« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

11/6放送:プロ野球珍プレー好プレー大賞2016

かつて、プロ野球のシーズンオフに必ず放送されていた『プロ野球珍プレー好プレー大賞』(フジテレビ系)。
1983年に放送が始まり、2005年までは毎年放送されていました。その後、数年のブランクを経た後に関東ローカルで放送再開、そして昨年より再び全国ネットで放送されるようになりました。
今年も放送されることが決まっており、11月6日に放送されます。公式サイトによると、惜しくも日本一を逃しましたが、25年ぶりのリーグ優勝を成し遂げた広島東洋カープの特集などが盛り込まれているとのことです。
個人的にこの番組のコーナーで好きなのは、「怒り」ですね。抗議、退場、乱闘、いずれもプロ野球にて見られる光景ですが、頻度はそれほど高くありません。それだけにこれらを一挙に見ることができるのは有難いんですよhappy01
まぁ、ここ最近は大きな抗議や乱闘があまりない(はず)ので、コーナーがあったとしても時間は短めでしょう。

そして、この番組に欠かせないみのもんたのナレーションは、今年も健在のようです。色々賛否両論はあるけれど、みののナレーションがなければ、ここまで続く人気番組にはならなかったでしょうから。

実は昨年の放送分を見逃してますので、今年は絶対に見逃せないんです。今からレコーダーに録画しておきます!

| | コメント (0)

2016年10月30日 (日)

日本ハム凱旋!

昨日、日本シリーズを制した北海道日本ハムファイターズが北海道に凱旋しました。
彼らを迎えるため、新千歳空港に大勢のファンが訪れたと報じられています。

詳細:
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1731428.html

本当に素晴らしい戦いぶりでしたね。
2連敗の後、4連勝で日本一を成し遂げるという快挙。これに熱狂したファンは数多いことでしょう。
同時にまた北海道が盛り上がったなーという思いですね。道産子として嬉しく思っています。

私もあと数日後に北海道に帰るのですが、街のあちらこちらに「日本ハム日本一おめでとう」の文字が並んでいるのを目の当たりにするはずです。
見つけたら一枚ぐらい写真を撮っておかないといけないですねhappy01

| | コメント (0)

2016年10月29日 (土)

CD鑑賞記 THE PARTY/カシオペア

1990年に発売された、カシオペアのアルバム『THE PARTY』。
この年より加入した鳴瀬喜博と日山正明を迎えて制作された最初のアルバムであり、また所属レコード会社をポリドールからパイオニアLDCに移籍して、最初に発売されたアルバムでもあります。
1980年代半ばまで隆盛を誇ったカシオペアですが、80年代後半以降は人気が急落。その原因は全米進出のために、それまでの主流だったロック、ファンクテイストの音楽性がアメリカン・ポップスを強めたものに変わったことと、全盛期のメンバーだった櫻井哲夫と神保彰がバンドから脱退したことでした。
本作は前述したように新メンバーを迎えての第一作目であるため、音楽の方向性が原点回帰されています。トップを飾る「Cyber Zone」からして、全盛期を思わせるサウンドです。続く、「青い炎」、「Illusion」といった名曲がまた素晴らしいんです。カシオペアの魅力であるテクニカルなサウンドが聴く者の心を揺さぶっていきます。
本作はファンの間でも高く評価されており、カシオペアにとって間違いなくターニング・ポイントとなった作品です。私自身も90年代のカシオペアのアルバムでは一番のお気に入りです。
前述した原点回帰は、見事に果たされたといっていいでしょう。

残念ながら現在は正規で購入できませんが、高い評価を受けている作品ですから、また再発売されると思います。
まだ未入手の方は、それまでお待ち(?)ください。

| | コメント (0)

2016年10月28日 (金)

ザ・シールド ルール無用の警察バッジ

新たな海外ドラマを発掘しました。
そのドラマとは『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』。2002年にアメリカ・FXネットワークで放送開始、08年まで全7シーズンが制作された刑事ドラマです。
舞台はロサンゼルスの架空の下町・ファーミントン。この町の警察署には、犯罪専門のタスクフォース「ストライクチーム」が存在します。そのストライクチームの活躍を描くのが、おおまかなあらすじです。
ストライクチームはとにかくやることなすことが破天荒で、上層部からは煙たがられていますが、事件を解決する能力はピカイチです。そのために過激なシーンが多いのが特徴です。現時点でシーズン1の全13話中、3話のみしか観ておりませんが、「これは警察がやることじゃないだろー」と突っ込みたくなるシーンが多々ありましたcoldsweats01ま、それがこのドラマの面白いところなのですが。
過激なシーンが多いために、本国アメリカではケーブルテレビで放送されました。日本も同様です。実際に観てもらえるとわかりますが、明らかに地上波で放送してはいけないものですからsweat01

このドラマの存在を知ったのは、一ヶ月前。ビックカメラのDVDコーナーを見ていた時に偶然見つけました。全く存在を知らなかったので、「へー、こんなドラマがあったのかー」と思いましたね。
時間が経つにつれて、「ぜひあのドラマを観たい」という思いが強くなり、思い切ってDVD-BOXを購入しました。そして、観た結果は前述の通りです。これからまだまだ過激なシーンばかり観続けると思うと、いつか感覚がマヒしてしまいそうで心配ですcoldsweats01

