« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

戦争ものが多くなった西村京太郎の著書

来月に刊行される西村京太郎の著書『十津川警部 八月十四日夜の殺人』(実業之日本社文庫)。
西村作品お馴染みの十津川警部と彼の部下たちの活躍を描くトラベルミステリーですが、事件の鍵を握るのが戦争、つまり第二次世界大戦であることが特徴です。
アマゾンの商品説明でこのことを知りました。知って即座に思ったのが、「なんか最近の西村作品は戦争を取り上げることが多くなったなー」ということ。先月読んでいた『浜名湖 愛と歴史』(双葉文庫)も戦争が主題であったし、今年1月に刊行された『暗号名は「金沢」: 十津川警部「幻の歴史」に挑む』(新潮文庫)にいたっては戦時中の話ばかりで、主人公であるはずの十津川警部が序盤から中盤まで全く登場せず、終盤になってやっと登場する有様でした。

著者の西村は今年で87歳(1930年生まれ)。もはや数少ない戦争経験者です。戦争の話を取り上げるのはそのような事情からでしょうか。
決して悪くはないんですけど、以前のような面白さが失われつつあるのではないかと思います。まぁ、もう87歳ですから売れるものより自分が本当に書きたいものを書いているのかもしれません。

ちなみに来月新書として刊行される新作『十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」』(集英社新書)も、やはり「戦争もの」です。ただし、こちらはノンフィクションなので、小説とは趣旨が違います。
もしかしたら、ここで最近の「戦争もの」ばかり書いている理由が明かされたりして…。

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

現代社会の象徴犯罪?スマホ当たり屋

こんなニュースを発見しました。

自らぶつかって修理代請求…「スマホ当たり屋」にご用心
http://www.sankei.com/affairs/news/170730/afr1707300011-n1.html

最初にこの記事を読んだ時、「これは現代社会を象徴する犯罪と言えそうだなー」と思いました。これだけスマホが普及してるわけだから。
しかも、いつ自分が標的になるかわからないので、対策のしようがない。実に厄介な犯罪ですねー。
この記事を読んで、当たり屋を模倣する輩が現れないといいですが…。

本当、いつの時代でも新手の犯罪者が出てきますね。その都度、警察が対応におわれます。犯罪者が完全に撲滅する時代が来てほしいものだなー。

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

公演レポート:「オール阪神・巨人3夜連続漫才」第二夜

Df5jmufu0aaogu9
本日はYES THEATER(大阪市中央区)で開催中の「オール阪神・巨人3夜連続漫才」の第2夜を観てきました。
この公演は文字通り、漫才コンビのオール阪神・巨人が3夜連続で漫才を披露するという内容です。1日3本、つまり3日間で計9本の漫才を披露します。他、ゲストとのトークと他芸人の演芸も含まれています。
以下、本日の公演の内容です。

司会:近藤光史(元・毎日放送アナウンサー)
①オープニング:司会者のトークおよびオール阪神・巨人ヒストリー動画公開
②漫才「新婚旅行」
③演芸:もりやすバンバンビガロ
④漫才「カルチャーセンター」
⑤ゲスト・桂文枝を交えてのトークコーナー
⑥オール阪神・巨人プライベート映像公開
⑦漫才「カラオケ」
⑧オール巨人サプライズ歌唱「男の子守唄」
⑨エンディング

約2時間の公演でしたが、最初から最後まで笑いっぱなしでした。
メインの阪神・巨人のご両人は当然ですが、司会者・ゲストも非常に面白い。特にもりやすバンバンビガロの芸(ジャグリング)に自分も参加してしまった時は、戸惑いつつも貴重な機会を与えてもらったと感謝しておりますsmile
漫才3本共に好きなネタであったことが嬉しかったです。とりわけ「カラオケ」のネタは何回観ても飽きないですね。展開がわかっているのに笑ってしまう。本当に感服してしまいますね。

ご両人の漫才を生で観るのは1年3ヶ月ぶりでした。前回はショッピングモールでの鑑賞でしたので、きちんとした劇場で観るのは2年ぶり。ショッピングモールもいいけど、やはり劇場で観ることに醍醐味がありますね。

心から満足できる公演でありました。いずれ公演の模様はテレビ放送もしくはDVD化されそうなので、されたら絶対に観ることにします!

