« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

2年連続裸芸がR-1チャンピオンに

毎年この時期の恒例であるR-1ぐらんぷり。
今年は決勝進出者9名+敗者復活枠3名の計12名で争われ、チャンピオンに輝いたのはアキラ100%でした。
アキラ100%といえば、全裸で股間をお盆で隠してネタを行う芸風で知られています。下手すれば、放送できない部分が生放送中に出てしまう危険性がありましたが、それをすることなくネタをやり切りました。そして、最後は優勝という最高の結果で終わりました。
昨年のR-1はハリウッドザコシショウが優勝しましたが、彼も裸でネタをやる芸人です。ということで、2年連続R-1のチャンピオンは裸芸をやる芸人がなったのでした。

それ以外の決勝戦進出者も面白かったです。とにかくハイテンションのサンシャイン池崎、芸暦2年目ながらR-1の決勝にまで勝ち進んだブルゾンちえみ、敗者復活戦から勝ち上がったおいでやす小田などが印象に残っています。

ただ、R-1に優勝できたから後は安泰…というわけではありません。
実際、過去の優勝者の中には優勝後もブレイクできず、数年経った現在も未だにアルバイトをしている芸人がいるそうです。
アキラ100%がそうなるかならないかは本人次第です。どこまであの裸芸を続けていけるかも課題でしょうね。

今年の決勝戦を観終わって、「また来年も観て楽しみたい」と思いました。
あと1年ありますが、気長に待つことにします。

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

新刊:阪急電車の本

先月刊行された『阪急電鉄 スゴすぎ謎学』(小佐野カゲトシ著/KAWADE夢文庫)。文字通り、阪急電車の雑学本です。
3~4年ごとに鉄道の本を読んでいる私ですが、どうやらその時期にさしかかったようです。前回は2013年8月に同じく阪急電車を取り上げた本『阪急沿線 謎解き散歩』(私鉄沿線散歩の会編/新人物文庫)を読んでいるからです。
しかしながら、また阪急電車の本になるとは…。どうやら阪急電車は、関西の私鉄では話題が多いようですね。他の私鉄と比べると、格段に書籍の数が多いです。
今のところ未入手で、本屋でぱらぱらとめくった程度ですが、面白そうな感じでしたのでいずれしたいです。
ただ、今月来月と読みたい本が次々に刊行されるので、この本を入手するのは当分先でしょう。何とか年内には入手したいと思っています。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

【CM】平成館 「オープン」編B

定番の北海道ローカルCMネタですが、今回は前回と同じ函館市のホテル「平成館」のCMです。

前回紹介したオープン編・C同様、CMキャラクターは大滝秀治さん(故人)が務めています。やはり大滝さんの語りは旅の良さを伝えるだけで、平成館には一切触れないし、また映像の中に平成館らしき建物は映りません。最後に平成館のオープンを告知するナレーションとテロップがなければ、何のCMかわかりませんねcoldsweats01
あと、大滝さんと一緒に居る女性も気になります。女優なのか、エキストラなのかわかりませんが、結構若い女性です。そのために、下手すれば祖父と孫娘が旅行しているみたいに見えてしまうかも?

本CMは、平成館を運営するトーホウリゾートの公式チャンネルにアップロードされています。トーホウリゾートの公式サイトにもアップされており、そこに「1990年5月(に放送)」と表記されています。これがなければ、いつ放送されたのかが分からないままでした。
北海道ローカルのCMでありながら、誰もが知っている大物俳優が起用されています。しかし、本CMに関する情報はほとんどネット上にないです。あまり話題にならなかったのか…。

CMネタは当ブログにおける定番記事です。もう相当前から書いてますが、ネタは尽きないですねー。
最初に書いた時は、まさかここまで続くとは思いませんでした。今後も当ブログの看板(?)としていきますsmile

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

平成の集団就職?

昨今、「ブラック企業」という言葉が完全に世に浸透しております。
ブラック企業の定義は複数ありますが、その中の一つに「新卒大量採用」というものがあります。
実は私が新卒で入った会社(以下、A社)がこれをやってまして、予め退社することを前提に雇っています。実際、入社から1年後に残った社員は半分ぐらいだったと思います(80名→40名ぐらいか?)。
しかも、A社は地方から人を雇います。例えば東京で働かせる社員は北海道・東北から、大阪で働かせる社員は九州・中国・四国からです。
そのために兵庫県神戸市の職場で働いた時、他の会社から来ている人のほとんどが関西出身であるのに対し、私を含むA社の社員は北海道・東北出身者ばかりで、他の会社の人から「何でおたくの会社は北海道や東北出身者ばかりなの?」と疑問を投げかけられました。それに当時は答えられませんでしたが、今となってはあくまで推測ですが、一応答えられます。
A社が地方から人を雇うのは、すばり「会社の都合で引越しさせられるから」です。A社は人材派遣のIT企業なので、社員の働く場所はほとんどが客先です。地元出身者はすでに住んでいるところがあるので、そう簡単に引越しさせられませんが、地方出身者ならば容易に引越しさせることが可能だからです。
当然のことながら、客先が変われば職場も変わります。で、A社は職場が変わったら、家も変えさせるのです。名目上は社宅を変えることになります(とはいえ、家賃は全額給料から天引きされます。もしかしたら本来の家賃より少し多めに差し引いていた(例:家賃は5万円だが、天引きの金額は6万円)可能性も…)。
このせいでA社在籍の4年間で5回も引越しをさせられるハメになりました。これがA社を退社する最大の要因でした。
なぜ、いちいち引越しさせるのかというと、「客先に対する媚売り」です。要は「うちは社員を客先の近くに引越しさせますから、いくらでも残業・休日出勤OKですよー」ということです。また、近くに引越しさせることによって、通勤定期代の削減にも繋がるので、A社にとってはメリットが非常に大きいんですね。