とはいえ、やはり大好きな刑事ものだと思うと、楽しく観れますね。
残りのエピソードはどんな内容だろうか…。

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

心斎橋駅で発煙騒ぎ

こんなニュースを見つけました。

心斎橋駅のエスカレーターで発煙 内部の配線に焼けた跡

http://www.asahi.com/articles/ASJBW4WC4JBWPTIL01Y.html?iref=sp_nattop_feature_list_n

心斎橋といえば、大阪の繁華街です。繁華街にある駅ですから、当然のことながら、乗降客が多いです。その駅で発煙騒ぎがあり、2つの地下鉄の路線が一時的ですがストップしました。
まだ、平日の昼間だったのが救いでしょう。平日の朝、もしくは夕方だったら、もっと影響が大きかったはずだし。
発煙の原因ですが、「エスカレーターの内部の配線に焼けた跡があった」とのことで、これがf原因の可能性が高いです。配線が老朽化していたのでしょうか?

幸いにこういうことは未だ未経験です。できれば経験したくないですね。いざその場に居たら、パニックになりそうだからcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

厄介な更新プログラム

毎月、マイクロソフト社より更新プログラムが公開されています。
更新プログラムは、WindowsやOffice、Internet Explorerなど、マイクロソフト社が開発しているソフトウェアのバグを解消するものですが、時にこれが思わぬ障害を引き起こすことがあります。
今年8月に公開された「MS16-101」がその典型です。これを適用すると、Windowsログオン(ユーザーアカウント)のパスワード変更ができなくなるのです。

詳細:
https://blogs.technet.microsoft.com/jpntsblog/2016/08/17/ms16-101/

今の職場で、ちょうどこの障害が発生している最中です。
よって、発生した端末から該当の更新プログラムをアンインストールすることにより、対処しています。

しかし、まさかこんな障害を引き起こすとは…。
本来バグを解消するものなのに、これほど大きな副作用を引き起こすのですから、厄介ですよねぇ。

なお、今月公開された更新プログラムをすれば、この障害は解消するとのことです。つまりアンインストールしなくてもよいのですが、今の職場ではまだ今月分の適用が開始されていません。
遅くとも来月の第二週には開始されるはずですが、それまではアンインストールでしのぐしかないですね。

こんなことは二度と起きてほしくないです!

| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

『相棒』の再放送に大打撃…

衝撃的なニュースが入ってきました。

元女優・高樹沙耶容疑者を逮捕、大麻所持容疑
http://www.sankei.com/west/news/161025/wst1610250040-n1.html

女優引退後、消息不明状態だった高樹ですが、今月7日に放送されたテレビ番組で近況が報告されました。それから、18日後に逮捕されてしまうなんて…。非常に驚きましたね。
石垣島で4人の男性と奇妙な同居生活を送っていたのは周知の通りですが、そのうちの2名も同様の容疑で逮捕されています。容疑を認めている者もいれば、高樹と同じく否認している者もいるようで、一体どちらが真実なのでしょうか。この事件、当分報道合戦が繰り広げられそうですね。

高樹といえば、テレビ朝日の看板ドラマ『相棒』に長年レギュラー出演していました。
『相棒』はテレ朝のキー各局で再放送が繰り返されていますが、今回の逮捕を受けて、再放送が高樹が出演していないエピソードに切り替えられたり、あるいは他のドラマの再放送に変更されたりしています。
↓は、私の住む関西地区のキー局・ABCテレビでの例です。

http://www.sankei.com/west/news/161025/wst1610250082-n1.html

幸いに現在放送中のシーズン15には出演してませんので、明日の放送分に影響はありません。しかし、テレ朝ならびにキー局にとって、過去のドラマの再放送とはいえ、高視聴率を獲得できるコンテンツが放送できなくなるのは大打撃でしょう。

本当、芸能人が事件を起こすと、各方面に多大なダメージを与えますね。
ぜひ肝に銘じてほしいです。

| | コメント (0)

2016年10月24日 (月)

警察アンソロジー 所轄

今月、ハルキ文庫より刊行された『警察アンソロジー 所轄』(日本推理作家協会編)。薬丸岳、渡辺裕之、柚月裕子、呉勝浩、今野敏による警察小説集です。
好きな作家である今野敏の作品が収められているので購入しました。まだ、トップの薬丸の作品しか読んでないので、今野の作品がどんなものかわかりませんが、お馴染みの安積班シリーズの中の一作なので、つまらないことはありえませんsmile
初めて読んだ薬丸の作品は、なかなか面白かったです。現代社会を痛烈に風刺した作風で、現実にも有り得えそうだな…と思いましたね。それがどんな内容なのかは、ぜひ本そのものを読んで確認していただきたいです。

過去に本作のようなオムニバス集はいくつか読んだことがありますが、日本推理作家協会が編集しているだけに、クオリティの高い作品だけになってますね。
以前読んだショートショート集は、まとまってなかったようなcoldsweats01

お手軽に質の高い警察小説を読みたい方に強くおすすめしておきます!

