« 3年ぶりのシェーバー買い替え | トップページ | 葛飾区の新たな名物誕生へ »

2017年3月24日 (金)

大阪市営地下鉄の売店がリニューアル

つい先日、最寄の大阪市営地下鉄四つ橋線北加賀屋駅を利用した際、駅の売店のシャッターが閉まっていることに気づきました。
「あれ?閉店しちゃった?」と思いました。それから一週間後、再度北加賀屋駅を訪れると、そこには「4/10 リニューアルオープン」との張り紙がしてありました。
まず利用することはないけど、売店の灯りがあるとないで、駅の印象はガラリと変わります。最初にシャッターが閉じているのを見た時は、「駅から灯りがなくなる」と悲観的に思いましたが、4月10日から灯りが復活することを知って安堵しております。
閉店前まで、北加賀屋駅の売店はコンビニのファミリーマートに委託されていました。リニューアル後は、ローソンへと変わります。
これまで北加賀屋駅に限らず、大阪市営地下鉄の各駅の売店はポプラもしくはファミマに委託されてましたが、今月下旬以降、順次ローソンへリニューアルされるのです。

詳細:
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h28_all/20170324_lawson.html

基本、コンビニに好き嫌いはないので、ローソンであろうがファミマであろうが歓迎します。
前述の通り、ほとんど利用する機会はありませんが、せっかくなのでリニューアルされたらローソン限定の缶コーヒーを買おうかなと思ってます。そうでない限り、まず買い物しないからcoldsweats01

|

« 3年ぶりのシェーバー買い替え | トップページ | 葛飾区の新たな名物誕生へ »

鉄道あれこれ」カテゴリの記事

コメント

交通局の売店が入札制になったせいでローソンとファミマが争って
いるんですよ。無理な落札をして、店員さんの待遇に響かなければ
と昨今の過剰な競争社会を心配している次第です。

投稿: ひでき | 2017年4月 5日 (水) 20時19分

>ひでさん
よく考えたら、自分も無理な落札による待遇の悪化を経験してますね。神戸の金融機関のシステム運用がまさにそうでした。
案件を獲得するために、無理に安い金額で落札してしまったことで、実際に業務を行う要員が大迷惑をこうむりましたから。
表面上は単なる駅のキオスクですが、裏では様々な事情が絡み合ってるんでしょうねー。

投稿: てつ | 2017年4月 5日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年ぶりのシェーバー買い替え | トップページ | 葛飾区の新たな名物誕生へ »