« そうめんがまずかった理由 | トップページ | 容量増はいいけど、逆にデータ管理が複雑化しているような… »

2018年7月14日 (土)

映画『空飛ぶタイヤ』鑑賞会

本日はなんばパークスシネマでの映画鑑賞会でした。

観たのは一ヶ月前から公開されている『空飛ぶタイヤ』。長瀬智也主演の経済サスペンス映画です。
あらすじは以下の通りです。

トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。
(Yahoo!映画より抜粋)


映画や小説によくある「中小企業対大企業」の攻防を描くものですが、実在の事件をモチーフとしているからか、緻密なストーリーラインが組み立てられており、見所満載の映画となっていました。
とにかく豪華キャストであるところが特徴ですね。特にドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を意識してるのか、『相棒』の新旧レギュラーが4人も出演していました。とりわけ高幡真治刑事役の寺脇康文が狩野威役の岸部一徳を取り調べるシーンは、「まるで亀山(『相棒』での寺脇の役柄)が小野田(『相棒』での岸部の役柄)を取り調べているようだ」と思っちゃいましたね

おかげさまで大満足の鑑賞会となりました。↓予告編を観れば、大満足の理由が分かるかと思います。これだけでも面白さが伝わってきますから。



原作である『空飛ぶタイヤ』は2006年に単行本として刊行、09年にWOWOWでドラマ化されています。そして映画版が今年公開されたことになります。
ドラマ版も一度観てみたいですね。こちらはこちらで豪華なキャストになっているし、今年亡くなった大杉漣さんが出られているので、ぜひ観たいところです。

お付き合いいただいたひでき氏に感謝します!

|

« そうめんがまずかった理由 | トップページ | 容量増はいいけど、逆にデータ管理が複雑化しているような… »

邦画」カテゴリの記事

コメント

昨日は有難うございました。
予告編をちらっと見ただけでなんの前情報もありませんでしたが
すごく楽しめました。
相棒を意識したキャスティングが面白かったです。
また映画行きましょね

投稿: ひでき | 2018年7月16日 (月) 00時11分

>ひでさん
これはいい映画でしたね
次回もいい映画を観たいです。次回の候補は『ザ・プレデター』です。
よろしくお願いします。

投稿: てつ | 2018年7月16日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうめんがまずかった理由 | トップページ | 容量増はいいけど、逆にデータ管理が複雑化しているような… »