« 堺の桜 2018 | トップページ | 4/5放送:劇場未公開の映画『ネイビーシールズ: チーム6』 »

2018年3月29日 (木)

教え子をタダ働きさせる最低な教師

こんなニュースを発見しました。

無断で農業営む教諭を処分、畑で教え子3人無休労働

https://www.nikkansports.com/general/news/201803290000701.html

無断で農業を営んだ上に、教え子をタダ働きさせるとは、本当最低な教師ですねー。
更に言い訳が最低です。「農業実習に役立つと思った」。要は教育の一環だったと言いたいんでしょうね。
たまに自分の子供を兄弟や友人に面倒を見させて、「これはそっちが親になった時に役に立つ。いわば子育ての予行演習だ」などと言い放つバカ親がいますが、それと同じ思考ですね。
幸いに教え子たちに賃金が支払われたとのことですが、こういう事例は結構多いんじゃないかと思いますね。

そういえば昔在籍した会社で、よく「新人教育係になってくれ」と言われたものですが、新人教育をしている時間は多分勤務時間とならなかったのでは?と思います。「これは今後のキャリアに役立つから」などと言われてタダ働きさせられるオチになるはずです。

こうして考えてみると、賃金を払わない輩の思考ってほぼ同じだということに気づきました。めちゃくちゃ他人を馬鹿にしてるということになぜ気づかないのか…。
まぁ、そういう人間だから平気で馬鹿なことをやらかすということでしょう。

|

« 堺の桜 2018 | トップページ | 4/5放送:劇場未公開の映画『ネイビーシールズ: チーム6』 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堺の桜 2018 | トップページ | 4/5放送:劇場未公開の映画『ネイビーシールズ: チーム6』 »