« サクラエディタ | トップページ | 早速恩恵を受けました:大阪市営地下鉄料金値下げ »

2017年4月12日 (水)

『警視庁捜査一課9係』シーズン12始動

本日よりスタートした『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)の最新シーズン「12」。
先月14日に主演の渡瀬恒彦さんが亡くなったために、どのような始まり方になるのか、注目の的となっていました。
結果、渡瀬さん演じる主人公が外部に出向という形を取られ、残りの6人のレギュラーでストーリーを展開していくという流れになりました。実際、今日放送された初回はその流れでした。渡瀬さんの登場場面もありましたが、それは過去の作品からの抜粋でした。新しく撮られたところはないものの、一応ストーリー上は存命ということになっています。

今シーズンより、新たな準レギュラーとして黛優之介役の竹中直人が加わりました。早速、初回から存在感を存分にアピールしており、今後の9係との絡みがどんなふうになっていくかが今シーズンのポイントかと思いました。
ラストで黛が渡瀬さん演じる加納倫太郎はどのような人物なのかと、早瀬川真澄役の原沙知絵に問いかけるシーンがありました。早瀬川の「一言で言えば変人」の答えになにやら意味深な表情を浮かべました。
ぜひとも両者の対面シーンを実現してほしかったですが、それは幻に終わりました。そこがとても残念であります…。

とはいえ、このシーズンも楽しく観賞することができるでしょう。次回も見逃しません!

|

« サクラエディタ | トップページ | 早速恩恵を受けました:大阪市営地下鉄料金値下げ »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サクラエディタ | トップページ | 早速恩恵を受けました:大阪市営地下鉄料金値下げ »