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

10/30は夕方まで買い物できない…

毎週日曜日は、近所のスーパーに買い物に行っています。そこでしか買えないものが多いので、重宝しております。大概行くのは午前11時から12の間です。
次の日曜日、つまり10月30日も買い物に行く予定ですが、この日はいつもの11~12時に買い物に行けません。なぜなら、この日は大阪マラソンが行われるからです。
自宅からスーパーまでの行く道筋に、大阪マラソンのコースがあります。マラソンが行われている間は、コースを横切ることができないので、必然的にスーパーに行けません。よって、この日は夕方に行くことにしています。
本当にちっぽけなことだけど、大阪マラソンの弊害ですねcoldsweats01

今日もいつもの時間帯に買い物に行ってきました。その最中、ふと「次の日曜日は時間帯を変えないといけないんだなぁ」と思いました。
次の日曜日は若干体内リズムが狂いそうですsweat01

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

串カツ「なにわ 八圓」

数年ぶりに大阪の観光地・新世界を訪れました。
目的は新世界の名物である串カツです。沢山食べたい!という思いから、食べ放題のコースがあるお店を検索して、見つけたのが「なにわ 八圓」です。食べ放題で1人1480円(税抜き)というお得な価格に惹かれて、このお店を予約しました。

お店の外観↓

S_img_0904
お店に入って、早速頼んだ串カツ↓。サクサクの衣、まろやかなソース、ボリュームたっぷりの具材、どれもが一級品でした。

S_img_0901
串カツ以外の一品料理も絶品です。その一例であるたこ焼き↓

S_img_0903
気が付けば、食べた串カツは20本近くになっていました。他にも一品料理をいっぱい食べたので、満腹になりました。
支払った金額は2200円(飲み物も含む)。この金額でいっぱい食べられたのはお得すぎますねhappy01

沢山ある新世界の串カツ店の中で、「なにわ 八圓」はそれほど知名度は高くありません(失礼!)。しかし、前述したように串カツを始めとする料理はみな絶品でした。隠れた名店と言えるのではないでしょうか。
次に新世界で串カツを食べるときは、また「なにわ 八圓」を利用したいです。

お付き合いいただいたひでき氏に心から感謝します!

おまけの写真:
新世界の名物・通天閣です。これを撮るのも久しぶりでした。

001

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

今度は山陰地方を襲った大地震

今日の午後2時7分に起きた大地震。
鳥取県を中心とした山陰地方が主な震源地となっておりますが、我が大阪も震度3から4の地震が襲いました。
その時間、居室中に携帯電話のアラームが一斉に鳴り響きましたね。これに大層驚きましたよ…。

大阪は直接の被害はありませんが、一部の電車がストップもしくは遅延する事態になっています。この記事を書いている22:45の時点でも、まだ正常運行になってない電車があります。
今回の地震において津波が来なかったのが救いですが、2000人が避難を余儀なくされています。

詳細:
http://mainichi.jp/articles/20161022/k00/00m/040/110000c

4月の熊本の地震に続き、今度は山陰地方で大地震が発生しました。こう立て続けに起こると、不安になりますね…。

| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

ポケットゴルゴ最新刊『フィアレス』

毎月、2冊ずつ刊行されるコンビニコミック『ゴルゴ13 POCKET EDITION』(通称:ポケットゴルゴ)。日にちは不定ですが、だいたい1冊目が10日前後、2冊目が25日前後に刊行されます。
今月の1冊目である『フィアレス』。買ったのは今月16日ですが、読み始めたのはつい数十分前でした。色々あって、読めなくてsweat02
とはいえ、読み始めたら早いです。一気に表題作『フィアレス』を読み終えました。この作品は、通常の依頼を受けたゴルゴがターゲットを抹殺するというストーリーではなく、ゴルゴを狙う刺客たちを次々に成敗していくという内容です。刺客のほとんどはマインド・コントロールで、ゴルゴを狙うよう洗脳されている殺人マシーンと化しています。ありとあらゆる手段でゴルゴを暗殺しようとしますが、それらを見事に跳ね返すゴルゴにあっぱれ!でしたね。
残りの4つのエピソードは明日以降に読んでいきますが、これらもあっという間に読み終えるはずです。本当にスイスイ読めてしまえるんでhappy01

今月はもう1冊ポケットゴルゴ『アラスカ工作員』が刊行されるので、そちらも世に出たらすぐに買います。
このマイブーム、まだまだ続きそうです。

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

【CM】日産グロリア 1997

定番のCMネタです。今回はこちら。

1997年に放送された日産グロリアのCMです。
1959年に販売が開始され、長く人気を博したグロリアですが、2004年に販売を停止しました。いわばもう見れない車のCMであります。
車のCMだけに全体的にスピード感のある出来栄えとなっています。そのスピード感の増幅に貢献しているのがCMソングの「FOREVER MAN」です。エリック・クラプトンの名曲を故・柳ジョージさんがカバーしています。
このカバーは同年に発売された柳さんのアルバム『Lovin’Cup』に収録されています。当初は商品化の予定はなかったのですが、反響が大きかったため、商品化されることになったそうです。
柳さんのカバーは何回も聴いておりますが、クラプトンのオリジナル・バージョンは聴いたことがありません。いつかは聴くことがあるでしょうか?