まぁ、確かに会社にとってはメリットがあるけれど、社員にとってはデメリットばかりです。残業・休日出勤いくらでもOKなんて、どんだけ働かせる気なのか…。事実、私は上司から「もっと残業するように」と命令されたことがあります。これだけでブラック企業ということがわかりますよね。

このように地方から社員を大量採用することによるA社のメリットは、非常に大きいものなのです。「一石二鳥」どころか、「一石五鳥」ぐらいになってるのではないかと思います。

A社は一時期と比べると、大量採用を抑えているようですが、地方から社員を雇うのは変わらずのようです。
なんかA社を見ていると、かつて高度経済成長期の風物詩であった集団就職に思えます。「平成の集団就職」と言ってもおかしくないような?

まだまだA社の話題はつきませんので、不定期に当ブログに書かせていただきます。完全に糾弾記事ですがcoldsweats01

そして、間違っても他の会社はA社を模倣しないでいただきたいです。これ以上、A社のようなブラック企業から被害を受ける人々が増えないためにも…。

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

あの若造指導者が狙われる日は近い?

連日報道されている金正男暗殺関連のニュース。
目下、暗殺を命じたとされる金正恩を諸外国が的にかけるのでは?という憶測記事がありました。

クーデター誘発も 中国が本気で進める「金正恩拘束」作戦
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199761

上記の記事では、中国だけでなくアメリカも拘束に打って出るのではと書かれています。これが実現したら、遂にあの若造指導者に天誅が下されることになりますね…。
もはや、あの若造を止められるのは北朝鮮内では無理でしょう。となると、諸外国になりますが、その筆頭が中国とアメリカなわけですね。
記事の締めくくりが「(北朝鮮は)自分で自分の首にロープを巻いたことになる」となっていますが、これを読んだ方は皆共感されるのではないでしょうか。

どんどんおかしな方向になっているのに、あの若造はどうして気づかないのかなぁ。あいつの頭の中の構造はどうなってるのでしょうか。理解できる人はおそらくいないでしょう。

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

今夏に新作のDVDが発売予定の『24』&『プリズン・ブレイク』

日本における海外ドラマのブームを巻き起こした作品といえば、『24 -TWENTY FOUR-』と『プリズン・ブレイク』が挙げられます。
共に一旦は終焉したものの、くしくも2作共に今年に入ってから最新作が放送されることになりました。『24』はすでに本国アメリカでテレビ放送が実施されており、日本でもケーブルテレビでの放送が始まっています。『プリズン~』は今春に本国で放送開始の予定です。
両方とも日本でのDVD発売元は20世紀フォックスエンターテインメントが行っています。それぞれの公式サイトを覗いたところ、両方とも今夏に「(DVDが)リリース予定」となっていました。
何度も当ブログで書いてますが、私は廉価版が出るまでDVDを買いません。なので、両方とも観るのは来年以降になるでしょう。本当はすぐにでも買いたいところですが、ぐっと我慢しますsmile
大まかなあらすじを見る限り、どちらも面白そうです。DVDが発売されたら、またまた話題を呼ぶこと間違いなし!でしょう。

最新情報を知りたい方は、以下のURLを参照ください。

24:
http://video.foxjapan.com/24/

プリズン・ブレイク:
http://video.foxjapan.com/tv/prisonbreak/

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

Y氏の部屋からの脱出4

無料ネットゲームのサイト「MILD ESCAPE」にて、最新作が公開されました。
今回の新作のタイトルは「Y氏の部屋からの脱出4」。あらすじは以下の通りです。

久しぶりにY氏から連絡があった。
景色の良い所に引っ越したから遊びにおいでって・・
早速遊びに来てみたら
「ホットケーキとコーヒーでも作りながら待ってて」だって
それじゃあ、がんばりますか!

