« 引退示唆が現実になるかも…? | トップページ | 5年ぶりの刊行となる赤川次郎のショートショート集 »

2017年4月17日 (月)

CD鑑賞記 ザ・カバーズ ~ジャズ・スタンダード~/フランク永井

2014年に発売された二枚組企画アルバム『ザ・カバーズ ~ジャズ・スタンダード~』。
歌手・フランク永井が生前にカバーしたジャズ・スタンダード全50曲収録という、ボリューム感たっぷりのアルバムです。
一般的に、「フランク永井=ムード歌謡の歌手」というイメージがあると思いますが、もともとの原点はジャズであり、歌手としてのデビューもジャズのカバー(「恋人よ我に帰れ」本作にも収録されています)でした。本作はその証明とも言えます。
収録されているのは「ムーン・リバー」、「テネシー・ワルツ」、「トゥー・ヤング」、「夜のストレンジャー」、「サン・トワ・マミー」、「枯葉」などなど。まさにジャズ・スタンダードであり、それらを流暢な英語(※)で歌っております。それに加えて、フランク最大の持ち味である低音。もう何も言うことはないですね。
※フランクは歌手デビュー前に進駐軍のクラブ歌手をしていたため、英語に堪能でした
二枚ともラストはライブ音源となっています。MCも収録されているのですが、軽妙なトークを披露しています。これも今となっては貴重な記録でしょうね。

収録曲だけでなく、ジャケットに写る白いタキシードを着こなした姿やブックレットの裏カバーに写る愛犬とたわむれている姿も素敵です。とても幸せそうな表情をしています。
こんなにいい表情をしていながら、後に自殺未遂をするのですから、人の人生ってわからないものですね…。

話はそれましたが、本当にいいアルバムです。これぞ極上のジャズボーカル集と言っていいでしょう。
ジャズは昔から好きですが、なんとなくジャズボーカルは敬遠していました。しかし、本作を聴いたことにより、ジャズボーカルの魅力を知ることができました。
いずれはフランク永井以外のジャズボーカリストも聴いてみます。

|

« 引退示唆が現実になるかも…? | トップページ | 5年ぶりの刊行となる赤川次郎のショートショート集 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引退示唆が現実になるかも…? | トップページ | 5年ぶりの刊行となる赤川次郎のショートショート集 »