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

【CM】郵便局寅さん編

定番のCMネタです。今回はこちら。

1988年に放送された郵便局のCMです。同年公開の映画『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』の一部シーンがそのまま使われ、そこに郵便局をPRするナレーションとテロップが挿入されるというシンプルな構成となっています。
まさかこんなCMがあるとは思いませんでしたね。まぁ、『男はつらいよ』は国民的映画だし、郵便局員が登場するシーンも数多くあるから、郵便局のCMに使われたとしてもおかしくありません。
何より冒頭の寅さんの笑顔が最高です。満面の笑みを浮かべながら、するめを弄んでいる。そして、おばちゃんとタコ社長と郵便局員のスリーショット。これも今となっては貴重な映像です。
『寅次郎サラダ記念日』はすでに観ておりますが、CM中で使われたシーンは一切覚えていませんcoldsweats01一回しか観てないので覚えてなくても仕方ないだろうと開き直っておりますsmile

今年で『男はつらいよ』第一作目公開から49年目、最終作の公開から22年目となります。完全に過去の作品となってしまってますが、国民的映画としての地位は不動です。ここまで国民に愛され続ける映画は他にないでしょう。

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

三段ボックスで増え続けるDVDを整理

昨日、楽天市場で購入した三段ボックスが届きました。
このボックス、増え続けるDVD整理の一環として購入したものです。なんせ、山積みのDVDの段が6つもありましたからね。
整理した結果、かなり片付きました。といっても、まだ山積みが2つ残ってますがcoldsweats01
もう少し部屋の空間に余裕ができたら、追加で三段ボックスを買ってもいいかなーと思ってます。今回購入したボックスをとても気に入りましたので。

原則、三段ボックスは自分で組み立てる必要があります。が、私は手先が非常に不器用で、とても自分で組み立てられるとは思えなかったので、完成品を購入しました。
組み立て式より価格は割高ですが、それでもその価値は十分にあるはずです。もし自分で組み立てていたら、どうなっていたやらsweat01

↓は購入した三段ボックスです。自信をもってお勧めできる代物です。


| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

吉本新喜劇の新たな歴史誕生へ

今日から始まっている『吉本新喜劇「酒井藍」新座長就任公演」。
新喜劇の開演前に、座長就任の口上が開かれました。これは新喜劇にとって新たな歴史の誕生の瞬間でした。
何と言っても今回は初の女座長ですから、多方面で注目を集めたと思います。これまでにも個性的な女優は沢山いたけど、座長に就任した人はいませんでした。
本当に新たな歴史の誕生だったといっていいはずです。

↓のように、複数のメディアで座長公演の模様がレポートされています。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/26/kiji/20170726s00041000142000c.html

この公演のテレビ放送が楽しみです。もしかしたら特番形式になるかも…。

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

早くも新作放送決定:『おかしな刑事』

今月30日、テレビ朝日『日曜ワイド』で放送される『おかしな刑事16』。人気2時間ドラマシリーズの最新作です。
このシリーズ、もともと同局の『土曜ワイド劇場』(以下、『土ワイ』)で放送されていました。今年3月に『土ワイ』の放送が終了し、このシリーズがどうなるのか、気になっていましたが、4月に15作目となる新作が放送されました。ただし、前述したように『土ワイ』枠がすでになくなっていたため、15作目は『ミステリースペシャル』(木曜日に不定期に放送される2時間ドラマ枠)での放送でした。
そして、最新となる16作目は『土ワイ』の後継として、新設された『日曜ワイド』での放送となります。つい3ヶ月前に15作目が放送されたばかりですが、早くも新作が放送されるので驚きましたね。
『おかしな刑事』の特徴と言えば、共に警察官である親娘(しかも娘の方が階級が上)で事件を捜査するというかなり奇妙奇天烈な展開です。コメディアンが本職の方がレギュラー出演しているせいか、笑える場面が多いのも特徴です。

『日曜ワイド』を観るのは、おそらくこれが初。日曜の朝から良質なミステリードラマを観ることができるのはいいことですねー。
次は『西村京太郎トラベルミステリー』の最新作を『日曜ワイド』で放送してほしいです。こちらの方が『おかしな刑事』よりはるかに歴史があるし、ある意味テレ朝の看板ドラマでもあるから。

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

だいがく祭・2017

今年も生根神社(大阪市西成区)で開催されただいがく祭。
メインである「だいがく」(櫓のこと)とお祭りの醍醐味である屋台を鑑賞してきました。

だいがく↓

003
屋台↓

001
屋台のほとんどが食べ物を扱っているので、あちこちからいい匂いがします。からあげやチョコレートの匂いが印象に残ってるかな?
本当はそれらを食べたいところですが、あれもこれも食べたいと思ってしまうので、自粛していますcoldsweats01