ちょっと脱出と結びつかないですねsweat01

Yshi4
これは難易度がかなり高いです。全く歯が立ちませんでした。攻略サイトを見なければ、一つも謎が解けなかったかも?
一方でホットケーキを作る過程は楽しかったですね。いかにも美味しそうなホットケーキなので、食べたくなりましたhappy01

「Y氏の部屋からの脱出4」は今年最初のMILD ESCAPE新作となります。なおかつ2ヶ月ぶりの新作でもあります。
何度も書いてますがMILD ESCAPEの新作公開は本当に不定期です。そういう特徴があるために、そんな頻繁に公開されないとわかっていてもついついアクセスしてしまいます。それだけ新作が楽しみであると思っていてくださいcoldsweats01

「Y氏の部屋からの脱出4」をプレイしたい方は、↓をご覧ください。
http://www.mildescape.com/game_1.html

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

CD鑑賞記 ザ・ベスト/フランク永井

1955年にデビューした歌手・フランク永井。
57年に発売したシングル「有楽町で逢いましょう」が大ヒットし、一躍人気歌手の仲間入りを果たしました。その後も「羽田発7時50分」、「東京ナイト・クラブ」、「おまえに」などのヒット曲を数多く発表しましたが、85年に自殺未遂騒動を起こし、事実上歌手を引退しました。そして、2008年に76歳で逝去しました。
85年以降、新作は発表していないものの、根強い人気があります。特に08年の逝去後は、次々にベストアルバム、企画アルバムが発売されています。
今回紹介する『ザ・ベスト』は、2013年に発売されました。「有楽町で逢いましょう」を筆頭に全20曲が収録されています。前述した3曲はもちろん、「君恋し」、「東京午前3時」、「公園の手品師」、「大阪ろまん」など名曲揃い。ラストを飾る山下達郎作詞・作曲の「WOMAN」も素晴らしいです。
これらの名曲を独特の低音ボーカルで歌いこなしています。魅惑の低音と呼ばれる所以がよくわかりましたね。

一般に「フランク永井=ムード歌謡」というイメージが定着していると思いますが、彼は非常に幅広いジャンルの曲を積極的に歌っていました。
その証拠となるのが、企画アルバム『フランク永井 ザ・カバーズ』です。2014年に2枚、15年に1枚と計3枚発売されたこちらの企画アルバムは、文字通り彼が歌ったカバー曲を収めたものですが、収録された曲の一覧を見れば、そのことは一目瞭然です。
今回紹介した『ザ・ベスト』は予想以上に満足いく内容でしたので、『ザ・カバーズ』もいずれ購入したいと思っています。

フランク永井は、完全に自分の世代(30代半ば)には馴染みのない歌手です。そんな歌手になぜ興味を持ったのかというと、10年以上前に購入したオムニバス『大阪ソウルバラード番外編』を久々に聴いたからです。
このオムニバスにフランクが歌った「大阪ろまん」が収められており、それを聴いて「フランクは他にどんな歌を歌っているのだろうか?」と思ったのです。
そして、本作をネット通販サイトで試聴した結果、ぜひアルバム全体を聴いてみたいと思いました。それで購入したのが本作というわけです。

前述したように30年以上前に活動を休止したわけですが、今もCDが発売され続けています。本当に根強い人気があるということが伺えますね。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

『未解決事件 ロッキード事件』がDVD化

2016年7月23日と24日、2日連続でNHKで放送された『NHKスペシャル 未解決事件 ロッキード事件』。文字通り、ロッキード事件を取り上げたドラマとドキュメンタリーです。
3部構成となっていて、1部と2部がドラマ、3部がドキュメンタリーとなっていました。このうち、2部のみ知人より録画したものをDVDにコピーしてもらって観ましたが、あとの2部は未視聴。もう再放送の機会もなさそうなので、半ば視聴を諦めておりました。
が、そんな矢先に朗報が届きました。番組のDVDが今年4月21日に発売されます。これで観逃した分を取り戻せますhappy01
ただ、第1部だけ一部カットされるらしく、完全版ではありません。やはり本放送を観ないとダメですねー。

『未解決事件』は第5弾まで制作・放送されています。うち、DVD化されているのは第一弾の『グリコ・森永事件』だけです。このこともあり、『ロッキード事件』の回のDVD化は無理かなぁ?と思ってました。結果的に予想が外れたので、大満足ですsmile

発売日が4月21日ということは、ゴールデンウィークの直前です。どうせならゴールデンウィーク中に観ようかな?ちょうどいいタイミングだから。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

来店の機会が急増中のDCMダイキ

数ヶ月前から、ちょくちょく訪れているホームセンター「DCMダイキ」なんば店(大阪市中央区)。
こちらのホームセンター、いわゆる大阪の千日前に存在するわけですが、千日前の中心部からは若干離れています。そのため、存在は以前から知っていたものの、ほとんど足を運ぶ機会はありませんでした。
それがなぜ足を運ぶようになったのか。理由は昨年3月にジュンク堂書店千日前店が閉店し、代わりにジュンク堂書店難波店を訪れるようになったからです。ジュンク堂の難波店はマルイト難波ビルの3Fにあります。一方、DCMダイキのなんば店は1Fと2Fにあります。
当初はジュンク堂を訪れる時に、ついでにダイキの方にも足を運んでいたのですが、いつのまにかジュンク堂よりダイキの方に足を運ぶ機会が増えておりました。結構いいものが安く買えることに気づいたからです。
特によく買っているのは、ダイキのプライベートブランドの缶コーヒーです。これがなかなか美味いし、おまけに安い。他にも洗濯ネットなどの良質な生活用品、更にはOAクリーナーなどのパソコンサプライも安く買えるんですよね。
最近では家の近くのホームセンターより、ダイキなんば店の方が足を運ぶ頻度が高くなっています。

