« 拉致問題が前進なるか?米朝首脳会談 | トップページ | 【CM】ラビットグループ/漁師爆九爆九篇 »

2018年6月13日 (水)

『特捜9』終了

今年4月より放送されていた『特捜9』(テレビ朝日系)が本日最終回を迎えました。
最終回にて、特捜班の前身である警視庁捜査一課9係の解散理由および特捜班の長である宗方朔太郎(寺尾聡)の過去が明らかとなりました。全て法務大臣・高森徹也(中原丈雄)の陰謀だったのです。

再三再四、高森に振り回された特捜班ですが、最後は無事に事件を解決します。そして、またも解散危機に陥った特捜班ですが、高森の陰謀を暴いた実績が評価され、継続することになったところで物語は終わりました。

最終回とあってか、ラストにて本番組の前身である『警視庁捜査一課9係』の主人公・加納倫太郎(故・渡瀬恒彦さん)の名前が登場人物たちのセリフの中に登場しました。演じた渡瀬さんは故人となってますが、劇中では加納自身は存命という設定になっています。また、次のシーズンでも名前が登場するかもしれませんね。

ラストシーンを見る限り、このドラマもまだまだ続きそうな気配です。来年の同時期には次のシーズンが放送されていると思われます。
前身時代を含めて、すでに放送開始から13年が経過しているので、完全に長期シリーズとなりました。人気ドラマの地位を不動のものとしたと言っていいでしょう。

さぁ、来月からは『刑事7人』の新シーズンが始まります。当分の間は水曜夜9時にドラマを観る習慣が続きそうですhappy01

|

« 拉致問題が前進なるか?米朝首脳会談 | トップページ | 【CM】ラビットグループ/漁師爆九爆九篇 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拉致問題が前進なるか?米朝首脳会談 | トップページ | 【CM】ラビットグループ/漁師爆九爆九篇 »