だいがく祭は、毎年7月24日と25日に開催されます。
今年は月曜日・火曜日と完全に平日の最中に開催されているわけですが、一年に一度のお祭りとあって、大勢の人で賑わっていました。
毎年書いてますが、生根神社周辺は閑静な住宅街です。唯一賑わうのがだいがく祭というわけですね。
初詣の時も多少は賑わうけど、だいがく祭ほどではないです。

明日も祭りは開催されてるので、屋台の雰囲気を存分に味わいたいです。

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日)

次回の『逃走中』は8月6日放送

フジテレビ系列で不定期で放送されているバラエティ特番『run for money 逃走中』。
今年はまだ放送されていませんが、次回の放送日が決まりました。8月6日です。
今回は同じフジテレビで放送されている超人気アニメ『ワンピース』とのコラボレーションであり、同アニメのキャラクター達が出場者たちに様々な仕掛けを施してくるとか。出場者たちがどれだけその仕掛けをクリアしていくかが見所となるでしょうね。

今回も初参戦となる出場者が多数います。国民栄誉賞のレスリング選手・吉田沙保里を筆頭に、橋本環奈、千鳥(二人とも)、原田龍二など。
注目はやはり吉田かなぁ。どれだけハンターたちから逃れられるでしょうか。

実際に出てみないとわかりませんが、出場者の緊張感は相当なものだと想像しています。ずっと逃げないといけないわけだから。
8月6日の放送で、またその緊張感を見ることができるわけですね。

放送が楽しみです。

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

HDマスター版再発売『男はつらいよ』

今年8月30日に発売されるDVD『男はつらいよ』。
このシリーズは国民的な人気を博した映画ですので、何度もDVDが発売されていますが、今回は2014年に発売されたHDマスター版の再発売です。
パッケージ、価格共に14年版とほぼ同じのようですが、まだ入手してない作品が沢山あります。この再発売を機にいくつか買い揃えたいなーと思いましたねhappy01

『男はつらいよ』は最低でも4回はDVD発売されているようです。
前述したように国民的な人気を博した映画なので、何回も再発売されるのは当然といえば当然です。ただ、このシリーズの原点であるテレビドラマ版は再発売の対象外です(DVD化自体はされている)。
なぜこちらは対象外なのかというと、テレビドラマであることから著作権や肖像権が映画版と異なるためでしょう。映画版は映画会社にしか権利がありませんが、テレビドラマ版はテレビ局や制作会社にも権利がありますからね。

映画版の知名度は非常に高い割に、テレビドラマ版の知名度はかなり低いです。存在すら知らない人が沢山いるはずです。ぜひこちらもDVDを再発売して、知名度を上げてほしいものですが…。
テレビドラマ版は、映画版とは一味違う寅さんの魅力を味わえるのが特徴です。いつか再発売されることを願って、この記事を書かせていただきました。

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

iOS10.3.3へのアップデート

二日前、ニュースサイトに載っていた「iOS10.3.3公開」の記事↓。

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1071432.html

iPhoneユーザーの自分に関係のある記事なので、即座にアクセスしました。
特に機能の追加はないものの、バグが47件修正されてるとのこと。Wi-Fi使用中に個人情報を盗まれるというバグも修正されているとか。
というわけで、つい数分前に10.3.3へのアップデートを終えました。

iOSはこの秋に、新バージョン「11」をリリースするそうですが、それもリリースされたら早めにアップデートした方がよいでしょうね。
全世界に悪者が沢山いて、いつ攻撃を仕掛けてくるかわからないから。いっそ、この悪者たちを一斉に排除できたらいいのになぁ。

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

スポーツドリンクの支給が有難い時季

連日、ニュースで「猛暑」と報道されるこの時季。
この言葉とほぼ同時に出るのが「水分補給をこまめに」です。
私の今の職場ではその一環として、スポーツドリンクが支給されています。支給されるスポーツドリンクはいくつか種類があるようですが、私の職場では「ポカリスエットイオンウォーター」(大塚製薬)と「H2O」(アサヒ飲料)の2種類が支給されています。
ここ3週間ほど、ほぼ毎日外に出て仕事をしているため、外からオフィスに帰ってきた時はこれらを飲むのが日課となっています。汗びっしょりの中、喉に心地よく落ちていくスポーツドリンクの味わいはたまらないですねhappy01

私は家でもスポーツドリンクを飲んでいますが、トップバリュ(イオンのプライベートブランド)かアクエリアス(コカ・コーラ)がほとんどです。よって、イオンウォーターやH2Oを家で飲むことはありません。特にイオンウォーターは、他のスポーツドリンクより価格が若干高めなので、尚更飲むことがないんですよねcoldsweats01
そのイオンウォーターが職場で支給されてるわけですから、必然的にそちらを優先的に飲んでいます。普段飲めないものが飲めるいい機会なのでsmile
ただ、今週から外に出る機会が減少になるので、スポーツドリンクを飲むことが少なくなりそうですsweat02

これも外に出ることがある職場だからこその配慮でしょう。ずっとオフィスに閉じこもってる職場なら、まず支給はないんじゃないかな?

