« セキュリティの落とし穴 | トップページ | 【CM】日産グロリア 1997 »

2016年10月18日 (火)

格付けチェック品格版第6弾の結果は…

本日放送された『芸能人格付けチェック ~一流芸能人に常識はあるのか!?スペシャル~』(ABCテレビ制作/テレビ朝日系全国ネット)。
『格付けチェック』には大きく分けて二つのバージョンがあります。一つは毎年元旦に放送される通常版、もう一つは正月以外の特番の時期に放送される品格版。今日放送されたのは品格版であり、通常版と異なるのは10名前後の芸能人が1つのチームとなって、常識問題に臨むのです(ただし、品格版の第一弾のみ通常版同様にチーム対抗形式でした)。
品格版が放送されるのは6回目。このうち第一弾を除けば、三流芸能人・そっくりさん・映す価値なしの結果となっています。では、今回はどんな結果に終わったのでしょうか?

結果は「映す価値なし」でした。特にチェック6の「日本の常識 神社の参拝と葬式」にて2ランクダウンしたのが痛かったと言えます。中でも三遊亭好楽師匠が挑戦したチェックは、悉く失敗に終わり、一度も「常識あり」に認定されませんでした。最後のチェックである「常識のある謝罪会見」も当然ながら「常識なし」の結果となり、この瞬間チーム全員が画面から消えてしまいました。
好楽師匠がチームの足を引っ張ったのは一目瞭然でしたね

『格付けチェック』やっぱり今回も面白かったです。次は来年の元旦ですね。
それまでに過去の『格付けチェック』の再放送もしてほしいなぁ。絶対観るだろうから

|

« セキュリティの落とし穴 | トップページ | 【CM】日産グロリア 1997 »

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セキュリティの落とし穴 | トップページ | 【CM】日産グロリア 1997 »