« 衝撃スクープSP 30年目の真実 | トップページ | 「NO MORE 映画泥棒」歴代動画 »

2017年10月 8日 (日)

映画『アウトレイジ 最終章』鑑賞会

今日は4ヶ月ぶりの「映画の日」でした。
観た映画は昨日より公開が始まった『アウトレイジ 最終章』。北野武監督の人気シリーズ第三弾かつ最終作です。
あらすじは以下の通りです。

関東の山王会と関西の花菱会の間で起きたし烈な権力闘争の後、大友(ビートたけし)は韓国に拠点を移す。彼は日本と韓国の裏社会で暗躍する実力者張会長(金田時男)の下にいたが、ある時、韓国に出張中の花菱会の花田(ピエール瀧)が騒ぎを起こし、張会長の部下を殺害してしまう。この事件を発端に、張会長と花菱会の関係は険悪になり……。
(Yahoo!映画より抜粋)

前作、前々作同様バイオレンスな暴力描写が満載でした。ストーリー性よりも暴力性を重視したのは間違いないでしょう。
本作においても残酷な殺戮シーンがありました。前作では椅子に縛り上げたヤクザにピッチングマシーンのボールを当て続けて殺害してましたが、本作では土に生き埋めにしたヤクザを頭から轢き殺していました。よくこんなシーンが思い浮かぶものだと別の意味で感心しましたね。
今回は前作以上に西田敏行が大活躍してました。福島出身なのに、全く違和感のない関西弁が妙に際立っていましたね。まぁ、彼の場合は関西で冠番組(『探偵ナイトスクープ』のこと)を持っているので、関西弁に抵抗がないのですがsmile
別の意味で印象的だったのは中田役の塩見三省。とにかく周囲に振り回される役で、気の毒に思うほどcoldsweats01それでも最後まで生き残ったのは凄かったなぁ。
そして、ラストシーン。いかにも最終作にふさわしい終わり方でしたね。どんな終わり方なのかは、ぜひスクリーンでご覧ください。

最近はこの手(ヤクザ、アクション系)の邦画が劇場公開されることが少なくなっております。そのため、劇場で観れたのは稀少な機会でした。
これも北野武が監督しているからでしょうね。他の監督には申し訳ありませんがsweat01

今回はややマニア、玄人向けの映画でしたので、次回は大衆受けのする映画を観る予定です!

|

« 衝撃スクープSP 30年目の真実 | トップページ | 「NO MORE 映画泥棒」歴代動画 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衝撃スクープSP 30年目の真実 | トップページ | 「NO MORE 映画泥棒」歴代動画 »