この厚意は有難く受け取っておきますhappy01

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

地下室からの脱出

無料ネットゲームのサイト「MILD ESCAPE」にて、最新作が公開されました。
今回の新作のタイトルは「地下室からの脱出」。あらすじは以下の通りです。

今日は久しぶりのエスケープホテル。
部屋でゆっくり休もうとしたんだけど
なんだか地下室に迷い込んじゃった。
ドアもロックされてるし、さて脱出だな!

Chika
ここ最近のMILD ESCAPEの作品と比べると、難易度は低めでした。しかし、今回も攻略法に頼ってクリアしました。攻略法なしにクリアできれば、もっとよかったのにcoldsweats01
前作同様、数字に弱いことを露呈しました。どうしても数字の箇所が解けず、攻略法に頼りました。本当に数字に弱いなー。学生時代、数学が大の苦手だったから仕方ないかsweat01

MILD ESCAPEの新作公開は2ヶ月ぶり。相変わらず公開のスパンが一定していません。
「年内にもう2作ぐらい公開されれば御の字かな?」と思っています。

「地下室からの脱出」をプレイしたい方は、↓をご覧ください。
http://www.mildescape.com/game_1.html

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

新たなブラウザ「Vivaldi」

今日職場にあったコンピュータ雑誌を読んでいたところ、様々なブラウザを紹介しているページを見つけました。
そこにあった「Vivaldi」というブラウザが印象に残りました。「Vivaldi」は同じくブラウザの一つである「Opera」の元開発者が手がけているブラウザです。そのため、外観や機能がOperaと似通っている部分が多数あります。
かつてOperaを使っていた私ですが、大幅に改良されたバージョン15以降のOperaに馴染めず、使うのをやめてしまいました。

そんな中で知った「Vivaldi」の存在。「早速、家のパソコンにインストールしてみよう」と思いました。
そして、実際にインストールして使ってみたところ、往年のOperaを髣髴とさせる構成に惹かれましたね。

外観↓

Vivaldi
まだ使い慣れてませんが、これで使いやすさが今使用中の「Google Chrome」より上だったら、変えようと思っています。

これで家のパソコンにインストールされているブラウザは計5つとなりました。
Internet Explorer、Mozilla Firefox、Sleipnir、Google Chrome、そしてVivaldi。
色々と使い比べてみるのも面白いもんですねhappy01

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

大阪でも開催して欲しい「『石原裕次郎記念館』巡回」

今日7月17日は、1987年に亡くなった石原裕次郎さん(享年52歳)の命日です。
裕次郎さんが眠る総持寺(神奈川県横浜市)にて法要が行われ、石原プロモーションのスタッフ・所属俳優だけでなく、ファンも多数参列。総勢1000人の参列となったと報じられています。

石原裕次郎さん没後30年、記念館の全国巡回を計画
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1857208.html

上記記事の題名にあるように、石原裕次郎記念館の全国巡回の計画があるそうです。
石原裕次郎記念館は現在北海道小樽市に存在していますが、今年8月末をもって閉館します。つまり、その記念館にある展示品を全国の主要都市の会場にて公開するという計画です。
ぜひとも我が大阪でもやってほしいですね。記念館は故郷の北海道にありながら、一度も行ったことがないのでsweat01
大阪で開催するとしたら、高島屋・近鉄百貨店あたりかなぁ。とにかく、吉報が届くのを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

柳ジョージのソロアルバム12枚一挙復刻

2011年に亡くなった歌手・柳ジョージさん。
亡くなってから生前に発売し、廃盤となっていた作品が次々に復刻されております。今年9月13日には、1982年から93年までに発売したアルバム全12作が復刻されることがわかりました。
柳さんはかつてバンド「柳ジョージ&レイニー・ウッド」として活動していました。レイニー・ウッドは81年に解散します。翌82年より柳さんはソロとして活動を始めます。つまり今回復刻される12作は全てソロ転向後のアルバムとなります。

レイニー・ウッド時代のアルバムは過去に何度も復刻されていますが、ソロ転向後のアルバムはまず復刻の機会がありませんでした。よって、本格的にソロアルバムが復刻されるのは今回が初ということになります。
復刻にあたり、当時アルバムに収録されなかったシングル曲ならびにカップリング曲がボーナス・トラックとして収録されています。復刻だけでも嬉しいことですが、"おまけ"がついていることがまたファンを喜ばせるでしょうね。
また、一枚の価格が1500円(+税)であることも魅力的でしょう。安価で買えるわけですから。

