« 2016年最後の『ゴルゴ13 POCKET EDITION』 | トップページ | 開業10周年の今里筋線 »

2016年12月20日 (火)

再開する『極妻』シリーズ鑑賞

今年の夏にシリーズ16作中、8作を観たヤクザ映画『極道の妻たち』。
8作目を観終わった後にしばらく鑑賞が途絶えていましたが、今週末より再開予定です。
ひとまず9作目の『危険な賭け』と10作目の『決着(けじめ)』を観たいですね。この2作を観れば、劇場版を完全制覇したことになりますから(11作目以降はVシネマ版となります)。
とりあえずゲオにDVDを借りに行った際に、この2作が貸し出し中でないことを祈ります!

こちらのシリーズ、近年は暴対法の影響などで、地上波ゴールデンタイムでは放送されていませんが、10年ほど前までは定期的に放送されていました。
私自身が地上波で観た記憶があるのは、第4作目まででしょうか。4作目に出演していた高嶋政宏を覚えているので、おそらくそこまででしょう。
つまり5作目以降は初めて観たことになります。7作目には昨年亡くなった川島なお美さんが出演されており、世良公則との濃厚な濡れ場を演じられていたのが強烈な印象でしたね。ちなみに世良は第1作目ではかたせ梨乃との濡れ場を演じており、これが大いに話題となり、『極妻』シリーズの人気を決定付けたとも言えます。
現時点で最後に観た8作目には、先ごろ亡くなったばかりの島木譲二さんも出演されていました。意外にもヤクザ役ではなかったのかな?すいません、完全に役柄を忘れております

運が良ければ、11作目も借りれるかもしれません。
ドキドキしながら、ゲオに行くことになるはずです。

|

« 2016年最後の『ゴルゴ13 POCKET EDITION』 | トップページ | 開業10周年の今里筋線 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年最後の『ゴルゴ13 POCKET EDITION』 | トップページ | 開業10周年の今里筋線 »