できればダイキの店舗が家の近くにできてほしいものですが、まず無理だろうなぁ。すでに2つのホームセンターが存在するし、新規開店ができそうな土地もないし。
というわけで、しばらくの間はなんば店に通いつめよう(?)と思っています。今後ともよろしくお願い致します!

| | コメント (2)

2017年2月18日 (土)

更に2冊再刊『小説 聖書』

先日、当ブログにて紹介した『小説「聖書」 旧約篇上』(徳間文庫カレッジ)。旧約聖書の小説版です。
その紹介記事の中で、「いずれ新約聖書の小説版も再刊されるのでは?」と書きましたが、そうなることがわかりました。また、旧約編の下巻も再刊されることがわかりました。
来月に旧約編の下巻(正式名称は『小説「聖書」 旧約篇下』)、再来月に新約聖書の小説版(正式名称は『小説「聖書」 新約篇』)がそれぞれ徳間文庫カレッジから再刊されます。

詳細:
旧約篇下→https://honto.jp/netstore/pd-book_28283246.html
   新約篇→https://honto.jp/netstore/pd-book_28340192.html

というわけで、当初は来月に購入予定だった『旧約篇上』は今月中に購入することにしました。早く読まないと、あとの2冊に追いつけないのでcoldsweats01

まぁ、この3冊を読むことにより、完全ではないにしても、旧約聖書・新約聖書の世界観が理解できるかと思います。また、それにより今毎日しているお祈りについても、より一層深い意味をもってできるはずです。礼拝に行く理由もぐっと深まるでしょうね。

一つ難色を示すなら、3冊とも文庫とはいえ、若干価格が高めです(全て1000円以上)。
というわけで、購入は全てオンライン書店の「honto」にします。こちらならWebクーポンが使えるので、少し安く買えるんですsmile

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

初めて行った理髪館三宮店

Risan
先週土曜日に訪れた理髪館三宮店(兵庫県神戸市)。
理髪館とは株式会社マツモトがチェーン展開している理容店で、大阪府と兵庫県に20店舗展開しています。
今回訪れた三宮店は昨年7月にオープンしました。普段はなんば本店(大阪市中央区)もしくは天六店(大阪市北区)で調髪してもらってますが、たまたま三宮に行く用事があったので、ついでに調髪してもらいました。
理髪館の調髪は、カット・シャンプー・顔そりが全てセットとなっています。通常、料金は1800円ですが、三宮店はまだオープンして間もないので1300円となっています。要はこれも三宮店で調髪してもらった理由ですねhappy01
5分ほど待ち時間はあったものの、すぐに調髪してもらうことができました。30分後には頭がすっかりキレイになっていましたね。

とはいえ、三宮店に行く機会はほとんどないでしょう。三宮自体に足を運ぶ機会があまりないし、何より家から遠いsweat01
よほどタイミングが合わないと行けないんだなぁ。

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

付箋で度忘れ防止

Fusen

Windows 7より標準搭載されているアプリ「付箋」。
以前から存在は知っていたものの、全く使うことはありませんでした。せいぜい職場の人々が使っているのを見かけるぐらいでした。
しかし、一週間ほど前、あることを度忘れしました。毎日習慣づけることを決めた矢先に、それを忘れてしまい、情けない思いに駆られました。
そこで度忘れ防止として活用することにしたのが「付箋」です。上記画像と文言は違いますが、毎日それを見ることにより、度忘れを阻止しています。

こちらのアプリ、かつては標準搭載されておりませんでした。それまでは世のユーザーはフリーソフトなどで代用していたと思われます。
しかし、Windows 7より標準搭載され、容易に使用することが可能となりました。機能面では他の付箋アプリより劣るかもしれませんが、手軽に使えるというのは利点ですね。

聞くところによると、Windows 7以降のWindows OSにも標準搭載されているそうです。後のOSにも搭載されるということは、評判が上々だったのでしょうね。

どんどん便利なアプリを標準搭載してください!

| | コメント (0)

2017年2月15日 (水)

薬師寺金堂再建のドキュメンタリー

昨年11月に初めて購入し、すっかり虜となったNHK『プロジェクトX 挑戦者たち』のDVD。このたび、通算3枚目となるDVD『幻の金堂 ゼロからの挑戦 ~薬師寺・鬼の名工と若武者たち~』を入手しました。
2000年10月17日に放送されたこちらの回は、奈良市にそびえる薬師寺金堂の再建を手がけた男たちの物語を描きます。主要登場人物となるのは法隆寺を始めとする奈良の寺院の再建を数多く手がけた棟梁・西岡常一さん(故人)と彼の元で働いた30名の大工。大工たちの証言を中心に薬師寺がどのように再建されていったのかが描かれています。
個人的に薬師寺再建云々よりも、西岡さんの姿を見たくて、このDVDを買ったと言えます。今から20年前でしょうか。中学校の国語の教科書に載っていた西岡さんを見たのです。それから少しして、西岡さんは亡くなりました。そのことが妙に印象に残っていました。
それから20年後、ふとそのことを思い出し、西岡さんのことをGoogleで検索。そこで見た西岡さんの功績は、予想以上でした。今、奈良にそびえる法隆寺や薬師寺に多大な貢献をしていたのですから。またそれだけでなく、とても個性的な人柄であったことが窺い知れました。
そして、『プロジェクトX』にて西岡さんのことが取り上げられ、しかもその回がDVDとなっていることを知って、即座に購入を決めました。

実際に見た結果、西岡さんのことが詳しく紹介されていることには満足しました。ただ、もう少し西岡さんの肉声を聴きたかったというのが本音です。あまり喋っている映像はないのかもしれませんけど、少なすぎーと思いました。

西岡さんが手がけた建築物のうち、法隆寺は足を運んだ経験があります。一方、薬師寺は行ったことがありません。
一度は行っておきたいですね。観光名所だし、何より西岡さんが居た場所に足を運んでみたいから。

なお、『プロジェクトX』のDVD購入は今後も続けます。次は自分が生まれた年(1982年)に起きた大事故・ホテルニュージャパン火災を取り上げた回を購入予定です。

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

更に波紋を呼びそうな北朝鮮の処刑劇

気になるニュースを発見しました。

金正男氏を毒殺か 正恩氏の異母兄
http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00m/030/092000c

もしこれが事実だとしたら、ますます今の北朝鮮の指導者の横暴が加速しているように思えますね…。身内(と、指導者自身は思ってないかもしれませんが)でも、容赦なく処刑するんですから。
これまでにも身内を処刑してきた正恩ですが、とりわけ2013年12月に義理の叔父であり、当時の北朝鮮No.2の地位にあった張成沢を処刑したことは大きな波紋を呼びました。しかし、今回の正男の処刑の方がはるかに衝撃が大きいかと思います。腹違いとはいえ、実の兄を処刑したわけですからね。

北朝鮮がますます理解不能な国となっている気がします。
国際的に危険視されるのが当分続く気配です。

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

名作ゲーム『ポートピア連続殺人事件』のすべて

1985年に発売されたファミコン用ゲームソフト『ポートピア連続殺人事件』。
ファミコン草創期を代表するアドベンチャーゲームとして知られています。兵庫県神戸市で起きた殺人事件を捜査するストーリーですが、何より有名なのが事件の真犯人。このゲームをプレイしたことがなくても、犯人は知っているというゲーマーは数多くいるはずです。
以下はその『ポートピア~』の動画です。ゲームの始まりから終わりまでのすべてを見ることができます。


冒頭に流れるパトカーのサイレンは、オールドゲーマーにとって感涙モノではないでしょうか。続いて流れるタイプライターの音も。
いざこうして見ていると、実際に自分がプレイしていた時に必ず見ていた場面がゲームクリアに必要ではなかったことがわかります。例えば上記動画の3:10あたりに登場する屋敷の地下迷路は必要なかったです。この地下迷路に苦戦した人は数多いはずです。
個人的には二番目に犯人として疑われる「ひらた」の死体発見~ひらたの娘「ゆきこ」の取調べの流れ(10:36~13:50)が印象深いです。借金を苦に自殺した父親に対し、「親父は馬鹿よ!何も自殺することないのにさ…。くっ…」と涙ながらに叫ぶシーンは、うるっときますね。
そして、ラスト。あまりにも有名な真犯人が自供するシーンです。エンディングは再びパトカーのサイレンで締めくくります。

人気を博した本作ですが、意外にもファミコン版は他のプラットフォームに移植されていません。いつかファミコン版が何らかのプラットフォームに移植される日は来るでしょうか?

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

映画『相棒 -劇場版IV-』鑑賞会

本日はなんばパークスシネマでの映画鑑賞会でした。
観た映画は昨日より公開されている『相棒 -劇場版IV-』。ご存知、超人気ドラマの劇場版第四弾です。
あらすじは以下の通りです。

7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女が国際犯罪組織に誘拐されていた。そして現在。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、国際犯罪組織バーズを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)に同行することになる。そんな中、7年前に誘拐された少女の現在の姿の動画が公開され、犯行グループは身代金を要求し……
(Yahoo!映画より抜粋)

本作も見所満載でした。
スケールの大きな展開と最後のどんでん返し、右京の現相棒・冠城と旧相棒・神戸尊(及川光博)の共演、鹿賀を始めとする豪華ゲスト陣、前シーズンまでのレギュラー・米沢守(六角精児)の再登場などなど。更には『相棒』には珍しいハードなアクションシーンもありました。このシーンを演じた伊丹刑事(川原和久)、芹沢刑事(山中崇史)に拍手を送ります!
一方、特命係の憩いの場である「花の里」は登場しません。これは劇場版では初だったと思います。ただし、「花の里」の女将である月本幸子(鈴木杏樹)は国際スポーツ競技大会の凱旋パレードの観覧客として登場しています。幸子ファンの方、ご安心(?)ください。

歴代の劇場版全てが面白かったので、本作も観る前から期待しておりましたが、その期待通りでした。
次はいつになるかわかりませんが、また劇場版が制作されるでしょう。
もちろん次回も観に行きます!