復刻されるアルバムの詳細は↓をご覧ください。
http://wmg.jp/artist/yanagi-george/discography.html

今回の復刻に伴い、80年代および90年代前半までの柳さんの軌跡を容易に辿ることができるようになりました。
あとは90年代半ば以降のアルバムも復刻してほしいですね。そうなれば、完全復刻ということになりますからhappy01

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

一応効果はある作業着専用洗剤

2年前から働いている職場では、作業着が支給されています。
通常は着ておりませんですが、現場に行く時に着用します。ただ、この三週間ほど連日着用する機会があり、すっかり汚れてしまいましたsweat01
昨日の退社時にその作業着を持ち帰り、今朝方に洗濯をしました。その洗濯時に使ったのが↓です。


機械油が染み付いてますので、当然のことながら洗濯後も跡が残っています。しかし、明らかに洗濯前よりは汚れが取れています。製造元には失礼ですが、一応効果はあるんです。

前述したようにこの三週間ほど連日現場に行っていました。現場の機械油だけでなく、汗の汚れもかなり付着していたはずです。
通常、作業の洗濯は一ヶ月に一回ですが、この時季は二週間に一度ぐらいにした方がいいかも。明らかに他の時季より汚れますからねcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

放送中止となったバラエティ特番

少し前ですが、こんなニュースが報じられました。

日テレ収録リハーサルでスタッフ重傷 番組放送取りやめ
http://www.asahi.com/articles/ASK743JT2K74UCVL004.html

題名にもあるように、この事故で放送が取りやめられました。
その取りやめられた番組とは『うわっ!ダマされた大賞』です。2010年より不定期に放送されているバラエティ特番で、今回取りやめになっていなければ今年初の放送となっていました。
いつもこの番組には笑わせてもらってるので、放送中止と知った時はとても残念な思いでしたね。ただ、この番組では過去にもタレントに怪我を負わせたことがありました。つまりかなり過激なことをやっていたということになります。

もしかしたらこの件がきっかけで打ち切りとなる可能性もあります。もう観れないことも十分考えられるということですね。
ぜひとも、今回の事件を番組制作側に肝に銘じてほしいです。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

【CM】雑誌「クォリティ」

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

北海道内のみで発行されている月刊誌「クォリティ」のCMです。
「クォリティ」は道内の経済や政治を扱う雑誌です。主に掲載されているのはノンフィクションやエッセイですが、小説も連載されています。独自の文学賞も主催しています。
上記は「クォリティ」の創刊50周年を記念して制作されたCMです。道内在住時から存在は知ってましたが、正直そんなに歴史があるとは思いませんでしたねー。

上記CMを見て、「クォリティ」の公式サイトをのぞいたところ、なかなか興味深そうな記事が沢山載っていることに気付きました。
次回の帰省時に買って読んでみようかなーと思っています。

なお、北海道にはもう一つ道内のみで発行されている月刊誌があります。
それは「財界さっぽろ」で、「クォリティ」と同じく道内の政治や経済を扱っています。こちらも面白そうなので、あわせて読んでみようかな?

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

誰でも楽しめる古典落語「あくび指南」

唐突ですが、「古典落語=難しい」というイメージを持っている方は決して少なくはないと思います。
確かに難しい演目はあります。時間が長い、言葉遣いがわからないなどの理由から、古典落語を敬遠しているお笑いファンも多いでしょう。
しかし、中には誰でも楽しめる古典落語の演目も存在します。以下の動画で聴ける「あくび指南」です。

いかがでしょうか?
難しさは感じられなかったと思いますし、演者の6代目三遊亭円楽師匠の話術もあって
適度に笑えたのではないでしょうか。
この演目を初めて観たのはもう20年以上前。『笑点』(日本テレビ系)で立川志の輔師匠が演じられていました。これが結構面白かったんですよねhappy01

最近ふとそのことを思いだし、演目が知りたくて色々調べたところ、「あくび指南」であることがわかりました。
円楽師匠もいいけど、できればもう一度志の輔師匠が演じているところを観たいです。どなたか『笑点』出演時の映像をアップしてくれないかなー。

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

豪雨に続いて地震も発生…九州地方

今月初めから九州地方を豪雨が襲い、多大な被害が出ている中、今日正午前に今度は地震が発生し、世間を震撼させました。

鹿児島震度5強 廊下にひび、鹿児島の病院で被害
https://mainichi.jp/articles/20170712/k00/00m/040/054000c