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

格付けチェック品格版第6弾の結果は…

本日放送された『芸能人格付けチェック ~一流芸能人に常識はあるのか!?スペシャル~』(ABCテレビ制作/テレビ朝日系全国ネット)。
『格付けチェック』には大きく分けて二つのバージョンがあります。一つは毎年元旦に放送される通常版、もう一つは正月以外の特番の時期に放送される品格版。今日放送されたのは品格版であり、通常版と異なるのは10名前後の芸能人が1つのチームとなって、常識問題に臨むのです(ただし、品格版の第一弾のみ通常版同様にチーム対抗形式でした)。
品格版が放送されるのは6回目。このうち第一弾を除けば、三流芸能人・そっくりさん・映す価値なしの結果となっています。では、今回はどんな結果に終わったのでしょうか?

結果は「映す価値なし」でした。特にチェック6の「日本の常識 神社の参拝と葬式」にて2ランクダウンしたのが痛かったと言えます。中でも三遊亭好楽師匠が挑戦したチェックは、悉く失敗に終わり、一度も「常識あり」に認定されませんでした。最後のチェックである「常識のある謝罪会見」も当然ながら「常識なし」の結果となり、この瞬間チーム全員が画面から消えてしまいました。
好楽師匠がチームの足を引っ張ったのは一目瞭然でしたねsmile

『格付けチェック』やっぱり今回も面白かったです。次は来年の元旦ですね。
それまでに過去の『格付けチェック』の再放送もしてほしいなぁ。絶対観るだろうからhappy01

| | コメント (0)

2016年10月17日 (月)

セキュリティの落とし穴

先日、職場でパソコンが起動しなくなる障害が発生しました。
早速、メーカーに修理を依頼。その際、ユーザー様よりパソコン内のデータを取り出してほしい(要はHDDよりデータ復元をしてほしい)との希望も付け加えました。
そして、後日メーカーから「HDDが暗号化されている場合は復元できない」との連絡を受けました。運が悪いことに、そのパソコンのHDDは暗号化されています。そのパソコンは社外に持ち出しすることがあるので、HDD暗号化ソフトをインストールしているのですが、それが裏目に出ました。結局、復元は諦めました。

年々、世間的にセキュリティを高める傾向が強くなっております。もちろんそれは意識すべきことなのですが、別の方にも意識しなければなりません。そうでなかったために、上記のようなデメリットが生まれてしまったのですから。
今回の事例で言えば、セキュリティだけでなく、データの取り扱いにも気を配るべきだったということです。

まだまだ勉強が足りませんな。日々勉強していきます!

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

CD鑑賞記 ヴェリー・ベスト・オブ・リトル・フィート

1969年に結成、71年にレコードデビューしたアメリカのロックバンド、リトル・フィート。
79年に一度解散するものの、88年に再結成、以降数多くのメンバーチェンジを繰り返しながらも活動を続けています。
そんな彼らのオールタイムベストとも言うべき、ベストアルバムが2006年発売の『ヴェリー・ベスト・オブ・リトル・フィート』です。全17曲収録されています。
前述のようにメンバーチェンジが多かったため、ボーカルも収録曲によって異なっていますが、いずれも自分の好みに合っておりました。
往年のファンは歴代の作品において、全盛期の70年代に発表された楽曲を好む傾向にあると思いますが、自分は後期の楽曲の方が好きですね。特に唯一の女性ボーカルである、ショーン・マーフィーが歌った「キャディラック・ホテル」がお気に入りです。

リトル・フィートに興味を持ったのは、先日の帰省時です。実家にある矢沢永吉のムックを読んだところ、矢沢が昔発売したアルバムをリトル・フィートのメンバーであるポール・バレアがプロデュースしたという記述を見て、「一度リトル・フィートを聴いてみたい」と思ったのがきっかけでです。
そして、色々検索して見つけたのが『ヴェリー・ベスト・オブ・リトル・フィート』でした。06年の本発売後、幾度か期間限定で再発売されており、昨年発売の期間限定版がかろうじてレコード店で購入できました。
聴いた結果は先に書いた通りです。正直、あまり期待していなかったのですが、それを覆す結果となりましたね。
おかげで正統派アメリカン・ロックを知ることができました。

さて、次はリトル・フィートと同じく、アメリカン・ロックの代表格であるドゥービー・ブラザーズのベストを聴いてみようと思います。このバンドのメンバーも矢沢のプロデュースに携わっていますし、矢沢ファンの自分ならばドゥービーのサウンドも合う可能性が高いですから。
ただ、ドゥービーのベストは現在入手困難です。また期間限定で再発売されるまで待つしかないだろうなぁ。

| | コメント (0)