お付き合いいただいたひでき氏に感謝します。

最後に一枚写真を載せます。
大阪市営地下鉄各駅に貼られている本作のポスターです。

S_img_0967

| | コメント (2)

2017年2月11日 (土)

【CM】平成館 「オープン」編C

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

1990年に放送された函館市のホテル「平成館」のCMです。
ご覧の通り、オープンの告知を目的に作られたものです。そのために、大物俳優である大滝秀治さん(故人)をCMキャラクターに起用しています。情緒あふれるBGMと大滝さんの語り、そしてセピア色の映像がいい味出してます。
ただこちらのCM、確かに平成館をPRしているものの、よくよく見ると平成館そのものは一切映らないんですよね。大滝さんの語りも旅の良さをアピールしている内容で、平成館のことに触れないし。そもそも、大滝さんは平成館に来られたのでしょうか。来られたと思われる場面がないんです。大滝さんがおられるところは街中や浜辺で、平成館とおぼしき建物は全く映らないし。もしかしたら撮影場所も函館市内ではなかったりして…。
このCMに限らず、北海道ローカルCMは一見すると本来の主旨と無関係なものが映っていることが多いんですcoldsweats01パチンコ店のCMなのに、パチンコやお店の外観が全然映らなかったりしますから。

とはいえ、上記はかなり貴重な映像であることは間違いないでしょう。
大物俳優が北海道ローカルCMに出演しているわけだし、何より今は亡き大滝さんの姿を見られるから。
大滝さんがもうこの世にいないということが信じられないです…。

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

『裏相棒3』限定公開中

いよいよ明日公開される『相棒 -劇場版IV-』。
公開を記念してミニドラマ『裏相棒3』が全5話制作され、今月6日から10日まで『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)の枠で放送されました。
平日の昼間に放送されたということで、観逃した方は数多いのではと思われます。私もその一人ですcoldsweats01

しかし、そんな方々に朗報です。
本日より今月24日までWeb上で公開されていますので、その間ならいつでも観ることが可能です。
以下のURLより閲覧できます。
http://www.aibou-movie.jp/ura/

私も早速観させてもらいました。全話1分30~40秒ほどですが、どれも面白かったです。普段来店しないはずの「花の里」に伊丹刑事(川原和久)、芹沢刑事(山中崇史)がいるだけで新鮮ですが、そこに加えて内村刑事部長(片桐竜次)と中園参事官(小野了)までいるのですから。

皆様、ぜひご覧ください!

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

CD鑑賞記 シングル・コレクション -22才の別れ-/風

1975年から5年間活動した伊勢正三と大久保一久のフォーク・デュオ、風。
ファースト・シングル「22才の別れ」がいきなりミリオンセラーとなる華々しいデビューを飾った彼らは、通算6枚のシングルを発表しています。今回紹介する『シングル・コレクション -22才の別れ-』は、それら6枚のシングルAB面を完全網羅しています。
風といえば、アルバムタイトルにもなっている「22才の別れ」がどうしても際立ってしまいますが、それ以外の曲も素晴らしいものばかりです。「あの唄はもう唄わないのですか」、「ほおづえをつく女」、「Bye Bye」…伊勢のメロディーメーカーとしての才能が存分に発揮されたことがわかる佳曲です。
伊勢が作った歌がいいのはもちろんですが、大久保が手がけた曲もいいものばかり。「約束しようよ」、「二人のための夜」、「風をたずさえて」…これらも佳曲ですね。
なお、風のシングルは全作A面が伊勢、B面が大久保の作詞・作曲となっています。

本作を購入した理由は「22才の別れ」を聴きたいがためです。昨年11月にこの曲のカバーが収められているCD『カバー コレクション・シリーズ 高田みづえ ~青春の詩を唄う~』を買いました。これで聴いた高田のカバーもいいけど、やはりオリジナルを聴きたいと思ったのです。
そして、オリジナルが収録されている本作を買ったわけですが、予想以上に満足のいく内容でした。買ってからほぼ毎日全曲を聴いているぐらいです。
収録されている曲だけでなく、粋な歌詞カードも魅力です。それぞれのシングルレコードの歌詞カードがそのまま使われているので、実際にシングルレコードを買った人々は感涙ものだったのではないでしょうか。

風は79年の活動休止後、何度かコンサートで共演することはあったものの、現在に至るまで正式な活動再開はしておりません。いつか活動を再開させることはあるでしょうか。
もしなかったとしても、彼らが発表した音楽の魅力は一生色あせないでしょう。これは確実です!