今度の地震によって津波が発生しなかったこと、鹿児島県にある原発にも異常がなかったことがせめてもの救いでした。しかし、大きな地震だったため、やはり被害が出ています。
気象庁によると、今後一週間は震度5の地震が発生する可能性があるとのことで、まだまだ予断を許さない状況です。

このニュースを知ったのは、今の職場で正午から放送されるNHKのラジオニュースでした。いつもならオープニングの音楽が流れ、アナウンサーの挨拶から始まるのに、今日は正午になった時点でニュースが始まっていたので、緊急事態が起きたことが一目瞭然でした。アナウンサーが繰り返し述べる「鹿児島で地震発生」に驚きを隠せませんでしたね。

この地震の報道はしばらく続くでしょうから、明日のラジオニュースもほとんど地震のことばかりになりそうです。正直その手のニュースを聞くのは心が痛いです…。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

ザ・プラクティス

1997年から2004年まで8シーズン、アメリカで放送されたドラマ『ザ・プラクティス』。
舞台は弁護士事務所で、いわゆる法廷ドラマです。決して派手さはないものの、その分登場人物やストーリーに深みを持たせた作風で、多くの視聴者を虜にしました。結果、8シーズン制作・放送される人気ドラマとなりました。
日本ではシーズン2までDVD化されております。このたび、シーズン1のDVDを購入し、最初の2話を鑑賞しました。舞台となる法律事務所は経営が火の車状態、依頼人もクセのある人物ばかり、これだけでもドラマが成立してしまいますねcoldsweats01とはいえ、やはりメインは弁護士たち。様々な問題を抱えながらも、きっちり弁護士としての使命を果たす。
フィクションであるものの、現実にも起こりえそうなストーリー展開に惹き込まれましたね。

このドラマも、すでに所持している海外ドラマのDVD-BOXに第1話のみ特典映像として収録されていたのを観て興味を持ちました。
過去に弁護士が主人公のドラマはいくつか見てますが、連続ドラマは初めてだったように思います。かつて観ていた『ロー&オーダー』も法廷ドラマではありますが、あれは刑事ドラマとの二部構成であったため、純粋な法廷ドラマではやはり『ザ・プラクティス』が初めてです。

この夏は日本のドラマはあまり観なさそうなので、『ザ・プラクティス』の存在はうってつけでありました。
このまま一気に観てしまおうと思ってますhappy01

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

緊急放送『九州北部 記録的豪雨はなぜ』

今夜放送された『NHKスペシャル 九州北部 記録的豪雨はなぜ』。今月初めに大分県を襲った集中豪雨を特集したドキュメンタリーです。
当初今夜放送の特集は別の内容でしたが、豪雨の被害が甚大なものだったため、急遽差し替えとなったようです。
実際の映像が随所に挿入されましたが、とにかく衝撃的でした。氾濫した河川、倒壊した家屋、町中に散らばる流木、言葉で言い表せないほどの雨が降ったことがよく分かりました。
何よりまだ行方がわからなくなっている家族を待つ人々の悲しげな表情が印象的でした。また、孤立状態にある家族を心配する人々の姿も。

放送ではスタジオ進行のパートがあり、そこで最新情報が報告されました。まだまだ行方不明者がいる上に、二次災害の恐れもあるということです。
おまけに今後も雨が降り続ける可能性が高いとか。更に被害が拡大し、救助や復旧に支障をきたすことも十分に考えられます。

今回の豪雨、断片的にニュースで見ただけでしたので、まさかここまで大きな被害があったとは思いませんでした。
緊急放送がなければ知らないままだったでしょう。やはり、ニュースやドキュメンタリーは観ておかないといけないですね。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

『ゴルゴ13』小説版の最終巻

今月6日に発売されたばかりの『おろしや間諜伝説』(船戸与一著/小学館文庫)。
劇画『ゴルゴ13』の小説版であり、これが最終巻となります。第一巻の『落日の死影』、第二巻の『鬼畜の宴』、いずれも面白いハードボイルド小説であったため、最終巻も同様でしょう。
近日中に文庫本を購入し、読み進める予定です。

『ゴルゴ』が人気作であることから、各種メディアに展開されていますが、意外にも小説版は船戸が著した3作だけとなっています。そして、それらが全て文庫化されたことは有難いですね。
どうせなら他のハードボイルド作家も『ゴルゴ』の小説を手がけてほしいものです。北方謙三、大沢在昌、今野敏あたりが書いてくれたら、とても面白いものになると思うのですが。

そういえば、数年前に『ゴルゴ』がアメリカで実写映画化されるという話を聞きました。それ以降、情報が全く入ってこないので、頓挫してしまったのでしょうか。
作品の性質上、実写化はかなり難しいと思いますので、頓挫したとしても仕方ないかも?

