« オール阪神・巨人、三夜連続漫才イベント開催 | トップページ | 東電テレビ会議議事録全文 »

2017年6月14日 (水)

ヤマト運輸、配達時間帯の指定枠変更へ

今年3月に従業員の負担軽減を宣言したヤマト運輸。
その一環として、配達時間帯の指定枠が変わることになりました。今日、ヤマト運輸から届いたメールにて詳細を知りました。

以下、そのメールからの抜粋です。

■変更点
(1)「12時から14時」「20時から21時」の時間帯指定枠を廃止させていただきます。
(2)「19時から21時」の時間帯指定枠を新設します。

【6月18日までご指定可能な時間帯「6区分」】
・午前中(12時まで)
・12時から14時
・14時から16時
・16時から18時
・18時から20時
・20時から21時

【6月19日からご指定可能な時間帯「5区分」】
・午前中(12時まで)
・14時から16時
・16時から18時
・18時から20時
・19時から21時

いつも私が指定する時間帯は20時から21時です。よって、今後の指定時間帯は19時から21時となりますが、特に支障はなさそうです。

荷物を受け取る側にとっては、今回のヤマトの対応にサービスが悪くなったと思う人もいるでしょう。しかし、ヤマトとしてはこれ以上従業員の負担を重くするわけにいかないという苦渋の決断だったはずです。
これだけネット通販が世に普及した以上、運送会社の負担が重くなったのは当然ですから…。

現代社会において、企業が従業員・社員の負担を軽減するというのはなかなかできないことでしょうね。軽くするどころか、どんどん重くするところも沢山あるし。
そんな企業にぜひともヤマトの事例を見習ってほしいものです。

|

« オール阪神・巨人、三夜連続漫才イベント開催 | トップページ | 東電テレビ会議議事録全文 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オール阪神・巨人、三夜連続漫才イベント開催 | トップページ | 東電テレビ会議議事録全文 »