« 本日発売:『男はつらいよ』コミック版第3巻 | トップページ | ハイチュウアイスバーグレープ »

2017年9月23日 (土)

CD鑑賞記 GREATEST HITS 20/柳ジョージ&レイニー・ウッド

音楽のジャンルの一つであるR&B。1970年代半ばまでは、日本の音楽ファンの間において「R&B=洋楽」という図式がほぼ定まっておりました。
それを覆したのがロックバンド、柳ジョージ&レイニー・ウッドです。77年にデビューし、81年に解散するまでわずか5年の活動期間でしたが、日本の音楽界に遺した功績は非常に大きいものでした。日本語におけるR&Bを普及させたのは間違いなく彼らでしょう。
今回紹介する『GREATEST HITS 20』は彼らが最初に在籍したレコード会社、徳間音楽工業(現・徳間ジャパン)時代の音源から20曲を厳選した収録した2枚組ベストアルバムです。
もともと80年にLPレコードで発売されたベストアルバム『軌跡』をCD化したものです。CD化にあたり、ジャケット写真が一新されたほか、タイトルも改題されています。最初のCD化は85年で、10年後の95年に再発売されています。レイニー・ウッドのベストアルバムで再発売されたのは、知っている限りでは本作と『ベストセレクション』(90年発売)のみです。
最大のヒット曲である「雨に泣いてる」をはじめとする、「酔って候」、「微笑の法則」、「"祭ばやしがきこえる"のテーマ」、「同じ時代に」などのシングル曲は完て収録されています。他にも、「FENCEの向こうのアメリカ」、「プリズナー」、「クロス・アイド・ウーマン」、「本牧綺談」などの人気の高いアルバム曲も収録されており、徳間時代の名曲はほぼこのアルバムで聴けると言っていいでしょう。

あえていうならカバー曲も数曲収録してほしかったなー。
徳間時代の唯一のライブアルバムである『ROAD SHOW』には、多くのカバー曲が収録されているので、そちらから数曲入れてくれれば、もっと質の高いベストアルバムになっていたと思います。『ROAD SHOW』の音源が収録されているベストアルバムは確か1枚しかないはずなので、そもそも収録の対象外となっているのでしょうね。これが惜しいところです。

80年代半ば以降に発売されたベストアルバムの大半が廃盤となっているのに対し、本作は現在も入手可能となっています。
とはいえ、いつ廃盤になってもおかしくないので、興味のある方は即座にご購入下さい!

|

« 本日発売:『男はつらいよ』コミック版第3巻 | トップページ | ハイチュウアイスバーグレープ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日発売:『男はつらいよ』コミック版第3巻 | トップページ | ハイチュウアイスバーグレープ »