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

渦中の人も出ている『居酒屋もへじ』最新作

2011年より年一回放送されている特別ドラマ『居酒屋もへじ』(TBS系)。第6弾となる最新回が今年8月28日に放送されることがわかりました。
特別ドラマであるためか、主演の水谷豊(米本平次役)を筆頭に、レギュラー・ゲスト共に豪華な顔触れとなっています。第6弾では、記念すべき第一弾に登場した松坂慶子演じる佐伯陽子が再登場するほか、平次の息子・明(高田翔)の実父・高木健也役として船越英一郎が初登場します。
船越と言えば、今や渦中の人です。そんな中に人情ドラマに登場するというのはいささか皮肉のような気もしますね…。

あらすじを見る限り、またも米本家とその周囲で騒動が起きるようですが、最後は円満解決するのでしょう。というか、そうでなければ人情ものではないしcoldsweats01
できることなら、船越の騒動も円満解決となってほしいものですが、一連の流れを見る限りそうなる可能性は非常に低そう…。

これまで『居酒屋もへじ』を単なる人情劇としか見てませんでしたが、今年は渦中の人が出ているとあって、違う視点で見てしまいそうですsweat01
とはいえ、楽しめることは間違いないですから、放送が待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

15年ぶりに経験(?)したラッシュアワー

今朝方、南海電鉄が大幅な遅延となりました。

詳細:
http://www.asahi.com/articles/ASK762C2GK76PTIL001.html

幸いに運転再開と通勤時間が重なったため、遅刻せず出勤できましたが、乗った電車が大混雑。まるで東京の山手線のラッシュアワーのような光景となっていました。
ちょうど15年前、東京で働いていた時に山手線で通勤していましたのでラッシュアワーを短期間ながら経験しています。その頃の悪夢が蘇りましたねcoldsweats01
ここ10年間はまず混雑しない電車で通勤しているだけに、今日のような混雑は本当地獄ですよsweat01

それにしても今年に入ってから、南海電鉄のトラブルが増加しているように思います。
2月にも同じように朝から電車が動かない事態となり、阪堺電鉄の振り替え輸送で通勤しました。また、5月にも同様のトラブルがありました。この時は夕方に発生したので、仕事に支障はなかったけど、帰宅が通常より二時間遅れました。いつもより遅い時間だった上に歩いた距離も長かったので、家に着いた時はくたくたになってましたね。

明日は快適な通勤をしたいです。何もトラブルが起きませんように…。

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

実は2つのシリーズが存在するアニメ『じゃりン子チエ』

先月から観始めたアニメ『じゃりン子チエ』。大阪の下町を舞台にドタバタ劇が繰り広げられる人情コメディです。独特の世界にすっかりはまってしまいました。

さて、『じゃりン子チエ』には実は2つのシリーズが存在するのです。
第一シリーズは1981年10月から1年半放送されたシリーズです(全65話)。これが一般的に知られているシリーズで、地元・関西で繰り返し再放送されてきたのもこのシリーズでした。
第二シリーズは91年10月から1年間放送されたシリーズです(全39話)。第一シリーズと差別化するために、正式なタイトルは『チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ』となっています。

この2つのシリーズの違いは、前述したタイトル以外にも複数あります。例えば声優。第一シリーズは物語の舞台である大阪の方言(つまり関西弁)を自然に話すことの出来る声優のみが出演していましたが、第二シリーズは関西弁を話せない声優も多く出演しています。そのため、言葉のイントネーションに違和感のあるキャストが存在しています。
他ではテレビ放送のネット局が大幅に異なっていること。第一シリーズはほぼ全国区で放送されましたが、第二シリーズは地元の関西を含む西日本の一部に放送されただけです。

このような経緯から、第二シリーズの存在は地元である関西でもあまり知られていません。一応DVD化されていますが、それを置いてるレンタルビデオ店は少ないようです。

そういうわけで第一シリーズのみ完全制覇となりそうです。できれば第二シリーズも制覇したいところですが…。
すでにDVDは廃盤となっているので、「置いてるレンタルビデオ店が近距離にないかなぁ」と思っております。見つけるのは至難の業でしょうねsweat02

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

健診結果・2017年度

先月に受けた健康診断の結果が今日届きました。
結果は昨年同様「異常なし」。正確に言えば、1項目だけ基準値を上回っていたものがありましたが、再検査をするほどのものではなかったです。というか、わずか0.1%だけ上回っていたに過ぎませんがcoldsweats01

