« タイピングゲーム『OFFICE CRAZY』 | トップページ | 【CM】LOVE ほっかいどう道新 30秒バージョン »

2016年9月12日 (月)

早くも6冊目に突入した『ゴルゴ13 POCKET EDITION』

先月に初めてコミックを買って以来、ほぼ毎週コミックを買っている劇画『ゴルゴ13』。気がつけば6冊目に突入していました。
購入しているのは主にコンビニ(ネット通販でも購入可能)で購入できる「POCKET EDITION」(通称:ポケットゴルゴ)です。文庫本と同じサイズであり、400円で購入できるという手軽さから、これまでに買った『ゴルゴ』のコミックは全てポケットゴルゴです。

現在読んでいるのは先月に刊行された『ブービートラップ』です。全5編が収録されており、今読んでいるのは、最初に収録されている『燃える氷塊』(2007年6月発表)です。海洋学を専攻する日本の教授が中国に拉致された挙句、殺害されてしまいます。拉致を指示した中国のテロリストをゴルゴが抹殺すべく行動するというストーリーです。
比較的最近(といっても10年近く前になりますがcoldsweats01)のエピソードなので、ゴルゴのキャラクターは、ほぼ世間の印象と同じもの(寡黙で常に無表情)です。もっとも、全く人間味がないわけでなく、むしろその寡黙さが逆に人間味を醸し出しているともいえます。
それにしても、『ゴルゴ13』のストーリーは本当に緻密で飽きさせないですねー。スケールの大きいストーリーも多々ありますが、難解さは全くなく、どのエピソードもスラスラと読めてしまうのが凄いです。もう50年近く連載されて、ずっと圧倒的な支持を受けているというのがうなずけます。

『ブービートラップ』は今週中に読み終えます。そして、次はちょうど今日刊行されたばかりの『スタインベックⅢ世』を読みます。
このマイブーム、まだまだ続く見込みです。

|

« タイピングゲーム『OFFICE CRAZY』 | トップページ | 【CM】LOVE ほっかいどう道新 30秒バージョン »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイピングゲーム『OFFICE CRAZY』 | トップページ | 【CM】LOVE ほっかいどう道新 30秒バージョン »