2016年10月15日 (土)

着始めたジーユーパジャマ

だいぶ気温が下がってきたのでパジャマを春秋用のものに変えました。
今着ているパジャマは、ジーユーで買ったもの。前々からジーユーもしくはユニクロでパジャマを販売してくれないかと思っていたのですが、遂に実現しました。

69_266194
先月に予め買っておいたジーユーのパジャマにいざ袖を通してみると、ジーユーの衣料品特有の着心地の良さを感じました。「おお、こりゃいいやー」と思いながら着ております。
今のところ、ジーユーのパジャマは春秋用のものしか販売されていません。ただ、パジャマの代わりになるであろう、ルームウェアは販売されており、そちらで代用することも可能です。実際、夏に着ているパジャマは夏用のルームウェアを代用しています。
ただ、やはりできることならパジャマが出てほしいですねー。春秋用だけでなく、夏ものと冬ものも。もし出たら、即座に買うのに。

ジーユー、もしくはユニクロの経営者の方々、ぜひご検討ください!

| | コメント (0)

2016年10月14日 (金)

気遣いがなかった上司たち

私は中小IT企業に勤めています。この業界に居る方ならばご存知でしょうが、中小のIT企業の場合、自社ではなく客先で働くことがほとんどです。よって、自分の上司は自社と客先にそれぞれ存在します。
今も客先で働いておりますが、今の職場は昨年の夏から働いています。気が付けば、もう1年以上が経過しておりました。おかげさまでチームの人々はもちろん、お客様の方とも良い関係を築けております。
さて、今の職場は少し特殊な事情があり、ごく稀にですが帰宅後や休日に職場の上司から問い合わせの電話が掛かってくることがあります。その際、上司は「電話掛けてごめんね」と一言言ってから、用件に入ります。私自身も上司が休日の時に電話を掛ける場合は、必ず「お休み中、申し訳ありません」と言ってから用件を言うようにしています。まぁ、これが普通でしょう。

残念ながらそういう気遣いがなかった自社側の上司が数名居ます。
例えば最初に在籍していた会社でのこと。その当時、客先が交代制勤務だったため、平日休みもしくは平日の昼間に夜勤明けで眠っていることがありました。
そんな時にでも自社の上司はお構いなく電話を掛けてきました。その際にこちらを気遣う言葉は一切なし。こちらがいつでも電話に出るのが当たり前だと思ってるのでしょう。そりゃ、向こうは平日勤務かつオール日勤ですから、こちらが平日休みもしくは平日の昼間の夜勤明けなんて関係ないと言えばそれまでですが、それにしてももう少し気遣いができないのか?と思いましたね。
そもそもこちらのシフトを把握していないんです。管理職失格ではないでしょうか。

その次に在籍した会社の上司も、やはりこちらの都合お構いなしに電話を掛けてくる性質で、「頼むから急ぎの用事でないなら、昼休みもしくは定時後に掛けてほしい」と言っても、状況は変わらず。
一番ひどかったのは「今は電話しない方がいいとわかっていたが、早く伝えた方が良いと思って掛けた」と言い訳してきた時です。もう爆発しそうになりましたね。一見、こちらを気遣ってるふりをして、完全に自分の都合だけで掛けてきたのですから。
この上司は他にも問題点が多々あり、今もしょっちゅうトラブルを起こしているようです。

今、在籍している会社の直属の上司は、これまでの上司の中で最も信頼がおける方です。
また、先輩社員にも信頼できる方がおられ、ようやく自分の望む環境を手に入れられたと思っています。

そういうわけで、過去の上司たちを良い反面教師としています。要するにあいつらとは間逆のことをすればいいんですからsmile
直属の上司だった時は腸が煮えくり返っておりましたが、今となっては「悪い見本になってくれてありがとう!」と感謝すべきでしょうねー。

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

脳への刺激:ASMR

唐突ですが、私は25年前に不思議な感覚に襲われました。
ある漫画を読んでいたところ、後頭部がジーンとしたのです。といっても、全然痛くはなく、むしろ心地よいのです。うまく説明できませんが、その漫画の登場人物のセリフを読むごとに後頭部がジーンとして、心地よさを感じていました。
以降、その漫画に限らず様々な文章、映像や音などを見る、読む、聞くことにより、後頭部がジーンとなることが多くなりました。その都度、心地よさを感じていたのです。
最初のジーンから25年経ったつい最近、ふと「そういえば、いつも感じる後頭部のジーンは何なのだろうか」と思いました。そして、Googleで検索したところ、その感覚を説明しているサイトを見つけたのです。

ASMRとは?|頭がぼーっとして気持ち良くなる現象のこと
http://mimifukuan.com/201

ASMRとは"Autonomous Sensory Meridian Response"の略称で、直訳すると「自律的な感覚の絶頂的反応」になります。要は「好みの音や映像によって、頭がぼーっとして気持ち良くなっている『状態』」なのです。