毎回受診して結果が届くまでに、「何か異常があったらどうしよう」とビクビクしています。
それだけでなく、「異常があった場合、再検査はどこで受けようか?」、「再検査で病気が見つかったら、医療保険はどう請求しようか?」なども考えてしまうほどです。どれだけ臆病なんだかsweat01

結果はよかったけど、受診した病院のバリウム検査の技師が気に食わなかったです。
指示がわかりづらく、イライラしました。また技師の風貌が過去に因縁のあった人物に似ていたこともイライラに拍車をかけたといえます。まぁ、これは完全に個人的な恨みですがbleah

そういうわけで来年は別の病院に変えようと思います。
今の会社は受診機関を複数の病院から選べるので、次回はもう少し家に近いところにします。

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

買い物初体験:ヨドバシ・ドット・コム

家電量販店・ヨドバシカメラのネット通販サイトである「ヨドバシ・ドット・コム」。このたび、初めてこちらのサイトで買い物をしました。
買ったのは浄水器のカートリッジ。色々な通販サイトを比較した結果、ヨドバシ・ドット・コムが最も安価だったので、こちらで買うことにしました。
以下、買い物の流れです。

6/30
ヨドバシ・ドット・コムより、浄水器のカートリッジを注文。
支払い方法はコンビニ支払い。注文番号受け取り。

7/1
コンビニで代金支払い。

7/2
自宅に到着

代金支払いの翌日に届いたので、ちょっと驚きました。
他の通販サイトの場合、早くても代金支払いから2日後の到着でしたから。
通販サイトによっては特別な料金を支払うことにより、到着を早めることができますが、ヨドバシ・ドット・コムの場合は特別なことをしなくても到着が早かったのです。
「実に良心的だねー」と思いましたよhappy01

今後もお得に買い物をするために、通販サイトを有効活用します!

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

安心の結果となった兵庫県知事選

今日のニュースはほぼ都議選一色ですが、兵庫県知事選挙の結果も報じられています。
懸念していた勝谷誠彦の当選はなくなり、安心の結果となりました。

兵庫県知事選、井戸氏が5選確実 勝谷氏及ばず
http://www.sankei.com/west/news/170702/wst1707020064-n1.html

4月に勝谷が出馬を表明した時、「色々問題発言の多いコメンテーターが兵庫県知事になったら、えらいことになるぞ」と当ブログに書きました。そして、「もし当選したら、それは単に知名度が高いがための結果だろう」とも。
ま、当選するとは思ってませんでしたけどねsmile

今後は出馬前と同じく、文筆業やコメンテーターに専念するのでしょうか。それはそれでいいけど、間違っても現職の兵庫県知事や有識者への批判はやめてほしいです。ますます敵が増えるだけですから。

(2017/7/3追記)
やはり批判してましたね↓。

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201707/0010336925.shtml

もはや「負け犬の遠吠え」としか思えません。これで知事になっていたら、どれだけ問題発言をしていたことやら?

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

DVD鑑賞記 SUBWAY EXPRESS LIVE IN BUDOKAN/矢沢永吉

1999年6月に発売された矢沢永吉のライブビデオ『SUBWAY EXPRESS LIVE IN BUDOKAN』。98年12月10日に日本武道館で行われたライブを収録しています。
98年に発売したアルバム『サブウェイ特急』(70年代に発表した自身の楽曲をセルフカバーしたもの)をひっさげてのコンサートで、披露された楽曲も70年代、80年代の曲が中心となっています。
矢沢にとって聖地とも言える武道館では、毎回エネルギッシュでロックスピリッツあふれるステージで観客を魅了していますが、このライブにおいても同様でした。オープニングの「夜間飛行」からエンジン全開、ファンの「永ちゃんコール」がそれを後押しします。
バックバンドはアルバム『サブウェイ特急』にも参加したイギリス人ミュージシャンたち。彼らの熱演もライブの見所の一つですね。
見所はなんといっても矢沢の歌声とパフォーマンスでしょうが、熱いMCもその一つです。ステージにおける意気込みを熱く語る様は、ファンの心も熱くさせてくれるでしょう。

本作にはクロージングテーマを含む全23曲が収められています。そのほとんどが自分の好きな曲です。だからこそ、このライブビデオを買ったと言えます。
ただ、発売から購入まで17年も経ってますがcoldsweats01

本作も以前から当ブログに書いている「"進化版”DVDキャンペーン 2017」の商品の一つです。
このキャンペーンは昨日に終わりました。終了ギリギリに何とか購入できました。
結果的にキャンペーンの商品は4作購入できました。できることなら、またやってほしいですねー。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »