« 復帰時期はどうなる?狩野英孝 | トップページ | 新たな習慣:神様への祈り »

2017年1月22日 (日)

CD鑑賞記 Paradise ~夏の恋を続けよう~/杉山清貴

1993年に発売された杉山清貴の『Paradise ~夏の恋を続けよう~』。
杉山は90年にレコード会社をバップからワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージックジャパン)に移籍。本作は移籍後の楽曲を収めたベストアルバムです。
杉山のベストアルバムといえば、シングル曲を中心に選曲されているものが多いのですが、本作はアルバム収録曲が中心となっています。更には他では聴けないシングルのカップリング曲も収められています。なかなか良質なベストアルバムだなぁと思いました。なお、シングル曲で唯一収録されているのはトップを飾る「LIVIN’ IN A PARADISE」です。
一番印象深いのは5曲目の「THE BIG BLUE」でしょうか。サックスを大々的にフィーチャーしているのがVery good!他、ダイドー・スボエネのCMソングだった「ROCK ISLANDS」や、杉山の醍醐味であるリゾート感を全面的に押し出した「サーフボードが折れた朝」なども佳曲であrます。

本作は93年の本発売後、長らく廃盤となっていましたが、昨年に杉山のソロデビュー30周年を記念して再発売されました。
再発売にあたり、デジタルリマスタリングによる音質向上が施されただけでなく、価格も大幅に値下げされました。購入しやすくなったのは言うまでもありません。
「ワーナーさん、ナイス!」と声を掛けたいですhappy01

|

« 復帰時期はどうなる?狩野英孝 | トップページ | 新たな習慣:神様への祈り »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復帰時期はどうなる?狩野英孝 | トップページ | 新たな習慣:神様への祈り »