上記のサイトでも紹介されていますが、試しに以下の動画をご覧ください。


いかがでしょうか。
実際に見て、冒頭に書いた「後頭部のジーン」を感じられた方もいるのではないでしょうか。

ASMRは、脳科学的にまだ解明されてないそうです。もっとも別に病気じゃないので、感じても感じなくても問題ないんですよcoldsweats01

上記のサイトを見て、長年疑問に思っていたことがすっきり解消されましたね。
今後、ますますASMRを感じるようになるでしょう。

最後に個人的にASMRを感じた動画を2つ紹介します。


この動画では、主に渡辺美奈代の声が心地よく感じました。また、加藤茶のおじいちゃん声も、彼の普段の声よりASMRを感じたのです。


こちらは、Mr.ビーンがクリスマスツリーの電飾を手に取るシーン(1:26頃)における、箱をカチャカチャと触る音が心地よかったです。
Mr.ビーンには、他にもASMRの効果があるコント映像が多々あり、かつてNHKで定期的に放送されていた頃はよくASMRを感じていたなぁ。

ASMRには、リラックスや安眠の効能があるそうですので、それらを熱望している方は一度お試しください。

| | コメント (0)

2016年10月12日 (水)

『相棒』シーズン15始動!

超人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の最新シーズン「15」が本日よりスタートしました。
前シーズンの最終回で晴れて法務省より警視庁へ移籍、更に特命係配属が実現したはずの冠城亘(反町隆史)ですが、何と配属したのは広報課。しかも、上司は特命係と縁の深い社美彌子(仲間由紀恵)。すっかりやる気をなくした亘はなし崩し的に特命係に合流、杉下右京(水谷豊)と共に難事件を解決する…というのが本日放送のエピソードのあらすじです。
何といっても今回は「呪い殺し」を捜査するという、オカルトの色満載の展開です。もちろん実際はそんなことはなく、様々なトリックが隠されているのです。右京と亘がそれらを難儀しながらも解いていく。その過程が面白いんですなぁ。
そして、最後は再び亘が特命係に正式に帰ってくるところで幕を閉じます。今日の放送分が十分に楽しめたので、来週以降も楽しみであります。

このシーズンも来年3月まで放送されるでしょう。
おそらく元旦スペシャルもあるでしょうし、最終回は二時間スペシャルとなることも確実でしょう。更にはその合間に劇場版の公開も控えています。
『相棒』の勢いはまだまだ健在ですね。

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

初のスピンオフ『24:Legacy』

世界的に人気を博しているアメリカのテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』。その『24』のスピンオフが来年2月より放送されると報じられています。

詳細:
http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/30888.html

スピンオフのため、主人公はジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)ではありません。報道によると、2人の主人公がいるようです。一人はコーリー・ホーキンズ演じるエリック・カーター、もう一人はミランダ・オットー演じるレベッカ・イングラムです。男女コンビが主人公ということで、また新たな新境地の開拓ですね。
エピソード数は全12話で、これまで通りリアルタイムフォーマットを維持するとか。となると、これもまた一話を見終わるごとに続きが気になってしょうがないという事態になるでしょうね。

本国アメリカでの放送が来年2月ということで、来年中には日本にも上陸すると思われます。
大々的なプロモーションが展開されるだろうなぁ。主演の二人が来日することも十分考えられます。
『24』のスピンオフ、大いに期待しています!

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

3冊目の角栄本

先月に『田中角栄 魂の言葉88』(昭和人物研究会編/知的生きかた文庫)を読んで以来、ますます角栄にまつわる書籍に興味を持つようになりました。
『魂の言葉88』を読み終わって、すぐに『田中角栄とその時代』(PHP文庫)を購入しました。この本は角栄の秘書だった早坂茂三(故人)が著したもので、若干文章が難解だったものの、こちらも楽しく読むことができました。近くで角栄を見てきた人物ならではの緻密な人物描写がよかったですねー。

そして、今日3冊目の"角栄本"を購入しました。購入したのは『田中角栄という生き方』(別冊宝島編集部編/宝島SUGOI文庫)です。近年の角栄ブームに火を付けたと言われる本ですが、実はつい最近まで存在を知りませんでしたcoldsweats01
2014年に単行本として出版され、先月に文庫化されました。現在、角栄本にはまっている自分にとっては、ちょうどいいタイミングでの文庫化でしたね。

内容は角栄の伝説、角栄の仕事術、角栄と縁が深い人物たちへのインタビュー、そして角栄の名語録。これらを4章に分けて構成しています。また、巻頭には特別グラビアと題した写真集が収録されています。
巻頭グラビア以外はまだ未読ですが、おそらくこれも『魂の言葉88』同様にさくさく読めるのではと思っています。

角栄ブームはどうやらまだまだ衰えないようです。その証拠に今後も続々角栄本が出版されるからです。
さすがに全部は読めないですが、可能な範囲で読んでいこうと思っています。さて、次に読む角栄本はどれになるかなー?

