« 少し時期外れのインフルエンザ検査 | トップページ | 3年ぶりのシェーバー買い替え »

2017年3月22日 (水)

『相棒』シーズン15終焉

本日最終回を迎えた『相棒』(テレビ朝日系)シーズン15。歴代のシーズンは全て最終回は2時間スペシャルとなっておりますが、このシーズンも同様でした。
気になる最終回の内容は、これまでベールに包まれていた社美彌子(仲間由紀恵)の秘密が一気に明かされるというものでした。
普段は何かしら大きな事件を特命係が解決するという内容であったのに対し、このシーズンの最終回はかなり異色の内容だったと思います。事件が起きているとはいえ、警察内部だったので、ほとんど民間人が出てこない。出てきた民間人は美彌子のプライバシーを暴いた雑誌の記者ぐらいでした。
中盤に特命係の二人が仲違いしそうな雰囲気でありましたが、最後までそうなることはありませんでした。ただ、ラストシーンを見る限り、遺恨が残った感じです。これが次のシーズンにどう影響するのやら?
次のシーズンはどんな展開だろう?と今から期待感でいっぱいです。これは毎回『相棒』のシーズン最終回を迎えるたびに書いてますねcoldsweats01

来月からは同じ時間帯で『警視庁捜査一課9係』のシーズン12が始まります。
開始日は4月12日。始まるまで、まだ時間があるのが残念ですが、始まったらまた毎週テレビの前の釘付けになることは確実です。
渡瀬恒彦さんが出られなくなったのは非常に残念ですが、今後も続く限り『警視庁~』を観続けます!

|

« 少し時期外れのインフルエンザ検査 | トップページ | 3年ぶりのシェーバー買い替え »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少し時期外れのインフルエンザ検査 | トップページ | 3年ぶりのシェーバー買い替え »