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

初体験:阪堺電車での通勤

今日の南海電車・南海本線は、午前中ずっとダイヤが乱れておりました。午前5時45分に発生した人身事故の影響です。

詳細:
http://www.sankei.com/west/news/170208/wst1702080075-n1.html

このため、南海本線は事故発生から一時間半、運行がストップ。午前7時15分より運行を再開しましたが、正午近くまでダイヤが乱れました。
事故発生を知ったのは午前6時半頃。もうこの時に「今日は南海電車では職場に行けない」と思いました。そこで、代替手段として選んだのが阪堺電車です。
いつも乗車している南海電車・岸里玉出駅から徒歩5分ほどのところに、阪堺電車・東玉出駅があります。そこから堺市方面に行き、いつも乗車している南海バスの停留所まで行きました。おかげで遅刻することなく、職場に行けましたね。

↓乗車した東玉出駅と逆方向を走る電車です。

S_img_0966
もう10年以上、南海電車で通勤しています。
この間、何度か今日のように電車が遅れることはありましたが、代わりに阪堺電車で通勤することはありませんでした。
よって、今日は初体験をした日であります。

また、阪堺電車に乗車するのも相当久しぶりでした。最低でも4年は乗ってなかったです。

今後、また南海電車が遅延した場合は、阪堺電車を代用します!

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

京都の老舗ヤクザ組織も分裂へ

先日、当ブログに京都府を本拠地とする老舗ヤクザ組織・会津小鉄会にきな臭い動きがあると書きましたが、それが表面化したようです。

会津小鉄会幹部が新組織立ち上げか、名称は「会津小鉄会」方針? 分裂含みで京都府警警戒
http://www.sankei.com/west/news/170207/wst1702070036-n1.html

一部ではこの分裂が一連の山口組分裂における抗争の代理戦争とも言われているようです。確かに山口組分裂が一つの引き金になったことは間違いないでしょう。
抗争になるかはともかくとして、双方とも互いの動きを牽制しあうのは容易に予想できます。しばらくは実話誌の格好のネタになりそうです。

いずれ実話誌のグラビアを飾るでしょうね。神戸山口組と会津小鉄会、6代目山口組と会津小鉄会が分裂してできた新組織、それぞれの幹部が写真に納まる様が。

山口組が分裂して、1年半が経過しました。納まる兆しは一向にないですね。それどころか他の組織を巻き込んで、まずます増長してそう…。

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

再刊された『小説「聖書」: 旧約篇上』

先週末に本屋に行った際に見つけた『小説「聖書」: 旧約篇上』(ウォルター・ワンゲリン著・仲村明子訳/徳間文庫カレッジ)。
文字通り、聖書の小説版です。1998年にハードカバーとして刊行、2000年に文庫化されましたが、後に絶版。今回、徳間文庫カレッジより再刊されました。
何度か当ブログに書いているように、昨年からキリスト教に興味を持った私にとって、うってつけの本でしょう。「そろそろ聖書も読まないと」と思っていた矢先に、本書の再刊を知りました。本当の聖書ではありませんが、その予習として読んでおくべきと思いました。
即座に購入…と言いたいところですが、どうせ買って読むのなら来月末にするつもりです。というのも、来月末に帰省するからです。帰省中は交通機関を使う時間が長いため、必然的に読書の時間となります。
489ページとボリュームがあるので、帰省中に読むにぴったりですねhappy01

タイトルに『旧約篇』とあるように、本書は旧約聖書の小説版です。
「なら新約聖書の小説版もあるのでは?」と思ったところ、存在しました。そちらは同じく98年にハードカバーとして刊行されています(こちらも現在は絶版)。
いずれ、新約版も徳間文庫カレッジから再刊されるかもしれません。ぜひそうなってほしいですね。

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

自殺(?)するつもりが足の切断に…

気になるニュースを発見しました。

線路にうつぶせ、電車にひかれ左脚切断 男性自殺図る? 地下鉄谷町線

http://www.sankei.com/west/news/170205/wst1702050033-n1.html

「自殺図る?」と書かれているように、自殺の可能性は高いですね。
うつぶせの状態であったこと、立ち入りしにくい地下鉄の駅であることが根拠です。地上の電車であるならば、踏み切りなどから線路に入りやすいですが、地下鉄の場合はまず駅に行かないと入れませんから。
もし自殺をしようとしていた場合だったら、この結果は当人にとって大きい誤算でしたね。今後は左脚のない人生を送らなければならないから。更には鉄道会社から大きな損害賠償を請求される可能性もあります。そうなったら、とても痛い代償になりますが…。
まぁ、左脚切断という重傷ですから、鉄道会社の温情で賠償請求は免れるかもしれません。しかし、理由はどうであれ、多くの人に迷惑を掛けたことに変わりはないですね。谷町線は大阪市営地下鉄では御堂筋線に次いで、利用者の多い路線ですから。

安易に鉄道自殺はやめていただきたいと強く願います!

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

2冊同時刊行:『ゴルゴ13 POCKET EDITION』

S_img_0963
毎回刊行されるたびに購入している『ゴルゴ13 POCKET EDITION』。今月も新刊が出ましたので、買ってきました。
新刊は『ロシア・クライシス』と『FIRE!』の2冊。つまり同時に2冊刊行されたことになります。
現時点で読み終わったのは『ロシア・クライシス』のみ。『FIRE!』はまだ未読ですが、数日以内に読み終わるでしょう。何度も書いているように、『ゴルゴ』はさくさく読めますからhappy01
『ロシア・クライシス』は全4作が収録されていますが、一番印象に残っているのは表題作です。なぜなら、ゴルゴが一度に抹殺した人数が最高峰だからです。なんせ2000人のロシア兵を電車ごと湖に沈ませて、抹殺したのですから。「展開が凄すぎる…」としか言いようがありませんでしたね。

このようにまずありえない展開や、ゴルゴの超人的な能力もこの作品の見所の一つです。
劇画を読むなら、まず『ゴルゴ』でしょうね。

ちなみに『ロシア・クライシス』『FIRE!』と共にネット通販のアマゾンでは、現時点で取り扱われてないようです。いつもアマゾンで新刊をチェックしているので、コンビニで見つけるまでは気づきませんでした。
気づかなかったら購入できませんでした。ああ、よかったーsmile

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

パソコンのゴミを一気に削除する方法

WindowsOS搭載のパソコンユーザーなら誰もが経験があると思いますが、長くパソコンを使っていると、どんどん動作が遅くなっていきます。
改善する方法は色々ありますが、手軽に出来るのがTempフォルダ内のデータ削除。Tempフォルダとは、「C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\Temp」のことであり、長くパソコンを使っていると必然的にここに不要なファイル(=ゴミ)が溜まっていきます。
よって、ここにあるデータを削除してしまえばいいのです。このやり方はTempフォルダ内の全てのフォルダ・ファイルを選択し、「削除」を実行→「ごみ箱を空にする」という手順でした。

これまでこの作業を手動でやっておりましたが、ふと「バッチファイルを作ればもっと手軽に削除できるかもしれない」と思いました。
そこで作ったのが以下のバッチファイル。テキストファイルにわずか3行のコマンドを記入しただけです。

echo off
del %USERPROFILE%\AppData\Local\Temp\*.* /s /q
rd /s /q %USERPROFILE%\AppData\Local\Temp\


ゴミが溜まっている場合にこのバッチファイルを実行すると、若干時間がかかります。しかしながら、効果は抜群のはずです。仮に2000以上ゴミがあったとしても、終わった時はキレイになってますから。

自宅だけでなく、職場のパソコンでもこのバッチファイルを使っています。おかげでTempフォルダがきれいさっぱりになりましたよhappy01

皆様も一度お試しください。

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

名作ゲーム『探偵神宮時三郎 新宿中央公園殺人事件』のすべて

1987年に発売されたファミコン用ゲームソフト『探偵神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件』。
人気シリーズ『神宮寺三郎』の記念すべき第一作目です。それまでのアドベンチャーゲームにはなかったハードボイルドの要素を取り入れたことが評判を呼び、一躍人気作となりました。現在も新作が発売され続けています。
以下はその『新宿中央公園殺人事件』の動画です。ゲームの始まりから終わりまでのすべてを見ることができます。



初めてプレイした時はどうやってクリアしたのか覚えていませんcoldsweats01おそらく攻略本を参考にしたのだと思いますが、なぜか覚えてない…。
後にこのソフトを含むファミコン用ソフトとして発売された『神宮寺』シリーズを一挙に収録している『アーリーコレクション』にて再度プレイした時は、付随しているお助けモードに頼った記憶があります。それぐらい難易度が高かったんですよー。

文字通り、殺人事件を捜査する内容ですが、死体を現場に運んだ手段がかなり荒唐無稽です。いくらフィクションとはいえ、ちょっと無理があるだろうと思いましたsweat01
また、このソフトはゲームオーバーとなる選択肢がとても多いです(知っている限りでは、そうなってしまう選択肢が5つあります)。早い人は最初の場面でいきなりゲームオーバーになってしまうかも?

このソフト、オリジナルであるファミコン版はすでに生産中止となっていますが、携帯アプリとして復刻されたほか、いくつかのプラットフォームにも移植されており、一応現在でもプレイ可能です。
ぜひ遊んでみてください。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

2年9ヶ月ぶりの2本立て:帰れま10&Qさま

2月6日に放送される『帰れま10&Qさま!!豪華2本立て3時間スペシャル』(テレビ朝日系)。
文字通り、2本立てでありますが、この組み合わせによる2本立ては実に2年9ヶ月ぶりとなります。かつてはよく2本立てで放送されていましたが、『帰れま10』の大本であった『お試しかっ』の放送が終了してからは機会がありませんでした。
好きな番組が2本立て続けに観れるとあって、とても嬉しいですねーhappy01

それぞれの予告が以下のサイトより閲覧できます。

帰れま10:

http://www.tv-asahi.co.jp/kaerema10/

Qさま!!:
http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/contents/pop/170206sp/index.html

特に『帰れま10』には、昨年12月放送の特番にて異彩を放ったサンシャイン池崎が出演するのがVery Good!独特のハイテンション芸は結構好きですね。ただ、後はどれだけ芸人としての地位を確立できるかですが…。
彼にとって、今後の最大の課題となるのではないでしょうか。ブレイクしてる時にこそ、確立しておかないと、後で一発屋芸人などと揶揄されることになりますから。

とにかく2月6日が楽しみです。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »