« Windows標準機能でDVDコピーはしない方がよい? | トップページ | 拉致問題を進展させた人物だからこその説得力 »

2017年9月 7日 (木)

商品化はなしだが、再放送はありだった『女たちの特捜最前線』

昨年7月から二ヶ月間放送された連続ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)。高島礼子が主演、高畑淳子と宮崎美子が準主演の刑事ドラマです。
もともと2015年12月に単発の2時間ドラマとして放送され、それが連続ドラマ化されたものです。放送局のテレ朝としても連続ドラマ化にあたってかなり力をいれていたのですが、放送開始直前に高島の夫・高知東生が逮捕されるというスキャンダルが発生しました。その影響で全8話放送するはずが6話に減ってしまいました。
そして、無事最終回を迎える直前に今度は高畑の息子・裕太が強姦致傷容疑で逮捕されました。このように、レギュラーの役者2名にスキャンダルが起こったため、別の意味で印象に残るドラマとなりました。

その『女たちの特捜最前線』が今年8月下旬に関西地区で再放送されていました。更には2時間ドラマ版も今月5日に再放送されています。
前述の事情から商品化は厳しいようですが、再放送はOKであることが伺えます。

連続ドラマ版は全て観た私ですが、2時間ドラマ版は観ていなかったため、録画しております。まだ観ておりませんが、連続ドラマ版をそれなりに楽しんだので、2時間ドラマ版も楽しく観ることができるでしょう。
もっとも高島と高畑の姿を見ると、複雑な思いになるはずです。今もスキャンダル発生時の2人の謝罪会見が目に焼きついているから…。

もはや続編の制作も困難でしょうから、このドラマに接するには数少ない再放送を期待するしかないでしょう。
うまくいっていれば、テレ朝の新たな人気シリーズになっていたかもしれないのに。本当に残念ですねぇ。

|

« Windows標準機能でDVDコピーはしない方がよい? | トップページ | 拉致問題を進展させた人物だからこその説得力 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows標準機能でDVDコピーはしない方がよい? | トップページ | 拉致問題を進展させた人物だからこその説得力 »