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

スケート天国

久々の無料ネットゲームの紹介です。今回はこちら。

Scate
フラッシュゲームの「スケート天国」です。
文字通りスケートのゲームであり、操作はマウスの左クリックのみ。ひたすら、障害物を避けながらスケートをしていくのです。
ステージが進むにつれて、障害物がレベルアップしていくのが特徴です。私の場合は3~4ステージまでが限界です。
ゲームが終わると、どれだけ障害物を避けたかがランク付けされますが、そのランキングを見ると中には「556」というツワモノがいました。上位でも100~200なので、いかにこの数字がずば抜けているかがお分かりいただけると思います。
私自身は100を超えたことはありません。どうやら自分の実力では無理みたいですsweat02

先に書いたように、操作方法が極めてシンプルなので、パソコンユーザーならば誰もがプレイできるでしょう。
興味が沸いた方はぜひ↓からプレイしてみてください。

http://www.gamedesign.jp/flash/skate/skate_jp.html

| | コメント (0)

2016年10月 8日 (土)

さよなら、竜爺

とても悲しい訃報でした。

「竜じぃ」天国へ 後輩にも愛され…吉本新喜劇50年以上支えた名脇役
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/08/kiji/K20161008013496190.html

2年前に体調不良で、急遽舞台を降板した竜爺。それ以来、すっかり姿を見かけなくなっておりましたが、まさかこんなに早く亡くなるとは…。
長年に渡り活躍し、仲間の新喜劇座員はもちろん、多くの人々から愛されていた竜爺。今日の新聞各紙の報道を見ると、ほとんどがそのように書かれています。
今回の訃報を知って、持ちネタである「三途の川や~」が現実のものとなってしまったんだなぁと思いました。実際同じ発想をしたネットユーザーが数多くおりました。反面、まだ早すぎるだろ!という思いもありますね…。

私は竜爺が出演した舞台を数え切れないほど観ました。お馴染みの「おじゃましまんにゃわー」や、いつのまにか寝ており、「寝んな!」と突っ込まれる、「この爺さん、ボケとるわ」に「誰がボケとんのじゃ!」と切り返すなどの持ちネタにどれだけ笑わされたことか。
また、二度実際に対面したこともあります。竜爺は過去に兵庫県尼崎市(竜爺の地元です)にて、飲み屋を経営されており、そこにお邪魔した時に対面しました。素の竜爺は、舞台と違って、全然お爺ちゃんではなくダンディでカッコよかったです。今思えば、その時に一枚ツーショット写真をお願いすればよかった…。

ずっと新喜劇を盛り上げてくれた名俳優に、心からご冥福をお祈りいたします。合掌

| | コメント (0)

2016年10月 7日 (金)

産地偽装を得意とする(?)日本郵政

こんなニュースを発見しました。

北海道フェアでノルウェー産のカニ 2200人に謝罪へ
http://www.asahi.com/articles/ASJB64SHCJB6UTIL01S.html?iref=comtop_8_07

これはかなりの失態ですねー。出された食べ物が北海道産と謳いながら、実際は外国産だったというわけですから。
ただ、過去にも同じように、施設で出された食べ物の産地が違うということがあったようで、その時の教訓が活かされてないことを露呈してしまいましたね。これは肝に銘じるべきです。

実は日本郵政は、過去にも似た事件を起こしています。
もう10年以上前なので、正確なニュース記事は残っていませんが、以下のサイトにその詳細が載っています。

【社会】「北海道のカニ」届いたのは「原産地カナダ」? 郵政公社「ふるさと小包」

http://www.logsoku.com/r/2ch.net/newsplus/1082913454/

この時は「法的に問題なし」と完全に開き直った態度でしたね。今回の件は謝罪してるので、対応としてはまだマシですが、やっぱり産地をきちんと確認してないのでしょうか。

自分自身、過去に郵政の委託の仕事をしていたことがあります。
その時に郵政の職員たちから傲慢な態度を取られたために、今でも郵政に対していい感情を抱いていません。
このようなニュースを見ると、ますます反感が強くなる気がしますcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

いつ始まる?ドラマ版『ランボー』

アメリカの俳優、シルベスタ・スタローンの代表作として知られる映画『ランボー』シリーズ。
2008年に第四作目となる『最後の戦場』が公開されて以来、新作が途絶えておりますが、現在本国アメリカではテレビドラマ版の制作が進行中とのことです。

自分が見つけた中では、もっとも最新の情報が以下のURLより参照できます。
http://eiga.com/news/20151231/13/

一時はスタローン自身も制作に関わると報じられていましたが、その話は消えたようです。
しかしながら、『ランボー』がドラマ化されるとあって、「どんな内容になるかなー」という期待がありますね。
『ランボー』のドラマ版なら、毎回スペクタクルなアクションシーンばかりになるんでしょうか。特に第二作目の『怒りの脱出』を彷彿とさせるシーンばかりだったら、第二作目のファンとして嬉しく思います。
気になる放送開始は未定です。上記のURLが昨年末のものなので、もしかしたらもう撮影に入ってる可能性もありますが、観れるのが当分先であることは間違いないでしょう。

なお、『ランボー』と同じくスタローンの代表作である映画『エクスペンダブルズ』シリーズもドラマ化が決定しており、こちらはスタローンも制作に関わっているとのこと。どちらかといえば、『エクスペンダブルズ』の方が先に放送が始まるのでは?と予想しています。スタローン自身が関わっている、いないだけでも差が出てくるでしょうから。

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

【CM】富士メガネ

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

札幌市に本社を置く「富士メガネ」のCMです。
ラストの♪富士メガネ~のジングルは、道民ならば一度は耳にしたことがあるでしょう。CMの内容は覚えてなくても、ジングルだけは覚えているという方は多いと思われます。実は私もその一人ですcoldsweats01実際、上記の動画を見ていても、内容は頭に入らないのにジングルだけはすんなり入ってくるんです。
先月は北海道に滞在する時間が長かったので、必然的に富士メガネのCMを見る機会が多くありました。ジングルを聴くたびに、「うーん、懐かしい!」と思ってしまいましたね。最低でも25年以上は放送されているはずだから。

富士メガネの店舗は、ほとんど北海道に存在します。他の地域では青森県と関東地方に数軒ずつ存在しますが、やはり道内でのシェアが圧倒的です。
今も北海道に住んでいたら、縁があったかもしれませんが、生憎今は別のところに居ます。縁がないのがちょっと残念…。

| | コメント (0)

2016年10月 4日 (火)

約1年ぶりの『逃走中』

フジテレビで不定期に放送されているバラエティ番組『run for money 逃走中』。
昨年11月に放送されて以来、しばらく放送が途絶えておりましたが、今月9日に放送されることとなりました。
横浜・八景島シーパラダイスを舞台に16人の挑戦者がハンターたちから逃走します。顔ぶれを見ると、今年ブレイクした著名人が多いようです。藤田ニコルやりゅうちぇるがその典型でしょう。
さぁ、今回は逃走に成功する挑戦者はいるのでしょうか。個人的に前述の2名は早々に脱落してほしいですsmile特にりゅうちぇるは恋人が大金持ちなんだから、お金は必要ないでしょうし。

『逃走中』の放送が約1年ぶりとあって、期待感が高まっております。マーク・大喜多の緊迫感あるナレーションも楽しみだhappy01

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

目的が変わった今回の帰省

今年5回目の帰省を終えて、今日大阪に戻ってきました。
前回、前々回の帰省が急遽決まったのに対し、今回は一ヶ月前に決まっておりました。そもそも今回の目的は、父の見舞いだったのです。
まさか、一ヶ月前に飛行機の予約を取った際は、実際の帰省時にすでに亡くなっているとは予想もしませんでしたので…。

というわけで、今回の帰省の目的は来月に執り行われる四十九日法要の打ち合わせとなりました。
色々話し合った結果、ほぼ決まりました。よって、また来月に帰省しなければなりません。
すでに飛行機の予約は済んでおります。あとは当日、きちんと飛行機が飛べば何も問題ありません。
ちなみに今日の飛行機(新千歳発関空行き)は、30分遅れでの出発となりました。LCCではよくあることですが、いざ自分が搭乗する飛行機がこういう事態になると、イライラしますねangry
いつもこのような事態になると、Twitterで情報を発信するのですが、なぜか自分の乗った飛行機のことはツイートされませんでした。遅延することが直前にわかったので、ツイートの必要なしと判断されたのかな?

とにかく次回は遅延しないように祈りたい!

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

白いロールケーキ

書き忘れておりましたが、昨日よりまた帰省中です。
今回の帰省は、もともと8月下旬から決まっていたことでした。7月の帰省の後、次は9月末だろうなーと漠然と思っていました。8月下旬になって、正式に帰省の日にちが決まりました。その時は、また父のお見舞いに行かないとと思っておりましたが、まさかその前に永眠するとは思いもよらず…。

今回の帰省は永眠による通夜・告別式が終わって、最初の帰省となります。ちょっと遺品を整理したり、四十九日や納骨の打ち合わせをしたりといった感じです。

さて、今日になって姉と甥も実家に帰ってきました。
早速、昨日新千歳空港で甥へのお土産として買った石屋製菓の「白いロールケーキ」を振舞いました。これを食べるのは、実は自分も初めてでしたが、想像以上に美味しい!ふんわりしたスポンジケーキとホワイトチョコレートのハーモニーが絶妙なんです。甥も満足してくれましたhappy01

Giftbazaar_90106
いつもなら、甥へのお土産は自動車や電車のおもちゃなのですが、前回の帰省時に甥が「ケーキが好き」ということを知って、「じゃあ次はケーキにしよう」と決めていました。
最初は同じ石屋製菓より製造・販売されている「白いバウム」にしようと思ってましたが、新千歳空港の土産物屋で、「白いロールケーキ」を見つけて、即座にそちらに変えました。自分でも食べてみたかったからですcoldsweats01
結果的に大成功だったのでよかったです。

石屋製菓のお菓子といえば「白い恋人」があまりにも有名ですが、「白いバウム」や「白いロールケーキ」もとても美味しいお菓子です。
まだ土産に買ったことがない方、一度買ってみてください!

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »