« 『男はつらいよ』漫画版がアンコール発売 | トップページ | 炭酸水 »

2017年9月 4日 (月)

ひっそりと解散していた漫才コンビ

1990年代半ばから2000年代半ばまで、主に関西を中心に活動していた高井俊彦と中川貴志の漫才コンビ、ランディーズ。
テレビや舞台に数多く出演し、第21回(2000年)ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞、第31回(2001年)NHK上方漫才コンテスト最優秀賞を受賞するなど活躍していましたが、2007年に二人揃って吉本新喜劇に入団。その後はコンビとしての活動は全くされてない状態でした。
最近になって、ふと「ランディーズは今どうなってるのか?」と思い、検索してみました。そして知ったのが「すでに解散していた」という衝撃的な事実でした。

確かに高井のツイッターに↓のように書かれてました。

Takai
高井は現在も新喜劇で活躍中です。一方の中川は昨年に新喜劇を退団しています。同時に芸人も廃業したようです。
もうランディーズの漫才は観れないのかと思うと、少し寂しい気がします。かつて、毎月のように劇場に足を運んでいた時はよくランディーズの漫才を観ていましたので、尚更そう思います。
幸いにいくつかの漫才がDVD化されております。いざとなったら、そちらを観ればいいですね。

しかし、まさかひっそりと解散していたとは思わなかったなぁ。特に不仲とかトラブルとかがあったわけでないし、本当に自然消滅みたいな形でしたね。
解散する漫才コンビは沢山おりますが、自然消滅の状態で解散するコンビはあまりいないと思います。とても珍しい事例ですね。

|

« 『男はつらいよ』漫画版がアンコール発売 | トップページ | 炭酸水 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『男はつらいよ』漫画版がアンコール発売 | トップページ | 炭酸水 »