« ザ・ハッピーエスケープ12 | トップページ | 実録映画の金字塔『山口組三代目』 »

2016年12月29日 (木)

暴言の恨みは一生消えない

実に呆れるニュースです。

「クズ」「学校やめろ」教諭の暴言で生徒が不登校に
http://www.nikkansports.com/general/news/1758477.html

常にこの手のニュースは繰り返し報道されていますが、一向にそのような教師が減らないのは本当に不思議ですね。
やはり当人に自覚がないんでしょうな。もし自覚があったとしたら、この手の報道を見て暴言をやめるはずですから。
不登校になった生徒に心から同情します。

自分の過去を振り返ると、教師から暴言を吐かれたこともありますが、むしろ社会人になってから吐かれた暴言の方が深く心の傷として残っています。
ある身体の事情を抱えていたのですが、そのことを当時働いていた職場で繰り返し指摘され、その都度「早く病院に行けよ!」とせかされていました。病院に行って治ったら、今度は「何でもっと早く行かなかったのか?」と責められました。
これだけでも十分傷つきましたが、追い討ちをかけるように「よくここまで社会人としてやってこれたな」、「この仕事、無理じゃないの?」とまで言われました。断っておきますが、こちらに暴言を吐き続けた人物は別に上司でも先輩でもありません。同じ職場で一緒に働いていたとはいえ、別会社の人間です。なぜ、そのような人物にここまで言われなければならないのか…。
結局、その職場は短期間で離れることになりました。それ以降、2つの職場で働きましたが、いずれも業種は同じ。つまり件の人物が言い放った「この仕事無理じゃないの?」は完全に間違っていたことになります。要は「"この仕事"が無理だった」ではなく、「"この職場の環境"が無理だった」ということ。これは自信をもって断言できますね。

こいつに対する恨みは今も消えていません。一生忘れないでしょう。
教師に暴言を吐き続けられた生徒も、もしかしたら私と同じように一生忘れないかもしれません。
そうでなければよいのですが…。

|

« ザ・ハッピーエスケープ12 | トップページ | 実録映画の金字塔『山口組三代目』 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・ハッピーエスケープ12 | トップページ | 実録映画の金字塔『山口組三代目』 »