« 産地偽装を得意とする(?)日本郵政 | トップページ | スケート天国 »

2016年10月 8日 (土)

さよなら、竜爺

とても悲しい訃報でした。

「竜じぃ」天国へ 後輩にも愛され…吉本新喜劇50年以上支えた名脇役
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/08/kiji/K20161008013496190.html

2年前に体調不良で、急遽舞台を降板した竜爺。それ以来、すっかり姿を見かけなくなっておりましたが、まさかこんなに早く亡くなるとは…。
長年に渡り活躍し、仲間の新喜劇座員はもちろん、多くの人々から愛されていた竜爺。今日の新聞各紙の報道を見ると、ほとんどがそのように書かれています。
今回の訃報を知って、持ちネタである「三途の川や~」が現実のものとなってしまったんだなぁと思いました。実際同じ発想をしたネットユーザーが数多くおりました。反面、まだ早すぎるだろ!という思いもありますね…。

私は竜爺が出演した舞台を数え切れないほど観ました。お馴染みの「おじゃましまんにゃわー」や、いつのまにか寝ており、「寝んな!」と突っ込まれる、「この爺さん、ボケとるわ」に「誰がボケとんのじゃ!」と切り返すなどの持ちネタにどれだけ笑わされたことか。
また、二度実際に対面したこともあります。竜爺は過去に兵庫県尼崎市(竜爺の地元です)にて、飲み屋を経営されており、そこにお邪魔した時に対面しました。素の竜爺は、舞台と違って、全然お爺ちゃんではなくダンディでカッコよかったです。今思えば、その時に一枚ツーショット写真をお願いすればよかった…。

ずっと新喜劇を盛り上げてくれた名俳優に、心からご冥福をお祈りいたします。合掌

|

« 産地偽装を得意とする(?)日本郵政 | トップページ | スケート天国 »

お笑い」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 産地偽装を得意とする(?)日本郵政 | トップページ | スケート天国 »