« ショックが大きすぎた出来事 | トップページ | 引退示唆が現実になるかも…? »

2017年4月15日 (土)

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』鑑賞会

本日はなんばパークスシネマでの映画鑑賞会でした。
観た映画は『レゴバットマン ザ・ムービー』。人気DCコミック『バットマン』をレゴブロックによってアニメ化したもので、今月1日より公開されています。
あらすじは以下の通りです。

町を守る孤独なヒーロー・バットマンのもとに、ロビンがやって来る。ところが、ロビンのあまりのお調子者ぶりに、二人は全く息が合わない。そんな中、ジョーカーが宇宙に閉じ込められていた悪者たちを脱走させ、世界の危機を救うべくバットマンとロビンは立ち上がるが……。
(Yahoo!映画より抜粋)

レゴアニメを観るのはこれが初めてですが、想像以上の優良作で観に行った甲斐があったと思いました。
まさにノンストップという表現がぴったりのスピーディーな展開、決してアクションやコメディに偏っておらず、きっちりと構成されたドラマ、そして日本語吹き替え陣の熱演。これらの要素が観る者を飽きさせない作品になっていました。
また、日本公開版独自の要素も複数盛り込まれていました。例えば、冒頭における配給および制作会社のロゴマークが表示される場面。どの映画においても、この場面が必ずありますが、そこにバットマン役の山寺宏一によるナレーションが挿入されているのです。これがコミカルで面白いんです。最初から楽しめるようになってるんですね。
他、バットマンの相棒・ロビンを演じた小島よしおの熱演も特筆すべきでしょう。故意に声質を変えているのか、最初は小島が演じていると気づきませんでした。彼の持ちネタである「そんなの関係ねえ」のセリフを聞いて、ようやく小島の吹き替えだとわかったぐらい、声質が違っていたんですよね。

このように傑作でありながら、あまり注目度は高くないようで、すでに公開を打ち切っている映画館が複数見られます。
なんばパークスシネマも例外でなく、21日をもって公開が終了します。もう少し長く公開されてもよさそうですが、配給会社はあまり力を入れなかったのかなぁ。

とはいえ、楽しめたことは事実です。またレゴアニメでよさそうなものがあったら、観に行きたいです。

お付き合いいただいたひでき氏に感謝します。

|

« ショックが大きすぎた出来事 | トップページ | 引退示唆が現実になるかも…? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

レゴブロックなので映画のストーリーに入っていけるか見る前は正直心配でしたが、ストーリーもしっかりしていて大変素敵な映画でした。
いつも色々なタイトルからとっておきを探してきてくれてありがとう。
また連れて行ってくださいな。

投稿: ひでき | 2017年4月16日 (日) 18時10分

>ひでさん
こちらこそありがとうございました。
次回は『家族はつらいよ2』ですかね。
また、なんばパークスシネマで観ましょう!

投稿: てつ | 2017年4月16日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショックが大きすぎた出来事 | トップページ | 引退示唆が現実になるかも…? »