« 液体洗剤に替えて1年経過 | トップページ | ひっそりと解散していた漫才コンビ »

2017年9月 3日 (日)

『男はつらいよ』漫画版がアンコール発売

Diur0miuiaapsaf
↑はコンビニコミック『男はつらいよ 生まれも育ちも葛飾柴又』編(作画:高井研一郎)です。
文字通り、映画『男はつらいよ』の漫画版であり、映画版第二作目『続・男はつらいよ』(1969年11月公開)が原作となっています。
ほぼ展開は原作を踏襲しています。もっとも原作を観たのは相当前なので、ほとんど覚えてませんでしたがcoldsweats01
漫画版も映画版同様に笑えるシーンもあれば、心がじーんとなる場面もある。主人公の寅さんと恩師との別れの場面は、思わず涙ぐんでしまいましたよsweat02
また、寅さんが実母と初めて対面する場面も印象的です。本来なら感動の瞬間となるはずが大喧嘩に発展するという衝撃的な展開になります。
しかし、ラストシーンでは、お互い悪口を言い合いながらも仲睦まじいところを見せていました。その模様を本作でのマドンナが夫と共に見守るところで、物語が完結します。

『男はつらいよ』の漫画版は1990年代に執筆されました。その後、2002年にコンビニコミックとして再刊行され、今年7月よりアンコール発売されています。
本作は漫画版の第2巻となります。第1巻はすでにアンコール発売から一ヶ月以上経っているため、もう入手できなさそうです。
その代わり、今後発売される巻は全部入手します。これを逃すと、もう読めなくなる可能性が高いですから。

なお、『男はつらいよ』には高井が描いた漫画版をベースとしたアニメ版も存在します。
アニメ版は1998年にテレビ放送されましたが、視聴率は制作側の予想よりも低いものに終わりました。そのためか、現時点で商品化されていません。
『男はつらいよ』ファンとしては、ぜひそちらも観てみたいものです。何らかの形で視聴可能にしてほしいですねー。

|

« 液体洗剤に替えて1年経過 | トップページ | ひっそりと解散していた漫才コンビ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 液体洗剤に替えて1年経過 | トップページ | ひっそりと解散していた漫才コンビ »