« 夕張の数少ない生き残り観光施設のCMを発見 | トップページ | 少し時期外れのインフルエンザ検査 »

2017年3月20日 (月)

13回目の命日:いかりや長介さん

2004年3月20日に亡くなった故・いかりや長介さん。
今日で13回目の命日を迎えました。もう13年も経つのかと思うと、月日の経過の早さを感じずにいられません。
さすがに13年も経つと、地上波のテレビ放送で姿を見かける機会が少なくなりました。ここ数年は冠番組だった『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)の地上波での放送がされてませんし、レギュラー出演されていたドラマ『踊る大捜査線』(同じくフジテレビ系)の再放送ならびに劇場版のゴールデンタイムでの放送もありません。
そんな中、久々に姿を拝見できたのは、今月15日放送の『志村けんのだいじょうぶだぁSP』(こちらもフジテレビ系)です。長さん以外のザ・ドリフターズの面々が12年ぶりに全員集合したこの番組内で、過去の『ドリフ大爆笑』のコントが流され、その中に長さんの姿がありました。短時間ではあったけど、久々に地上波で長さんの姿を見ることができました。

残念だけど、長さんはもう過去の人なのでしょう。とはいえ、まだ多くの人の心の中に生き続けているはずです。彼の功績は多大なものですから、そう簡単に消えはしません。

前述の『だいじょうぶだぁSP』を見終わった後、レコーダーに保存していた過去の『ドリフ大爆笑』を見直してみました。
若き日から晩年までの姿がそこにありましたが、常に笑いに対して貪欲な姿勢だったことが伺えました。特に「もしもサービス過剰なお風呂屋さんがあったら…」での身体を張った笑いは、今見ると感動すら覚えます。
彼のようなコメディアンは今後現れないでしょう。

改めてご冥福をお祈りします。

|

« 夕張の数少ない生き残り観光施設のCMを発見 | トップページ | 少し時期外れのインフルエンザ検査 »

お笑い」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕張の数少ない生き残り観光施設のCMを発見 | トップページ | 少し時期外れのインフルエンザ検査 »