?と思いました。これは他のTUBEファンもそう思っているはずです。
まぁ、活動期間が長いので名曲は沢山あります。それを全て収録するのは至難の業です。製作者側も苦悩したんじゃないかな?
もし自分で選べるとしたら、「情熱」、「I'm in love you,good day sunshine」、「SKY HIGH」を収録しますね。特に「SKY HIGH」はTUBEのファンになるきっかけとなった曲ですから、思い入れが強いです。ああ、これは入れてほしかったなー。

冒頭に書いたように、発売から1年経ってようやく入手しました。同じく30周年記念として発売された『Your TUBE + My TUBE』もいずれ入手しなければなりませんね。こちらにはTUBEと同じファンである歌手・松山千春が提供した曲が収められているので、尚更そう思います。

TUBEが30年、変わらぬスタンスでずっと活動し続けてきたことは驚異的ですね。おまけにバンドであるにも関わらず、一度もメンバーチェンジがない。これも驚異です。
今後もこのスタンスを貫き続けてください。

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

【CM】ホテルまほろば「やっぱりまほろば」編

定番の北海道ローカルCMネタですが、今回は前回のCMネタ同様、登別市のホテル「まほろば」のCMを取り上げます。

「まほろば」といえば登別を代表する温泉旅館であることは、道民の多くが認識されているでしょう。それと同時に長年にわたり、声優の故・熊倉一雄さんによる味わい深いナレーションが挿入されたCMもお馴染みでした。上記はその熊倉さんナレーションによるCMの一例です。
あまりにも個性的な語り口だけど、それが妙にマッチしていたんですね。登別温泉とまほろばの情景に。そして、情緒豊かなBGMにも。
最低でも「まほろば」のCM開始から10年間は熊倉さんがナレーションをされていたと思いますが、正確な記録がないので不明です。ただ、先に書いたように本当に長い間、熊倉さんがナレーションをしていたのは事実です。
道内在住時、幾度となくこの声を聞き、「まほろばはこういうところなのか」と感じていたものです。先日の帰省時、偶然にも「まほろば」のCMを拝見しましたが、ナレーションは熊倉さんではありません。なんか物足りなかったですねー。やはりあの声でないと…。

ある意味、熊倉さんの声も登別の名物だったと言えます。もう名物でなくなってしまったのが非常に惜しいなぁ。

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

初めて使うメーカー製の除湿剤

先日、自宅の除湿剤を買い替えたのですが、今回初めてメーカー製の除湿剤にしました。
これまで使っていた除湿剤はスーパーやドラッグストア、ホームセンターのプライベートブランド品でした。しかし、今回買ったのはエステー化学の「ドライペットスキット 除湿剤」です。
買った理由は近所のお店で安売りしていたからですが、「一度はきちんとしたメーカーが製造している除湿剤を使ってみよう」と思ったのもあります。
買ってから早速使っておりますが、これまでのと特に差異はありません。もっとも今の時季は湿気だらけですから、他の季節より重宝することになるでしょう。

本商品はアマゾンのレビューで高評価を受けています。
メーカー製の除湿剤を選ぶなら、まずはこれを選んでみましょう!

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

予想通りの判決となった野々村被告の公判

元兵庫県議の野々村竜太郎被告の判決が今日、下されました。

野々村被告、懲役3年判決に無言…半泣き状態で退廷
http://www.nikkansports.com/general/news/1674168.html

まだ"半泣き"だったのが救いでしたね。彼の名を一躍全国区にした記者会見の時は"号泣"だったから。
上記URLにはこれまでの主張は全く受け入れられなかったと書かれています。「そりゃそうだよね」と納得できます。なんせ「記憶がございません」を90回以上繰り返したわけだし。
この後どうするのかはわかりませんが、このまま判決を受け入れてきちんと更生するべきでしょう。そうすれば、もうマスコミに追いかけられることもないはずだし。

とはいえ、あの記者会見のインパクトが強すぎるので、リアルタイムで見た人々はずっと彼のことを覚えているでしょう。
私は多分一生忘れないと思いますcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

健診結果・2016年度

先月半ばに受けた健康診断の結果が届きました。
結果は…昨年と同じ「異常なし」。今年も一番いい結果に終わり、ホッとしているところです。
昨年は例年より結果が届くのが遅かったため、やきもきしました。なんせ受診から一か月以上かかりましたからね。それだけに余計やきもきしちゃったんですcoldsweats01
一方、今年は項目が増えたため、昨年とは違う意味で結果にドキドキしました。なんか異常が出てたらどうしよう…と思ったんですが、それは杞憂に終わりました。
来年も同じ結果になれるよう、尽力します。

あと、視力がまたもアップしていたことも嬉しかったです。
2年前より視力回復トレーニングをほぼ毎日しているのですが、それが効果的であったことが実証されました。
今後も続けていきます。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

さっぽろ大通公園名物 焼とうきび茶

4月の帰省時に初めて「とうきび茶」(伊藤園)を飲み、その美味しさに感動しました。
今回の帰省時もぜひ飲もうと思って新千歳空港の売店に行ったところ、別のとうきび茶を発見しました。ポッカサッポロが販売している「さっぽろ大通公園名物 焼とうきび茶」です。
値段は伊藤園のとほぼ同じ。味もほとんど変わりませんが、やはり美味い!お弁当に非常に合う味なんですよーhappy01というか、どの食べ物にも合いますね。オールマイティなお茶です。

当ブログで伊藤園のとうきび茶を紹介した際、「北海道限定商品なのがとても惜しい」と書きましたが、どうやらそう思ってる方は多数いるようです。
伊藤園およびポッカサッポロにはぜひ全国販売を検討していただきたいですね。

たまに近くのスーパーで北海道フェアが開催されています。
いつも焼きそば弁当ばかり探してしまいますが、次回はとうきび茶も合わせて探そうと思ってます!

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

2016年二度目の帰省終わり

6/29~7/3まで故郷の北海道に帰省しておりました。
帰省は今年二度目で以前当ブログに書いたように、現在実家の父親が難病を患っており、その看病のためでした。
一度目の帰省時はまだ辛うじて動ける状態でした。しかし、今度の帰省時の状態は、もう自力で動くことはほぼできなくなっておりました。もともと進行の速い病気ということは認識していましたが、本当に速いということを実感せざるを得ませんでしたね…。
現在は入院中なので、最終日以外は連日お見舞いに行きました。一応近日中に退院予定なのですが、退院後は母親の苦労が増大することが確実です。今は病院で介護をしてくれる人がいるけれど、退院後はほとんど母がやることになりますから。訪問介護などをうまく活用して、何とか負担が軽くなればよいのですが…。

近年、高齢化社会における介護問題がたびたび報道されていますが、まさかそれが自分の家に降りかかってくるとは予想できなかったですね。想像以上に大変です。
決して他人事ではないということです。

そういうわけで、前回同様、様々なことを考えさせられる帰省でした。
これだけ書くと、楽しいことは何もなかったように思われるでしょうが、決してそんなことはありません。
先月二歳の誕生日を迎えたばかりの甥っ子との交流がありましたし、毎回恒例となっている中学時代の同級生との懇親会もありましたしね。
また北海道グルメを色々賞味しました。うち一つは明日の記事にて紹介します。お楽しみ(?)に!

↓は石狩川です(北海道遺産に登録されている)

Cmqwmppumaivxl7

| | コメント (0)

2016年7月 2日 (土)

読了:『米朝開戦』

帰省時は移動時間が長いため、必然的に本を読む時間も増えます。
今回の帰省時に一つ大作を読み終えました。マーク・グリーニーの『米朝開戦』です。
この作品は、今年の2月に第一巻と第二巻、3月に第三巻と第四巻がそれぞれ新潮文庫より刊行されました。第一巻と第二巻はすでに読み終えていたので、第三巻と第四巻を読みました。
『米朝開戦』はタイトルが示すように、アメリカと北朝鮮の攻防を描くサスペンス小説です。一応フィクションではあるけれど、ところどころ現実にあった出来事が物語中に取り入れられています(例:2013年12月の当時北朝鮮のNo.2であった張成沢の処刑。作品の中で処刑される人物の名は別の名となっている)。
大まかなあらすじとしては、北朝鮮がアメリカに宣戦布告。ジャック・ライアン米大統領を標的に暗躍します。その一方、アメリカもCIAを駆使して、北朝鮮を翻弄していきます。果たして両国の勝負の行方は…?というものです。

多くの方がご存知のように、北朝鮮は今もっとも国際的に危険視されている国です。が、現時点で攻撃を仕掛けたケースは今のところない(はず)です。
もし現実にアメリカに宣戦布告した場合は、間違いなく叩き潰されるでしょう。ただ、近年は挑発行為や核実験を繰り返しており、いつかは宣戦布告をする可能性もあります。
『米朝開戦』は現実のものとならないことを祈っていますよー。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »